森羊のクーシャ

羊毛フェルトで野鳥の制作をメインに小物フェルトを作っています☆
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

2016里山シンポジウムin南房総

ようやくチラシが完成いたしました☆
今年のちば里山シンポジウムのお知らせです。
ことしはな、なんと南房総市での開催!
千葉県民でさえ房総半島の最南端のこの地は気軽に行こう!という感じではない場所ですね。
でも南房総ならではの食材・風景・遊び・学びがいっぱいある所。
2016里山シンポジウム
先ずは食して頂きたい、ツチクジラ!!
↑イラストはイルカのようですが、ツチクジラ。このような顔立ちの子です♪
房総の海の幸はそれだけではありません。
魚はもちろんサザエ、伊勢海老といった高級魚介が有名です。
またこの周辺はアカウミガメが産卵するために陸へ上がる最北端の地でもあります。
その豊かな海は房総の森・里山の肥沃な土地から流れ出た養分で育ったワカメ等の海藻類、それにやってくる小魚・・・
そういった生態系の繋がりが千葉の海を豊かなものにしてきました。
房総の里山の保全活動の地、安馬谷の里山を歩いてみましたが、そこの植栽は本当に豊か。
手入れをした雑木林の山道を新しい形の里山の活かし方としてトレッキングしてもらうイベントを開催しています。毎年何百人もの人がこの南房総の里山の自然を歩きにやってきます。
また海の幸、山の幸に舌鼓を打ち、磯・浜辺、自然体験できる施設で一日をゆったり過ごすことができるのです。

里山シンポジウムの内容は下記の通り。
里山保全に興味のある方はぜひご来場いただければと思います。
2016里山シンポジウム裏面
(↑クリックすると大きな画面になります)

千葉市の谷津田になりますが、日曜日にこちらへ遊びに行ってきました。
今の季節、雑木林はウグイスの合唱、水辺はシュレーゲルの合唱、エネルギッシュな声に里山の豊かさを感じます。
20160407-4

20160407-2

生物の写真が何一つないのが残念ですが、
タモロコ、ギンブナ、キンブナ、メダカ、ホトケ・シマドジョウ、サワガニ、スナヤツメ・・・などなどがこの谷津田に生息しています。
そういった生物が生きることができる環境を見るだけでワクワクしてしまう!!
20160407-3
ちょっとしたことだけど冬の間も田んぼと水路の水の流れを絶やさない工夫。

20160407-5
そしてこちらは水路。

そしていました~!!
↓アカガエル!!!
20160407-6
って、すみません(笑)
こんなところまで連れてきちゃいました。
今の季節はアカガエルのオタマジャクシが泳いでいました。
なんせアカガエルの卵、谷津田一番乗りで産み落とされるものですから、他のカエルたちが恋し始めた頃にはすでに田んぼの中はアカガエルのオタマで賑わいを見せています。

これからも里山の生物たちを羊毛で作って作ってみたい、
そしてこの子たちをこの谷津田で野外展示したい!
そんな野望をいつか叶えたいと思っています。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://cuusha.blog.fc2.com/tb.php/270-2e410d59