森羊のクーシャ

羊毛フェルトで野鳥の制作をメインに小物フェルトを作っています☆
Posted by cuusha   6 comments   0 trackback

犬の鼻

手芸犬の鼻-2

【犬の鼻】の作り方です!!
実は自分でも思っていた以上にリアル鼻が出来て驚いています!
なんと鼻の皮膚感は偶然できました(^_-)-☆

方法は次の通り
手芸犬の鼻-4
①少し黒の絵の具を混ぜた粘土をチクチク台の上で丸めて
②穴を二つあけて
③爪楊枝のようにさきが尖っているもので左右切れ込みを入れる感じに深く線を入れて、
④中央に同じく尖っているもので今度は軽く押さえつけながら線を描きます
                                        以 上!!

手芸犬の鼻-3
ちなみに
粘土は日清アソシエイツの樹脂粘土『グレイス』
私のフェルティングマットは、スポンジでなくよく家電を買った時に入っている緩衝材を使っているのですが、
今回はそれよりも固いセリアに売っているスイミングに使う棒を輪切りにしたものを使用しました。
これだと固いので、しっかり模様がはいりました。
私が使用しているフェルティングマット→http://cuusha.blog.fc2.com/blog-entry-14.html
粘土には黒のアクリル絵の具を少量混ぜて使用していますが、大量に入れて黒くすると、粘土が扱いにくくなります。
少量でも乾くと粘土に透明感が出るので色が濃くなります。
またそれでも足りないのであれば、表面を絵の具で塗ります。
仕上げにツヤが欲しいときはパジコのスーパーエクステリアグロスパーニッシュを塗っています。
今回はテカテカしない仕上がりにしたかったので、マット系のバーニッシュを使いました。
ボーダーコリー制作中0330-1
鼻装着♡
鼻はいい感じ~
でも目はイマイチ((+_+))鳥の刺し目でいいかなぁと思ったのですが、見劣りします

ボーダーコリー制作中0330-2
結局スワロフスキーのグラスアイに変更。
やっぱりこちらのほうがキラキラしていて、犬が生きてます♡
手作りのグラスアイの作り方はこちら→http://cuusha.blog.fc2.com/blog-category-6.html
ぜひチャレンジしてみてください!!

追記・・・・・・・・・・・・・・・
鼻の作り方の動画です→http://cuusha.blog.fc2.com/blog-entry-237.html

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ

Comment

kaori*** says... ""
もうもうAmazing!!
鼻、鼻、鼻!!!これまたとても参考になります。
ワンコもいつか作りた~い♡
ナイスなアイデアですね(^^)/
なんか、凄く作ってみたくなります。
最近有難いことに少しずつだけど製作依頼が続いて嬉しい悲鳴を上げています。
クーシャさんのイラストを本気で取り組みながらササッとカエルいっぱい作ってリスちゃん作ってボーダーコリー作っちゃうキャパにはすっごく元気付けられてます。
私の今のパフォーマンスが低いのはメンタルだなっと実感。
いろいろやってみたいことがある中でどんどん注文が来ると心にゆとりがなくなってしまってもがいていました。
でもね、なんか大丈夫な気がしてきた。
こういう状況はありがたくて幸せだなぁと思えるから、できると思います*:..。♦♫♦*゚¨゚・*:..。
なんか励みになるなぁ、ありがとう♡
2015.03.31 02:01 | URL | #QMizlC/s [edit]
cuusha says... "Re: タイトルなし"
制作依頼で悲鳴?!すごいじゃないですか~羨ましい( *´艸`)♡
でもKaoriさんも多忙ですよね、きっと羊毛だけでなく日常も色々とお友達に頼りにされるくらい色んなことをこなされている気がします。それにKaoriさんからあふれんばかりの創作意欲はブログを読んでいてもわかるし、そしてこの間の作品展の時なんか、大物展示物から売り物の小物までの制作、あれこそ私なんか真似出来ないパワフルさ、集中力を持ってこなされてましたよね!その後もヒツジパレットに出品したりと。
私から見たら、ちょっと今は休息かな~くらいにしか見えません(笑)
私自身、メンタル面スイッチオンと引きこもりがすごくあるのがわかっているので、頑張れる時に頑張る、頑張れない時は別の事に集中する、そんな気持ちでいます。場合によってはなっかなかスイッチが回復しないこともあるし。今はスイッチオンなので、突っ走ってます(笑)そのうちハタと切れますので、気にしないでね~。
シンポジウムのチラシ作りですがほぼ完了状態でずっと放置状態(チェック待ち)でようやく明日入稿できるかも。チラシになれば公開できるので、またその時にブログに掲載しますね。
慌てず、今の状況一つ一つが自分の糧になると思うから。Kaoriさんも作品出来たらまたアップしてください♪楽しみにしてます!!!!!
2015.03.31 16:23 | URL | #- [edit]
犬のお鼻 says... "はじめまして"
犬の鼻が好きで樹脂粘土で作りたいと思い、色々と検索をしていたところcuusha様の作る犬の鼻が一番上手で「質感まで表現していて本物の犬の鼻そっくりだ!」と嬉しくなり参考にさせてもらっています。

セリアに行きスミイングに使う棒も買って真似してやってみたのですが、樹脂粘土に棒を押し付けて模様が入っても手で触った場所がその模様がとれてしまいます、、、。
色々試行錯誤をしているうちに粘土が硬化し始めて模様がはいらなくなり、一部がつるんとした残念なお鼻になってしまいました。どうやってまんべんなく綺麗に模様を出していらっしゃるのかコツがあれば教えていただきたいです。

2015.09.04 02:34 | URL | #38LLXekM [edit]
cuusha says... "Re: はじめまして"
はじめまして。コメント・ご質問ありがとうございます(#^^#)
参考にしていただき、大変嬉しいです♪

犬の鼻、そうですね、わかります(;´Д`)粘土が柔らかいうちに触っても模様がとれてしまうかと思えば、時間がかかれば硬化し始めて模様がはいらなくなってしまうこともあったりで、粘土は作業するのに適した時間が限られているからテキパキと作業を終わらすことが重要かと思いますよ。
私は1つの鼻にあまり時間をかけていないのです、むしろ10個くらいササッと作って、その中で1つ合うのがあればいいなと思っているので、微妙に形を変えて何個も作成します。余った鼻もまた次作る子にピッタリだったりするから案外重宝しますし。

今回質問を頂いたので、動画を制作しました。
参考にしていただければと思います。なるべく模様の入ったところは触らず裏面に手を添えて作業していますが、やはり側面に指がかかってしまいます。でも少しのタッチであればそんなに模様が消えてしまうことはないと思います。何個も作ってソフトタッチに慣れればきっとマスター出来ると思います。是非あきらめずにチャレンジしてみてくださいね(^^)/
2015.09.04 21:45 | URL | #- [edit]
pin says... "はじめまして"
はじめまして、
ワンコの鼻、市販のだと大きすぎたり、小さすぎたり....
どうしても気に入らず、ここを参考に作りました。
鼻をもぎ取って付け直しました。
目もここのチワワちゃんと同じように茶色(プラスチックですが)を
使って失敗と思っていたですが....なんか爬虫類の目みたいで....植毛の後
トリミングしてセットしてあったので取り換え断念しました。
初心者の上自己流なので、セットが崩れて再度コームで梳かしたら
ハゲちゃいます。
また寄らしていただきます。  

ありがとうございました。
2016.06.22 04:36 | URL | #MvgFp.ZI [edit]
cuusha says... "Re: はじめまして"
はじめまして☆彡
私のブログを参考にしてくださったとのこと大変嬉しいです(#^^#)
私も常に試行錯誤なので失敗も多く、
また紹介した作り方もそれが必ずしもベストだということではない・・・
pinさんも試して頂いたとのこと、その中で得た良い点悪い点を参考に自分らしく発展させていただけたなら幸いです!

そうそう チワワの茶色い目はホント黒いわんちゃんには合いませんでした( ノД`)
プラスチックアイの茶色の部分も色が明るすぎるんでしょうね。。。
茶系のチワワちゃんはそれでも合ったので、そのまま使用しました。
今考えているのは市販のグラスアイの白目の部分を裏からマニキュアで色付けする方法です。
それであれば自分の思う色合いに白目部分を調整できるので、よいかなと。

ブログ拝見しましたがとても素敵な作品を作られているではありませんか!
刺しも丁寧で毛の変化に応じた刺しもお上手です。
私は植毛をあまり得意としないので、あまり植毛のアドバイスは出来ないのですが、
上手な方は基礎は本当に固く、植毛は密でムラが全くありません。密にしっかり刺しこめば抜けないのだそうです。
撫でても毛が殆ど抜けなくカバンなどに付けられるほどしっかりした植毛をされる方もいます。
しかしプロの方でもそこまで抜けない刺しを追求する人は少ないです(観賞用)。

お互い制作を楽しみながら技術をアップして良いものづくりをしていきましょうね。
コメントありがとうございます。
また是非お話聞かせてくださいね。
2016.06.22 10:36 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://cuusha.blog.fc2.com/tb.php/195-b3d48f14