森羊のクーシャ

羊毛フェルトで野鳥の制作をメインに小物フェルトを作っています☆
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

猫制作開始

こんにちは。
猫ちゃん制作はじまりました。
飼い猫さんの制作依頼です。
先ずは目からです。
目はクリスタルアイに白目部分の色合いをマニキュアでつけました。
猫によって白目の色合いが違うので、猫の場合はこのほうが融通が利きます。
20170704-6
ハマナカのあみぐるみEYE (H220-107-12)

20170704-2
HINARIさんの猫の作り方を参考に制作しています。

20170704-4
ライオンのようにもっさもさ。。。

20170704-3
植毛の仕方や肉付け方法などほぼ自己流だったのでHINARIさんの本を見て目から鱗なところが多い( ゚Д゚)
ものすごく参考になります。

20170704-5
カット後、模様の入りの位置が気になるけどそれなりに猫らしくなりました( *´艸`)
いつも顔から作ることがないので、作る過程に違和感が・・・
体とうまく合体できるのかしら。。。

娘にこれを見せた時の反応は「なんかロシア見たい」と。
「ロシア」
さすが私の隣でよく見てるもんだなぁ・・・と感心してしまいました。
ロシア風な仕上がり。。。言わんとしてることがわかる気がします。
目力が強く印象的で、毛並みが柔らかで色の変化がグラデーションということだろう。
今回はテキストを参考に作っているのでそういう感じになってしまったのかな・・・自分らしさって何なのかを少し教えられました。
さて、後半はもう少し個性を前面に押しつつ仕上げていければと思います。
それではまた(^_-)-☆
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

カモシカ

ご無沙汰してました。
何も作っていなかったわけでもないのです。。。
いつもの時間を過ごしていたのですが、ブログを書くのを怠っていました。
写真はアップしていませんが、ガマガエルは2匹になりました。
それからはオーダーのカモシカを制作していました。
カモシカ20170629
作る過程とか2,3回ブログの更新もすればよかったのですが、完成のみで披露。
やはり自分は茶系の動物が好き。この色合いとか自分好みです。
これはオーダー品ですが、手元にも置いておきたい子たち。
またいつか作ろう!!
そう思いつつ、次のオーダーは猫🐈
自分が今まで苦手としてきたやつ💦
でも今回はhinariさんの『羊毛フェルト猫の作り方』がある!!
これを見ながら作ってみたかったんだぁ!!
自分なりのプライドとかないです、オリジナルはまず技術習得の次。

次こそはコツコツと更新しますね。
自分の為にも。
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

ヒキガエル・シュレーゲルアオガエル

こんにちは。
もう6月ですね。今年も半年が過ぎてしまいましたね。
今年になって羊毛の作品がいくつ出来たかなぁと考えると15くらい。
作りたいと思うものはあるけれどもペースは相変わらず上がりません。

そう、シャクナゲの花を作っているという記事を書いて以来・・・
あれからシャクナゲが気に入らず、没になりました(;´Д`)
シュレーゲル0604-1
本当はムクドリと合わせようとも思ったのですが、こうなると気合いもなくなるので・・・。

気持ち新たに違う作品に取り組んで気分転換。
シュレーゲル0604-7
一年ぶりかな、シュレーゲルアオガエル。

それから里山のカエルは全種作りたいという想いはあるものの、グロテスク過ぎて取り組むのに躊躇していた『ヒキガエル』にも挑戦🎶

ヒキガエル0604-3
結構なんでも来い‼の自分でも触れないヒキガエルなんですが(皮膚に毒もあるし…)、羊毛ヒキガエルなら平気( *´艸`)

ヒキガエル0604-4
作っているうちに気持ち悪いと思っていたヒキガエルのイボイボも嫌にならなくなってきた💦

ヒキガエル0604-6
よく見ると爬虫類系の容姿。ガメラとか近くないかな???少しね。

ヒキガエル0604-2
たるたるの皮膚感もなんだか共感できる。
もし本物に出会ったなら今度は素手で捕まえられる気がします(*´ω`)
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

若冲の中のムクドリ

今日は連投。
羊毛でシャクナゲを制作しながら、やはり若冲の鳥を制作してみたいと思ったので、色々と調べていました。

何羽かの野鳥から制作したいなと思った野鳥の候補を見ていると・・・。
おや、これはコムクドリ。
ムクドリを描かずコムクにするところ、いいですよね。
ほっぺが赤い所が可愛らしい。
コムクドリ若冲

そして見ていて次に気になった鳥は・・・
この鳥は???
ギンムクドリ若冲
もしかしてギンムクドリかしら?
普通のムクドリならばクチバシや足の色を黄色にしますよね。
赤っぽいのはギンムクと思うのですが、首から下が黒一色なのでなんだか違う鳥にも感じます。
ムクドリ科以外の鳥かしら。。。
ギンムクだとしたら珍しい鳥に目をつけていますよね。
若冲の時代にギンムクは普通にいたというより、おそらく図鑑などを参考にされているのでしょうね。
動植物のこともよく勉強されています。本当に素晴らしい✨
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

シャクナゲ🎶

新緑が綺麗ですね✨
今日もまた一日夏日の暑さのようですが朝はひんやりとした風、チペチペと庭木でシジュウカラが囀っていてとても心地が良いです。

さて、オーダーも落ち着いたので羊毛何をつくろうかと思っているのですが、若冲絡みで花にも挑戦し始めました。
シャクナゲ0521-1
シャクナゲです。
花は動物に比べて渋い題材なうえ、ふわふわな羊毛で一枚一枚花びらや葉を表現するのは手間もかかるし出来栄えを考えても敬遠したくなるもの。ふわふわな羊毛の良さを活かしつつ自分はシャープさも取り込みたい。野暮ったくしたくない。
色々と考えながら試行錯誤しています。
そこで葉っぱは鳥の羽根を作る要領で制作しました。
ここまで完成☆
納得いかない点もあるものの一つの作品としてどうまとめるべきかの課題へ突入(;´・ω・)
完成図が見えない…。まぁ色々実験。

私は他の羊毛作家さんの作品はインスタで見るようにしていますが、皆さんの作品のレベルが上がったのか、はたまたインスタ人口が格段に増えたために上手な方が目に付くようになったのか・・・おそらくどちらもでしょうけどとても最近の羊毛の作品のレベルが高いのが気になってたまりません!!
特に犬猫は本物と見分けのつかないレベルの作家さんが多数いて、リアル派な自分としては足を踏み入れるのが怖いというか、犬猫愛がそこまで強くない自分は絶対負けると思って手が出せないです(;^ω^)
とにかく作品がすごい!!

生き物制作、どれだけその生物が好きなのか伝わってくるし、見ていて心地よい。
自分はすっかり負け犬な気持ち( ;∀;)

消極的な気持ちになりつつも、でもこの方たちとは違った考え方のある自分があるんだとぼんやり。
それがわかるには自分の頭では時間がかかりそう。

とにかく自分の納得いくものを作ろう。
作れなくても。
そう思いつつ羊毛を最近取り組んでます。