森羊のクーシャ

羊毛フェルトで野鳥の制作をメインに小物フェルトを作っています☆
Posted by cuusha   4 comments   0 trackback

猫の肉付け(=ΦエΦ=)

こんにちは。
クーシャのブログへご訪問ありがとうございます。

野鳥はひとまず休息で、注文の猫の制作に入っています。
この前制作した迷い猫ちゃんのお家で飼われているもう一匹の猫ちゃんです♡

只今羊猫の骨格(針金)に肉を付けています。
20140708
頂いた猫ちゃんの写真と 確か棚に猫の本があったなと、それを引っ張り出して猫研究中。
骨格・肉付、この段階が一番大切ですね!

そういえば・・・と
もう20年ほど前の友達に野鳥の精密画を描く人がいて、野鳥の絵を書くために基礎固めとして鳥の骨格標本を移したり、実際に解剖に携わって写生していたのですが、当時はそんなことまで・・・と思ったけれども、実に大切だね!と今更に思うクーシャ(^_^;)

彼は本当に当時からオーラがある人でした。絶対にすごい人になる、すごい人だなんて漠然だけど、道を切り開いていくバイタリティを持っているから、自分の好きな道を生き抜いて輝きを失わない人だと。
だから今は何してるのかな?と ふと気になったので
なんとなく名前で検索したら・・・
いました(((゜Д゜;)))!!

HP→野鳥画家神戸宇孝さんの「野鳥観察に行こう!」

久しぶりに彼の絵を見て、また嬉しくなりました!
やっぱり素敵な生き方をしていました(*´∀`*)ホッコリ

私もまたどこかでお会いしたいな。

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルト(マスコット以外)へ

Comment

hiroⅡ says... "骨格('∀';`)"
こんばんは♪

神戸宇孝さんのHP見ましたw 素敵な絵を描く方なんですね~(人*uдu,,)尊敬
こんなすごい方とお友達だったなんて・・・
クーシャさんもただものではないですねえ・・(✧≖‿ゝ≖)

絵を描くのも、骨格とかを理解しているからこそ、あんな絵が描けるんですね。
羊毛フェルトでも生き物をリアルに作ろうと思うと、必要ですね。
私は主人から『骨格が頭に入ってる?』と駄目だしをもらうことがしばしば・・
特に嘴を開けた野鳥を作る時。ただ口を開けるだけでは、『うがい?』になるし
『上の嘴の角度はかわらないよ・・』とか言われて、納得。
ただの普通のおじさんですが、身近に指摘してくれる人がいて、助かってます。
なんて、惚気?でした(。v_v。)

シャムネコさん?、ガンバッテΣ(艸ωФⅢ)ニャンっ!!!
2014.07.09 23:56 | URL | #E0P7TXCk [edit]
cuusha says... "Re: 骨格('∀';`)"
おはようございます(⊹^◡^)ノ

嘴の角度!!!
「なるほど〜」と感心させられました(((゜Д゜;)))
そう言ってくれる方がそばにいるだなんて・・・旦那様のほうが ただものじゃないですよ!

お恥ずかしながら羊毛を始めて鳥の骨格について考え始めたのは最近なんです(^_^;)
そうしたら昔の記憶が蘇ってきて神戸さんを思い出したんですけどね、
もう20年も前の、彼にとってはほんの一瞬の通行人程度です(*´ω`*)

まさか今になって自分が野鳥を刺しているだなんてねぇ・・・
せめて今からでも少しずつ学びたいって思います。
色々とアドバイスや意見交換、これからもよろしくお願いします☆彡アリガト♡
2014.07.10 06:51 | URL | #- [edit]
フェルト侍 says... ""
クーシャさんこんばんは!
ごうどさんのご友人でいらしたんですか!
バーダーでよくイラストを拝見します。
クーシャさんがいま野鳥刺しになっていると聞いたら、どんな反応をされるでしょうね…人の縁って不思議ですよね。

鳥の骨格といえば、「鳥の形態図鑑」という本はお薦めですよ。
赤勘兵衛氏のイラストがすごく精緻でわかりやすいです。
自分が今まで作ってきた鳥がいかにうそっこだったか、思い知らされました。

とはいえ、いまだに骨格の把握は難儀していますが。
自分目線だと甘くなりがちなんですよね…hiroⅡさんのご主人に出張鑑定して欲しい!
2014.07.10 22:23 | URL | #- [edit]
cuusha says... "Re: タイトルなし"
フェルト侍さん、こんばんは☆
神戸さんとは一時活動を一緒にさせて頂いた仲です。
イギリスへ留学してからは連絡が途絶えてしまい、それっきりでしたが・・・。
彼の野鳥保護の取り組みと、鳥を見るキラキラした目と、あの繊細な絵の裏に沢山の経験はただただ尊敬するばかり。。。友人というより彼のファンの一人ですよね、言い過ぎました(>_<)
個展とかまた行きたいです。

なんだか不思議。自分が今野鳥を作っているだなんて・・・。
20年前はそんなこと全く考えもしなかったこと。

赤勘兵衛氏の「鳥の形態図鑑」、実は持っています。鳥が細部まで描かれていて美術的にも見る価値がありますね。こういうイラストを見るのは大好き♥

フェルト侍さん、暴走中~いつもの鳥たちのアップまで幅広く楽しみにしています♪
2014.07.11 00:07 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://cuusha.blog.fc2.com/tb.php/123-051a5869