森羊のクーシャ

羊毛フェルトで野鳥の制作をメインに小物フェルトを作っています☆
Posted by cuusha   4 comments   0 trackback

ニホンイタチ

今日は今年初の夏日。最近周囲の畑から聞きなれない囀りを聞くようになり、
どんな夏鳥がやってきたのかと姿を探し続けていたのですが、
どうもそれはツグミの囀りでした。
普段の地鳴きとは考えられないとても可愛い声♪
ツグミは冬鳥だからもうじきシベリアへ渡ると思うのだけど、囀りまで聞かせてくれていつまでいるつもりなのかしら。

さて、今回は哺乳類を制作しました。
里山に住む動物として私がよく見かけたのはニホンイタチ。
一度はこの子を作りたいと思っていました。
イタチ3

イタチはオスとメスでは大きさがかなり違います。
オスの体長は30cmほどで、メスの体長は20cmほど。
オスの実物大で制作しました。
最近アオゲラに乗るイタチの写真が話題になりましたが、あれはイタチの仲間のイイズナ。もともと小さい種類なので、オスかメスかはわかりません。でもイタチに飛び付かれびっくりしたアオゲラの表情には笑えました( *´艸`)見たことのない方は是非ご覧になってください!!
ネットで話題のキツツキに乗って空を飛ぶイタチの写真はコチラ

イタチ2

さぁ、外へレッツゴー!!

イタチ1

やはり自然の中へ放つと生き生きしてます!

イタチ4
今にも駆け回りそう!!

私の作った子たちは、自然の力を借りて輝きを増してくれました
室内で見るより4,5割増し生き生きした表情に見えます。
自然の生命力が私の作品にも命を吹き込んでくれているのです・・・
そのことがとても楽しくてワクワク感が半端ないです

自然って素晴らしい!って感じさせてくれます。

そして同じような感想を私の作品をご覧いただけた人にも感じてもらえたのならば、
それは私が一番意図するところなのです(#^^#)

20150423
その点で少し悩みもできました。
外に出さず、室内展示の場合、どのようしたら自然との共生の素晴らしさを伝え輝きある作品になるかということです。
もしかしたら、私の作風では難しいことかもしれないです。
背景と組み合わせた作品作りをするか・・・
室内用には別の表現法を考えるべきかもしれないとも思い始めました。
ゆっくり考えていこう。。。まずは楽しく作りながら。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルト(マスコット以外)へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ

Comment

kaori*** says... ""
いや~イタチさんにはびっくりしました。インスタでも書いたけど、大きさもあるのに動きも表現で来ていて生き生きしている、さすがです!!
この大きいイタチさんはキツツキには乗れないね(≧∇≦)

作品展はね、私の場合、結構次元の低いレベルで展示してたから・・ごちゃごちゃっとしちゃったり。
あんまり参考になることは言えないんだけど、素晴らしい作品は屋内でも存在感を発揮するから大丈夫だと思うよ。ただブースは一つにしたのかな?45cmだとイタチ君が大きいから机の平面だけでなく空間を利用できる用にしたらいいかもしれないね。

自然、生きることを表現できるクーシャさんの作品大好きです♡
2015.04.26 10:17 | URL | #QMizlC/s [edit]
cuusha says... "Re: タイトルなし"
こちらにもコメントありがとうございますe-266
作品展の展示、去年のKaoriさんのは全然低レベルじゃないですよ、良かったです!作品数は多くて見ごたえありましたし、売り物は木にぶら下がっていてかわいかったですe-291しかも上を見上げれば白鳥が飛んでいて!壁には作る過程や白鳥の見分け方、動画などバーチャルの案内、豆絵本・・・十分前もって考えていないできないような細かな心配りを感じさせられました。作品鑑賞だけでなく面白さが詰めこまれていて私にとっては理想の1ブースです!!
でも私は今回そこまで手が回らないと思うので、作品だけで行こうと思います。たぶん直前になったら慣れない値札付けやら荷造りやらでてんやわんやが予想出来るので早めにね。
2015.04.26 16:20 | URL | #- [edit]
dekochan says... "びっくり!"
ホントに今にも動き出しそうですね。
野原がよく似合う!
当県でニホンイタチは準絶滅危惧種になっています。
ほとんどがチョウセンイタチで、ここ蓮田にもたくさんいます。
鳥見をしていて、畦道に出てきたイタチと目が合って、双方がフリーズ…
なんていうこともあります。
そんな蓮田にある我が家では、夜中に天井裏にイタチが入り込んでガサゴソというのもしばしば…
可愛いけどこれだけは困ります。
cuushaさんのイタチなら悪さはしないでしょうけどネv-392
でも、本当に生きているみたいだから、他の作品が食べられたりしないかちょっと心配…
現に、次の記事の棚の中では何かを狙っているかのようです!

2015.04.27 21:11 | URL | #XVgCdbeE [edit]
cuusha says... "Re: びっくり!"
dekochanさんこんばんは☆
お宅はイタチが上がり込んでしまうのですか?!豊かな蓮田環境のそばに住まわれているからなんでしょう!ちょっとうらやましいですが、厄介ですね(;^ω^)
そちらではニホンイタチよりチョウセンイタチが多く生息しているとのこと、鳥だけでなく哺乳類もお詳しいですね!
私は今までチョウセンイタチとニホンイタチの区別がわからなかったのですが、育った千葉にはニホンイタチしか生息していないということがわかり、記憶と図鑑やネットの写真で制作しました。羊毛で作ることで色々とその生態を学ぶことが多いです。本当ならしっかり足を運んで目で見て感じるべき、自分のフィールドをしっかりと観察しているdekochanさんを尊敬してしまいます☆
そう私のイタチは何か狙っています!カエル?鳥?食べられちゃうよ~心配心配(;^ω^)1階と2階に住み分けをさせてなんとか防いでいます。イタチ君が歩いて上へ登らないことを願います!
2015.04.28 00:04 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://cuusha.blog.fc2.com/tb.php/203-95dcb155