森羊のクーシャ

羊毛フェルトで野鳥の制作をメインに小物フェルトを作っています☆
Posted by cuusha   2 comments   0 trackback

新しい素材への試みへ

こんにちは。
近頃は朝晩肌寒いですね。
もう秋らしい秋。
8月といえば猛暑猛暑だというのに、1か月違うだけでこんなにも違うのかと思うほど。。。

芸術の秋だなんて意識をしているわけではないけれど、作品展の準備が一区切りつき新たな取り組みをしたい気持ちがつのっています。

ただまだそれを形にする具体的な方法が見つからず、
また集中できるようなエネルギッシュな気持ちまでは行っていないので躊躇していましたが、ようやく始動することにしました。

自分の考えていることを少し書き留めて、エネルギーにつなげようかと。。。

まずは
①新しい素材への試み
20150927-1
畑では今年で2年目の『綿』の収穫がはじまりました。
綿は繊維が羊毛よりはるかに細かくて短い。
植物の為羊毛のようにニードルを刺せば繊維が絡まるという特徴はほとんどないものの、羊毛と混合したりすると質感も残るので手元にあるとたまに使いたくなる場面が出てきます。
自分で育てた『素材』であるという喜びがある・・・羊は育てられないけど、綿はお手頃です。

20150927-2
そしてもう一つ注目している素材が『リネン』です。

こちらは綿とはまた正反対の繊維の粗い素材です。
この素材も植物ですからニードルでの扱いは不向きと思われますが、そこを羊毛との混合でその素材感を活かしたいと考えています。
特に最近は野生動物の荒々しい毛の表現をしたいなと考えています。
本当は草木染でこの白色を染めて使いたいですね。
でも今回は様子見でこのまま使って野生動物を制作します。


そしてもう少し先の作品作りで考えていることは
②『木彫り』への挑戦です。
私は造形に関しては平面が苦手で立体を作ることが大好き。

アーティストたちは両方を得意としていて、自分も上達を目指すならばデッサンなどで腕を鍛えねばと思ったりもしたのですが、
自分はやはりアーティストではないし、今の仕事もあってのライフスタイルが一番好きだし、ものづくりはのんびりと楽しんで上達を目指したいと思うので、「やりたいことだけをやる!」というスタイルでいこう!って思いました(^^)/

ずっと興味もあって木工はいつかやりたいと思っていましたが、
最近彫刻家の「はしもとみお」さんのホームページを拝見して、「やっぱり挑戦したい」という気持ちで満たされました。
はしもとみおさんの本「はじめての木彫りどうぶつ手習い帖」を予約し、今からワクワクしています♡

自分自身羊毛だけに常にこだわっているわけではなく、生きている鳥・動物を表現すること。
だから木彫りも羊毛と同じくらいやってみたいと思うのです。
ただ羊毛よりはるかに表現が難しいと思うので技術を習得するまえにあきらめてしまうかも・・・(-_-;)
でもそれでもいい!!

まずは羊毛と木のコラボで作りたいと思っているものがあるので、それをチャレンジしてみたい。

とにかく今後の予定はその2つ。

さて、のんびりですが取り掛かかりますね。

いつもご訪問・応援ありがとうございます。

マイペースですので時折また覗いてください。よろしくお願いしますm(__)m

はしもとみおさんのHP→http://kirinsan.awk.jp/

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルト(マスコット以外)へ

Comment

moo says... ""
こんばんは~。

クーシャさんの向上心は上へ上へとどんどん向かっていきますね~。
私はいまだ地面すれすれをようやく浮いてるという感じです。笑

トナカイですがようやく出来上がりました。
色々アドバイスをいただいたのですが、体がすでに半分以上仕上がってしまっていて
重りを付ける事ができなく、頭を下げて体に重心がこないようにしてみました。

次回それを踏まえて頭が重い場合は脚や、胴に重りを付けてみますね~。
2015.10.02 23:45 | URL | #LEUra8kw [edit]
cuusha says... "Re: タイトルなし"
こんばんは。
ありがとうございます!低速歩行ですが、ゆっくり進行中です(笑)
トナカイ完成したのですね。先ほど拝見しましたがやはり樹脂粘土のほうがすごくツノらしさが出ていていいですね。
私も次回作るなら粘土で挑戦したいって思いましたよ!!
あれだけ立派なツノですから、骨格と作るときに一緒に固定しないと危険そうですね。ツノも骨格の一部として頭部・背骨・手足の骨格に組み込み、その段階で重心をしっかりとってからの羊毛肉付けという手順がよかったのではと自分も作ったことがないのですが、そう思いました。作ってみてわかることは私もたくさんあります。いつも結果が見えていて作っているわけではありません。よい作品を作ろうと思うと臆病になって楽しくなくなるので、あまり気にしない!次にこう作ってやろう!そういう気持ちに切り替えられればいいんだって思っています。mooさもそんな感じで楽しんでくださいね♬
2015.10.03 20:54 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://cuusha.blog.fc2.com/tb.php/243-d9eb280c