森羊のクーシャ

羊毛フェルトで野鳥の制作をメインに小物フェルトを作っています☆
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

2代目ツグミ

11月に入ってから羊毛の作品を作る気力が急に失せてしまって・・・
時折あるんです。。。
シジュウカラやヤマガラも自分の思ったように刺せなかったこともあってこのまま上達しないのかなぁなんて思ったり。
だから初心に戻って、自分の作りたいものを自分が思っている方法で生み出すということ。
私が作りたいものは『ツグミ』
そうだ、それを作ろう!!
気持ちは乗り気ではなかったけれど、手を動かしていくうちに
少しずつ、少しずつ気持ちが集中できるようになってきて。
最終的にはスイッチが入り、ようやくいつも以上に命を吹き込むことができました。
それがこの子です↓
ツグミ20171111-1

周りの人がどんどん上達するので、自分自身置いてけぼりのような気持ちで、
以前はどうにか周りの人の技術を学ぼうとしていましたが、
自分が感じた通りにそして丁寧に作ることに心掛けました。
ツグミ20171111-5
いつもよりも生命感を感じる仕上がりに✨
ツグミ20171111-2
翼も丁寧に1枚1枚刺す
ツグミ20171111-4

お腹の羽毛の感じは初の技法で。
植毛と普通の刺しの中間。こちらも1枚1枚の羽根を作って刺す。
動物の毛のように皮膚に垂直に毛が出ていない鳥類の羽毛だから刺しで補いつつ、ぱさぱさと広がる1枚1枚の羽毛の開きは植毛ならではの美しさを残していく。
正面から見たらちょっとおかしな顔立ちも表現できてるように思います。
ツグミ20171111-6

初代ツグミを作って数年はこれ以上のものができないと思っていました。
でも実際並べてみると、確実に技術力があがってる‼
すごい自信がついた!
ツグミ20171111-3
作品展までにあとはキボシちゃんの成体を1つ作って完成としたいです。
気持ちも上向きになったし、
頑張ろう(#^^#)

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://cuusha.blog.fc2.com/tb.php/354-32c28908