森羊のクーシャ

羊毛フェルトで野鳥の制作をメインに小物フェルトを作っています☆
Posted by cuusha   4 comments   0 trackback

フクロウのブローチ

里山シンポジウムのイラストのラフをあげた合間に羊毛ブローチ制作。

日本にはいない鳥ですが、色が綺麗だったのでエボシガラ、
左:フクロウ 右:コミミズク
20150312-2
でも今回は正直あまり上手く出来なかった・・・( ;∀;)
なぜ上手く出来る日と出来ない日があるのかな。。。
でもなんとなくわかるのは、今そんなに乗り気でないってこと。
気持ちが出てしまうのかもしれないですね。
今でなくとも出店やイベントとかに合わせて低価格で一般ウケするもの作りも出来ないとなぁと思います。

ところで先日息子が「羊毛を染めて家具に色づけをするんだ。」
と言いながらPCゲームの『マインクラフト』とやらをやっていました。
マインクラフトって何かというと・・・よくわからないのですが、
ブロックで出来た世界で、木を切ったりして家を作ったり、野菜や動物を育てたり、洞窟で鉱石を掘ってそれを原料に道具を作ったり・・・モンスターを倒したり・・・遊び方は人それぞれで何でも出来る箱庭の世界のようです(´・ω・`)
去年、マイクロソフトが買収したほど人気のあるPCソフトらしいのです。

「羊毛を染めるってどうするの?」
と聞くと、
「鉱石で染める場合もあるし、草花で染める場合もあるし。」
とのこと。
現実に忠実だわ~。
「それに羊そのものの色もあるからね、白い羊、黒い羊、グレーの羊、茶色の羊。」
そうなの?!それもまた現実に忠実じゃない!!
とビックリしてしまいました。



「見せて見せて、どうやって羊毛染めるの?」


と言って見せてもらった・・・


「染めた羊いるよ!」と・・・




↓コレ!!
20150312
羊丸ごと染めるんかい!!!!(笑)
普通刈り取った羊毛を染めるでしょ!!

青い羊、ピンクの羊・・・・
実際こんな羊がいたら笑える~(笑)
しかもブロックの世界だから、羊も四角くて変Σヽ(゚∀゚;)

母はリアルに羊毛を、息子は仮想で羊毛を楽しんでいる最近の話題でした☆彡


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ

Comment

says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.02.14 12:43 | | # [edit]
cuusha says... "ありがとうございます!!"
はじめまして☆彡
素敵な空間をお作りになるのですね♪
私の子たちがそんな場所で幸せに暮らせるならばとても幸せです。

実はずっと今まで近くのお店での委託販売はしていたもののネット販売は行って来ておりませんでした。
というのも羊毛は本業ではないし、出来るだけ手元から離れた子でもお手入れ等させていただきたいと考えているからです。

でも今回素敵なお話を頂きまして、制作期間にもゆとりがあるようですし、羊毛の性質等ご理解いただけてのご依頼でしたら是非お引き受けしたいなと考えております。
価格は目安として小鳥¥2000、小動物¥3000になります。(大きさによって変わってきます)

【羊毛の性質について】
・羊毛作品は人の手に沢山触れたりすると毛羽立ってきます。鳥の足等には針金を使用しておりますし、観賞用としてご使用ください。
・直射日光や風雨等にさらされていますと色合いがあせたり風合いが変わったりします。
初めての発送となりますのでこちらも慎重に作業を致しますが不手際があるかもしれません。ご理解いただきたくよろしくお願いいたします。

ご注文・ご質問等はこちらのメールにてよろしくお願いいたします。
cuusha@gmail.plala.or.jp
心よりお待ち申し上げておりますm(__)m


2015.02.14 13:48 | URL | #- [edit]
abi says... ""
この度は、早速の好返事をありとうございます!!
本業は、別にあるのですね。

小鳥たちを飾る場所は、
室内に2~2.5Mほどの流木や観葉植物の
高い場所の小枝をメインに考えています。

りすなども木を登って行ったり、
木の先の小枝を小走りしたり。。。

どんな種類のものを
どんな風に飾るか
考えただけでワクワク ドキドキしてきます。

2015.02.14 14:23 | URL | #- [edit]
cuusha says... "Re: タイトルなし"
ありがとうございます。
こちらもお話を聞いただけでもワクワクしてきます!!
自然に囲まれて生き生きと飛び跳ねていることでしょうね!

しばらくは本業の傍らのイラストの仕事もあり、悪戦苦闘中でそちらを優先にしております(;^ω^)
どんな種類をどんな風に飾るのかしばらくごゆっくりご検討いただき、またメールにてご連絡いただければと思います。
ぜひその時はぜひよろしくお願いいたしますm(__)m

クーシャ

2015.02.14 14:43 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://cuusha.blog.fc2.com/tb.php/179-a0b8d507