森羊のクーシャ

羊毛フェルトで野鳥の制作をメインに小物フェルトを作っています☆
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

羊毛『カヤネズミ』 と 野鳥観察『フクロウ』

休耕田や河川に生息し、ススキやチガヤ、イネなどに10cmほどの球形の鳥のような巣を作るカヤネズミ。
体長は頭胴長5~7cmほど尻尾7cmの日本では一番小さなネズミで、草の茎にも器用に尻尾を絡ませ登ることが出来ます。

里山の生きものですし、写真を見てかわいいなぁと思っていてずっと作りたかったのです。
そして完成♪
カヤネズミ2

こんなポーズをとれるお茶目なネズミはカヤネズミくらいしかいないでしょう!
カヤネズミ1
竹馬をしているように見えてしまう(笑)
ヒゲを何で刺そうか悩んだのですが、糸では太すぎるし明らかに偽物っぽい。
動物の毛・・・私の髪の毛?!←ちょっと怖い(;^ω^)、色々考えましたが
手元にあったキジバトの尾羽を刺したらちょうどよいおヒゲになったので、それにしました。

実はこれを作る前にたまたま大好きな羊毛フェルト作家のYOSHiNOBUさんの作品集&作り方を購入しました。
動物達も素朴でありながら温かみのある作品の数々。
前半は作品集。それだけでも癒されるのに作りたいと思う動物がその作り方も丁寧に描かれているのでオススメの一冊です。
そしてページをめくっていた時に作品にカヤネズミを発見!!
こちらは作り方が書いてあったわけではないのですが
うわ~YOSHiNOBUさんもカヤネズミ作られていたんだぁ・・・と自分の背中を押された気持ちになり、一気に仕上げることができたのです。
出来上がってみればYOSHiNOBUさんと作風とはまた違って、私の子はリアル寄りです。
YOSHiNOBU
YOSHiNOBUさんのHP→ここをクリックExhibitionでは過去の作品を見ることが出来ます!

話は変わりますが、昨日フクロウのヒナが出たと連絡が入り、仕事が終わってから急いで見に行きました。
いるのはこの木。
「いかにも!!」と思わせる風格のある木ですよね。
フクロウ1
でも残念ながらヒナの姿は見当たらず。
おそらく巣に戻ってしまったのではないかと。。。

川の反対岸で親鳥がニセアカシアの木に停まってこちらを見ていました。

フクロウ2

警戒しているのかな。。。
地元の方が言うには、毎回話しかけると声を覚えてくれるから、そうしたら警戒しないよって。
フクロウ3
本当かどうかわからないけれど、少し私の顔を覚えておいて欲しいな。
また来るから今度はヒナを見せてね!!

フクロウが去った後にはアオバズクがやってきます。
巣のあるこの大きなケヤキの木はずっと昔からの鳥達の宿り木なんですね。
フクロウだけでない、1本の木にカラス、キジバト、スズメ・・・数十羽の鳥をいつも携えています。
鳥たちはこの木に吸い寄せられるかのようにやってきてはそれぞれの木の階層で賑やかに囀っています。

フクロウのヒナに逢えたならまたご報告します。
そして今年も白ツバメが出たら連絡をいただけることになりました。
こちらも今から楽しみにしています☆

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルト(マスコット以外)へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://cuusha.blog.fc2.com/tb.php/208-4c6ef0b1