FC2ブログ

森羊のクーシャ

羊毛フェルトで野鳥の制作をメインに小物フェルトを作っています☆
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

多色を混ぜる楽しさ

こんにちは。
今週はずっと雨や曇りの天気のようですね。
ぐっと冷え込んできましたが体調崩したりしてませんか?
私は寒くなって実が縮まって奥歯を噛みしめてしまうせいか、顎関節が再発しました(;´Д`)
またそのうち治るかなぁ~と願ってますw

さて、今カメを制作中。
今日はちょっと色使いについて話をします。
20171015-7
羊毛をやっていらっしゃる方たちの個性と言えば、色の使いがあると思います。
私はガンガンに色んな色を混ぜ込むタイプです('ω')ノ
例えば、上の亀の足の色ですが、『黒』ですよね。

20171015-5
でも大体いつも5色くらいは混ぜ込みます。

以前に娘がブドウを紫の色鉛筆で塗っていたので、
「紫だけで塗らないほうがいいよ」と言ったら、「紫じゃないとブドウじゃない!!」と言ってきました。
そんなことない!と私が紫の他に青・黒・黄色・オレンジ・ピンク←なんでもいいのです!
それで塗って見たらイキイキブドウが完成☆娘が少し驚いていましたが、色って色んな色が混ざり合っているのだから当たり前なんです。

ということで、羊毛を混ぜて刺せばこんな感じです。
20171015-6
野性味やザラザラしたとか荒々しいとか、そんな質感を出したければ多色を混ぜる。
ペット・可愛らしい・優しい・つるッとした、そんな感じを出したければ1色ないしグラデーションは2色を少しずつ混ぜ込んでいく。

PA152422.jpg
手足や尾は羊毛を混ぜ込んで表現、腹はつるっとしていたので比較的単色でいきました。

20171015-2
亀の甲羅は混色というより、油絵具のように上に上に色を刺しこんでいく。そうすることで平面が出来るので、硬さを強調出来るのです。

表現は色々ですので、自分の方法を見つけてくださいね!
自分もまだまだ発展途上ですが( ´∀` )
完成は次の投稿にて。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://cuusha.blog.fc2.com/tb.php/351-cf37af64