森羊のクーシャ

羊毛フェルトで野鳥の制作をメインに小物フェルトを作っています☆
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

ディスプレイ棚

私の部屋は野山に暮らす羊毛動物たちが増えてきてその子たちの行き場がなく箱詰め状態になっている現状(;^ω^)
家でも展示にも使えるようなディスプレイ棚を作ることにしました。

まずはホームセンターで木材とアクリル板を調達しカット。
20150426-1

トンカチで叩いて・・・
釘をたたいているのではなく、古い感じを出すために木材を叩いてぼこぼこにしてみました(;^ω^)
角は彫刻刀で削ります。
20150426-2

組み立て
工具は結構まともに使える私。
DIY大好き女子♡
20150426-3

ペイントして乾燥
20150426-4

その後、
じゃじゃ~ん☆
「アンティークメディウム~」(←ドラえもん風に)
20150426-5

かすれた感じに塗ると木目や先ほどトンカチでぼこぼこと叩いた部分が出てきましたo(*'o'*)o
20150429-6

そして完成☆彡
シンプルな作りなので、あっという間に出来上がり☆

が・・・
すでに物置状態に(;'∀')
床がアクリル板になっているので1階にお住いの動物達も上から眺められます。
20150429-8
展示などにも活躍してくれるような予感

久々のDIYに自分がDIY女子だった頃の感覚が蘇ってしまいました・・・やばい(;^ω^)
決して上手くはないのだけど、物が完成するのって楽しい!!
犬小屋も古くなったデッキの再利用で作ったり、我が家の外壁や1,2階のデッキは私がペンキ塗り担当。
でも外壁だけは自慢☆
ペンキ屋が「どうやって塗ったらこんな風に仕上がったのか」と聞いてくるほどの出来なんです(笑)
コツを言いますと、下地です!(^^)!
デッキや外壁を塗りなおす場合は、しっかりたわしやブラシでこすって元のペンキをしっかり落とすこと、そして黒ずんだカビもしっかり落とすこと。力いっぱい掃除します!ペンキを塗る場合、ペンキがメインではなく汚れ落としがメインだと思っても過言ではありません。
そうすることで新しいペンキがしっかり染み込みます。
浸透性のあるペンキ、キシラデコールがオススメ♪
↓ペンキを塗って6年以上経ちますがまだ塗りたてのような綺麗さを保っています(^_-)-☆
20150526-9

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://cuusha.blog.fc2.com/tb.php/204-e7ba8a9e