森羊のクーシャ

羊毛フェルトで野鳥の制作をメインに小物フェルトを作っています☆
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

ほぼほぼ完成!あとは眼・・・。

今年最強寒波到来~!!
はぁ、気持ちまで憂鬱になりますね。。。

でも私は今羊毛鶏が佳境に入り、少し寒さを忘れ集中しています。

羽根の細かいパーツ作りは気の遠くなる作業でしたが、それを刺す作業は楽しい。
しかもあっという間にここまでできました。
若冲鶏-1
え?もういきなりここまで完成したの?
というくらいこれまでの流れから言って、ハイスピードな仕上がりにビックリ(゚д゚)!ですよね。
尾羽根の付け根はシルクを使いました。羊毛とは光沢が全くちがうので作品の質感に変化が出ました。少しシワが気になりますが、まずまず今回はOKでしょう・・・←合格基準が低い自分(;^ω^)
そして、今回の土台ですが・・・
漆の器や母の手作り器、色々と試してみて、結果切り株になりました。
この切り株、先日主人と息子が山登りをしていた山道の途中に「ご自由にお持ちください」と置いてあったとかで母が使うかもと1つお土産に持って帰ってきてくれたのです。←その通りさすが我が息子、素晴らしい!!!!
バッチリ切り株の上にニワトリが立ちました。自立ではなく切り株に穴をあけて針金を刺しています。

あとは残り目なのですが、前回作った若冲の鶏(ブログはこちら) の目の方法で今回も作ってみたものの、黒目が平面でどうも気に入らない。
前回の作り方はクリアファイルの上にレジンを1滴垂らし、それを固めて裏に黒目を描くというもの。
ふと思いつき、この方法を試してみました。

2010113-1

半球を作れる容器にレジンを流し込み、その上に刺し目をそっと載せてUVライトで固めるという方法。

2010113-2
それで出来たのがこちら!
気泡が少し入っているものの納得のいく黒目!
手前の大きな目はオニキスを入れてみました。
描く方法だと黒目がどうしても円に描くのが難しいのに対して、こちらは完全なる球体の仕上がり。
横から見ても黒目が平面にならないのでうまくすれば追視してくれるかもしれません。
ものすごく簡単に作れたのでこれはオススメです。

次回は完成をアップしたいと思います。
やっとゴールが見えてきた~!
できないかもと思っていたのに、ここまで辿り着きました。
あと少し、ガンバリマス✨

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://cuusha.blog.fc2.com/tb.php/306-33a191e4