森羊のクーシャ

羊毛フェルトで野鳥の制作をメインに小物フェルトを作っています☆
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

羊毛キツネの制作

早速キツネの制作に入りました。

北海道に住むキツネはキタキツネ、本州に住むキツネはホンドギツネだそうなので、正確にいえばホンドギツネを作ります。キタキツネのほうが、色の強弱やほわほわ感もあって作りやすそう。でも今回はあえてホンドギツネです!こちらのほうが野性感があるかな。全体の毛の色合いが柴犬に似てる~、いやうちの雑種のペロ君に似てます。初めて庭に倒れていたキツネを見たときには「なぜペロがこんなところで倒れてるの?!」って驚いたほどですから。
あとホンドギツネは手先の黒さがキタキツネにくらべてあまりないようです。

キツネはいづれ大きなサイズを作りたいと思っているのですが、今回は試作品としてミニサイズを作りました.

手順と一緒に紹介します。

キツネの写真を参考にしながら針金で骨格を作ります。体:足のバランスを大切に。
心配ならば、手足は長めにしておて後で切ってもいいです。
ホンドギツネ羊毛1

肉付けをしていきます。手足は細いので肉付けせずにそのまま。
ここではまだポーズを決めていません、
ホンドギツネ羊毛12

ここで作りたいポーズに針金を曲げていきます。
ホンドギツネ羊毛13

まだキツネに似ていませんが、ここまで出来てきたらだんだんと肉付きを意識して刺し固めていきます。
ホンドギツネ羊毛14

色付けをしたらだんだん雰囲気が出来上がってきました。
手足・しっぽは色付きの羊毛を薄く手にとり、針金にボンドを付けて巻きつけていきます。
その後はボンドを付けてない羊毛を同じく薄く巻き付けながら刺し固めていきます。
ホンドギツネ羊毛15

ピンボケですけど、こんな感じに。
ホンドギツネ羊毛16

出来あがり♪
ホンドギツネ羊毛
子ギツネを見守る母ギツネです。
次は子ギツネに挑戦したいと思っています。


ところで話は変わりますが、、、
先日から庭にちょくちょくシジュウカラがやってくるのですが、どうもシジュウカラは餌台の餌が目当てではなさそう。。。

でも緑色の何かを食べているのです。

で、ようやくそれがなんだかわかりました。

サコケさなぎ
おそらくコレです!↑これは上に穴が空いているので抜け殻ですが。
モミジの木に沢山付いているモノ。
これは『サコケ』の蛹です。
『サコケ』??
あ、これは甲州弁でした・・・※
『イラガ』の蛹。
刺されたらとても痛い、↓この幼虫の蛹!!!
サコケ

シジュウカラがサコケの駆除をしてくれているのでした(^O^)/
実際には採餌しているところを見たことはないのですが、検索してみるとシジュウカラがイラガの蛹を食べることはよくあることみたいなので、当たってると思います。

どんどん食べておくれ~。
ありがとうシジュウカラちゃん♥

※イラガの地方名は沢山あるようです。かなりインパクトある毛虫ですからね~!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://cuusha.blog.fc2.com/tb.php/74-544fb4bd