森羊のクーシャ

羊毛フェルトで野鳥の制作をメインに小物フェルトを作っています☆
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

若冲の雌鶏制作

こんばんは。
GWも後半に突入、天気も良く観光地は賑わいを見せているようですね。
私も今年は9連休。こんなに休みを頂けるのは何年ぶりかしら( *´艸`)
我が家の男どもは屋久島へ行ってしまいました。
でも私は出かけるわけでもなく久々に羊毛漬けの日々を送っていましたよ。

制作過程の記録。
201470504-1
尾羽の制作、こちらはリアル系の羽根づくり。

201470504-2
洗濯糊を浸けて形を整えて乾かした後、ハサミでカットして羽根の形にします。

201470504-3
残りの羽根は刺しで作ります。

201470504-4
4日間の成果✨
うんざりとするほど大量の羽根づくり(;´Д`)
短期でこれだけ羊毛に集中できたのも久しぶり。

201470504-5
いよいよ組立です!!

201470504-6
この作業はどんどん形になっていくので楽しいですね~。
平面だった若冲の鶏が立体になる、「ここの部分どうなっているのか」と試行錯誤しながら位置を決めていきます。

だいぶ出来上がってきたのですが、まだあと時間のかかる顔周りが残っています。
あとは完成したら公開しますね(^_-)-☆

連休も後半、ずっと引きこもっていてももったいないので明日・あさっては少し旅に出ます。

みなさんも楽しいGWをお過ごしくださいませ~。
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

若冲の鶏図の中に・・・

こんにちは。
いよいよゴールデンウィークが始まりましたね!
この休み中、出来る限り身の回りの片づけと制作を進めたいと思っています。

以前、下の若冲の絵画の雄鶏を制作しました。
20170429-1

こんな感じ。
若冲芙蓉双鶏図-1
今回は写真にあるペアの雌鶏のほうを制作しようと思っています。
どうなるかなぁ・・・。
また時間がかかると思いますが、制作過程、完成を少しずつアップ出来たらいいなと思います。

ところで若冲の絵画は見ていてつくづく面白いなぁと思うのです。
もちろん躍動感ある鶏、躍動感ある構図が素晴らしいのですが、どこかにふと面白い一コマが隠されていることが多いです。
先程の双鶏図ですが、鶏の他に鳥が描かれているのわかりますか?
20170429-1
そう、上に赤い鳥がいますね。

20170429-2
ほら、こちらにも。

20170429-3
こちらは難易度が高い!!

これはなんの野鳥だろう?って考えながら眺めるのも楽しいですね。
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

春ですね~🌷

畑からひょっこり顔を出したモグラ君。
「おはよう、春になったねー」
モグラ-0422-2

「なになに?頭にてんとう虫がついてるって?」
モグラ-0422-1

「何だか可愛いアクセントになってるからいいんじゃないケロ?」
「おや、カエル君も今起きたとこなの?」
モグラ-0422-3

「そうだよ、今年も宜しくね~」
モグラ-0422-4
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

モグラ☆

春の季節、冬眠中だった動物、虫たちが顔をひょっこり出す時期ですね。
オーダーでモグラを制作しました。
モグラ-1

でもひょっこり顔を出しているのはヨーロッパ産のツノの形をしたビールジョッキ?からです( *´艸`)
持ち込み「ここにモグラを作って欲しい」とのことでしたので。
なかなか洒落ていますね~。
モグラ-2
みっちり生えた毛並は植毛してみました。
頭にはてんとう虫🐞
子供の頃持っていたモグラのぬいぐるみにてんとう虫がついていたから。
アクセントになってカワイイですよね
今度外撮影したいなー!
モグラ-3

話は変わりますが、去年娘が中学校の授業で作った作品です。
20170419-8
トイレに飾ってるのですが・・・(*´Д`)!
なんと学校の教科書を制作している出版社から連絡があり、教科書への掲載されるかもなのです
たしかに簡単な材料で「自分も出来そう!」っていうお手本みたいな…←なんて失礼かな💦
でありながら結構バランスよく出来てますし…とりあえず褒めておきます(`・ω・´)b
まぁとにかく、「すごいじゃん!」と我が家で盛り上がった出来事でしたw
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

ノゴマ

桃の花に合わせてノゴマを完成☆
ノゴマ-20170409-2
北海道の夏鳥。
以前ニペソツ山に登った際 ハイマツや岩の上に姿を見せてくれました。
本州では春と夏の渡り鳥ですから、もしかしたらのもしかしたら、こんな光景も見られるやもしれませんねー!なんてちょっと早すぎ( *´艸`)

ノゴマ-20170409-1
渋めの色が好きな私ですが、それでは少し地味すぎな感じかなって思っていたのです。でもノゴマちゃんは好きな茶系に喉の赤が引き立つので存在感があります。

ノゴマ-20170409-3
いつも制作の詰めが甘く鳥の嘴周りの仕上がり雑だったのですが、今回は意識して丁寧に仕上げました。

ちょっと自己評価。
----------------------
ノゴマらしい形態…90点(実際ノゴマの生態をよーく観察していないので)
色合い…100点(茶色の色合いの変化がうまく出来たように思う)
大きさ…75点(若干大きく出来てしまった💦)
羽根の質感…95点
----------------------

今の実力としては納得のいく仕上がりかな(#^^#)
日々精進、すべてパーフェクトにしたいです☆


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルト(マスコット以外)へ