森羊のクーシャ

羊毛フェルトで野鳥の制作をメインに小物フェルトを作っています☆
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

進みません・・・(;´Д`)💦

こんにちは。
ブログ更新するほども まーーったく作業が進まず、ご無沙汰してましたm(__)m

仕事もお歳暮シーズンを乗り越えようやく落ち着いてきたのですが、気づけば世の中クリスマス。
近所のスーパーへ行くと クリスマス✨肉売り場はチキン一色!!!
思わず丸ごとチキンに見入ってしまい、「へぇ、こういう肉付きしてるんだぁ~」と参考にしている自分がいました(;^ω^)

今年の冬は鶏もかわいそうでしたね。
鳥インフルエンザでは大量に処分されるニュースが続きました。
なのに例年どおりクリスマスシーズンはリアルにもも肉や丸ごとチキンで売り場に並べられています。丸ごとチキンを見て少し残虐的な気持ちになりました😢
でも来年の干支は酉。ニワトリさんにとっても良い年になりますよう、願っています☆

さて、作品になるのはまだまだ遠い話で
作業報告。
尾羽根と背羽根を作り終えました。
20161226-2

その後脚に取り掛かったのですが・・・
そこがもう納得のいくものに仕上がらずにただただ時だけが流れていきました。
20161226-3
いつも通りにテープを巻いて色を付けるか、もしくは糸を巻いていくかを考えていたのですが、
脚の鳥肌感を出すのにも挑戦したくて羊毛での制作に挑戦。
これが難でした(;´Д`)
正直納得のいく仕上がりになっていないのですが、あきらめて次の工程に移っています。

脚づくりに気持ちが負けそうになった←妥協しちゃったから負けた感半端ないのですが・・・
気分を変えて太ももの羽根模様を刺しこんでいます。

制作しながら若冲はどんな鶏を見てそれを画にしたのだろうかと画像検索しまくりました。
今までに見つけた鶏画像で近いのは会津地鶏です。

20161226-4
ニワトリの羽根の色具合や羽根の質感は首・腹・背・尾を見ても全く違っていて面白いですね。
首あたりの毛の艶やかな流れは初めてシルクを使ってみたいなと思っているのですが、質感・ボリューム感とかいろんな観点からまた難を極めてあきらめざるを得ないかも。。。
それが今の自分の限界であることは否めないですね。
サクッと出来るようになれば良いのになぁ。

ということで、出来上がりは当分先です。
もちろん正月に間に合う感じでもなく(笑)

さて、今日もちょびっとでも進めばいいな。
でも大掃除もせねば~。
やることいっぱい

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://cuusha.blog.fc2.com/tb.php/304-0787aaee