森羊のクーシャ

羊毛フェルトで野鳥の制作をメインに小物フェルトを作っています☆
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

富士山五合目の野鳥

久々に富士の野鳥たちに逢いたくなりました。
私の住む甲府盆地からは御坂山系が遮り富士山は見えないのですが、西の方角にそびえる南アルプスを見ると、くっきりとした稜線が浮き立つ。
『今日は山日和』
ということで朝一の仕事、畑の玉ねぎと大蒜の収穫が終えてから富士5合目の奥庭へ向かいました。
20150604-1
やはり快晴!!
山の空気は鮮明度が違うと感じます。

20150604-9
5合目まで上がってくると植物は高山帯、シラビソの香りに包まれています。
そしてジュリジュリジュリとメボソムシクイの囀りでお出迎え。

奥庭の水飲み場へ行くと早速ヒガラが水浴び中。
コガラとヒガラは頻繁にやってきます。
平日でしたが5,6人のカメラマンが陣取って撮影されていました。
20150604-7

ルリビタキも。
ルリビタキはこのあたりにはかなり生息しているようでちらほら姿を見かけました。
20150604-5

そしてウソ夫妻♡
一緒に仲良く水浴びです。
20150604-6

「キクイタダキが来ないかなぁ」
と誰かのつぶやき・・・私もそう思っていましたが会えず。
ホシガラスも見たかったのか、一人がボイスレコーダーを取り出しホシガラスの声を再生し始めたのには驚きました

------------------------
昨日、フクロウの黒ちゃん・白ちゃんを依頼者の方へお届けに行きました。
開けた瞬間に
「フクロウが帰ってきた~」と喜んでくださいました。
野鳥とはいえ、我が子のように毎年フクロウを見守っていらっしゃるのですね!!
こちらもとても嬉しくなりました。
そしてこの方は絹の紡ぎをやっているとのことで小物ケースを頂きました。
20150604-4
出来が素晴らしい!!これって職人技ですよね!
私の素人フクロウよりもはるかにこちらのほうが価値があると思うのですが、頂いてしまいました
以前羊毛の紡ぎは糸車で体験したことありますが、絹糸は知りませんでした。
でも山梨は昔から養蚕が盛んで、古い農家の家には絹糸を紡ぐ機械があるお宅が多いそうです。
今は趣味で中国産の絹眉を仕入れ、顔料を繭に入れてレンジで染色し、昔ながらの糸紡ぎの機械で糸を作り、織り機で布に仕上げるのとのこと。気が遠くなる作業です(;^ω^)

そしてフクロウの話題。
「4羽巣立ちましたよ。」と
4羽???野鳥の会の方とどっちの情報が正しいのかなぁと思いつつ、結論きっと4羽だろうと(笑)
「写真を撮りに来る方たちは『もういなくなりましたね。』と言って帰られるのだけど、まだ3,4日前まではいたんだよ。もう高いところへ行ったから見えないけどね、夜になると親鳥にエサをもらおうと子供たちがあちこちで鳴いているのが聞こえたからね」
と教えてくださいました。フクロウと共に暮らす地元の人しか知らないこと。

ふと私も自分のフィールドのような場所が欲しくなります。今の住んでいるところではなかなか自分に合うフィールドがない。。。
でもまぁ長い目で色んな場所に足を運んでみて・・・いつか見つけたいですね。

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://cuusha.blog.fc2.com/tb.php/214-c5c5d24c