森羊のクーシャ

羊毛フェルトで野鳥の制作をメインに小物フェルトを作っています☆
Posted by cuusha   2 comments   0 trackback

我が家のモルモット

ちょっと悲しいお話を(´;ω;`)

クーシャの家にはモルモットのチョコちゃんがいたのですが、つい先日死んでしまいました。
あんなに小さな生き物だというのに、クーシャはペットロス状態で悲しくて沈んでます。

モルモットってどんな動物かというと、
人恋しくなったり、何か欲求があると「キュイーン」と鳴いて呼びます。
ご機嫌斜めだったり、ビックリすると「グルル」と言うので、気持ちがわかりやすい動物。

いつもクーシャが帰ると「キュイーン(おかえり)」の挨拶。
顔を見ると、鼻をあげて『撫でて撫でて〜』のポーズ。
水が足りないと水入れを加えて要求するし、生野菜が食べたいと時は生野菜の入っている器を鼻指すので、何が言いたいのかよくわかるのです。
自分のお家からは脱走したいと思わないひきこもり型平和主義。
もふもふ鼻を動かして、結構人間たちの観察もしているんだよ。
家族の顔もしっかり覚えてくれている。

そんなチョコでしたが、普通5年という寿命なのですが、10月に癌ということがわかり、3年半という短い命を終えてしまいました。しかも最後は涙を流していました。

死んでしまうと、ホントにくったりとして、ただのぬいぐるみのようになってしまって…


クーシャは以前にも書いたけど、羊毛をちくちくしていると突然その羊毛動物に魂が入ったかと思う瞬間があるのです。
その時は本当に息遣いが聞こえてくるようでわくわく感、興奮冷めやらぬ状態になり一気に仕上げたくなります。

改めて今回ペットの死を目の当たりにして、魂を入れることのできる羊毛は本当に素敵な手仕事と思うし、沢山の人に喜んでもらえる、癒してあげられる作品作りも目指したいなぁと思いました。

これからもまったりと心のこもった作品を作っていきたいです☆

Comment

ひさこるん says... ""
クーシャさん、悲しみは時が癒してくれます。大丈夫、大丈夫です。

羊毛で作品を作っていくと魂が入る瞬間。私もすごくわかります!
クーシャさんの様な素晴らしい作品はまだまだ作れませんが、心を込めてチクチクしていくとふっと、何かが降りて来てくれる瞬間があります。

素敵な瞬間ですよね。
これからも、魂の作品を作っていって下さいね。
クーシャさんの作品は本当に、素敵な作品です。
2014.02.07 00:22 | URL | #- [edit]
クーシャ says... "ありがとうごございます"
ひさこるんさん、こんにちは。
優しい癒しのお言葉ありがとうございます。
だいぶ悲しみも癒えてきました。最近は日常が忙しくて気が紛れたりもするし、悲しさよりも楽しかった思い出のほうが思い出されます(^-^)
きちんとキュウリとか人参とかしっかりお供えしていますよ。

ところでひさこるんさんも羊毛を作っていて魂て入る瞬間わかりますか!同じですね!
ものづくりは色々とあるけれど、羊毛フェルトをやっていて一番楽しいなって感じてしまうところは、ここなんだろうなぁって思います。

仕事もあって少しずつしか作品を生み出せないのですが、作品作りの時間は大切にしています。
いつかひさこるんさんの作品も是非見てみたいですヽ(*´∀`)ノ
2014.02.07 17:34 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://cuusha.blog.fc2.com/tb.php/65-30809fc0