森羊のクーシャ

羊毛フェルトで野鳥の制作をメインに小物フェルトを作っています☆
Posted by cuusha   2 comments   0 trackback

猫ちゃん

20140701-1
こんにちは☆
ご訪問ありがとうございますm(_)m

鳥を刺すことの多いクーシャですが、ここのところ犬・猫と続いていました。
しかも今回は初めてのリアル猫への挑戦。。。
こんな場で弱音な発言もなんだなと思いますが、
正直目・鼻の位置と高低差のバランスの難しいと思いました。
飼い猫というのはただ「猫」を作ればいいのではなく、
人間の顔がそれぞれ違うように、猫顔の違いに気を付けないとならないと思いますから。
大事な飼い猫さんがモデルなんだから似ていなきゃ意味がない、一生懸命に作っても素人域だなと思いつつ、でも飼い主さんへ思いを込めて作ったものだし・・・
・・・と気持ちの整理がつかないままお渡し。

でもこの猫ちゃんを見て依頼主さんは「帰ってきた〜」って家族で喜んで頂けました!
そしてもう1匹の猫ちゃんが私の作った猫を見て鼻を摺り寄せてきたとのこと。
普通ならじゃれたり無視したりしそうなものを・・・「わかるんだね」って。

嬉しい(;>_<;)


その話を聞いて以前ママ友から久々に用事で電話があったときに
「ずっとお礼が言いたかった」
と言われたことを思い出しました。

もう5,6年前になるけれどもそのママ友の愛犬2匹をモデルに羊毛で作ってプレゼントしたのですが、数年前に1匹が死んでしまいその時に「作ってもらっていて良かった!」と思ったそうです。
私はすっかり忘れていたので、知らないうちに私の羊毛が人の心を癒していたんだなぁっこちらもハッピーになりました。

同じようなこと、野鳥のことでももう一つ。
私のリアル野鳥を見て
「私のおじいちゃんにこの野鳥を触らせたかったなぁ」
と行った知人がいます。
どうしてかというと目が見えないので、野鳥をどんなものか伝える手段がなかったそうなのです。
なるほど〜と思いましたね(´・ω・`)

命が宿る羊毛フェルトの作品作りはやはりやりがいがあります。
「羊毛フェルトをしてる」というと『手芸』と思われてますが、たぶん羊毛フェルトをしている方たちは手芸なんていう感覚はないですよね。少なくとも自分は。羊毛という絵の具を混ぜて立体を作り出す美術系が好きな人(カービングとかミニチュアとか作る人たちと同じ分類?ホビー的な要素を超えるとアートみたいな?

自分が成長しているのか疑問だけど、少しずつ私も腕を磨いているつもりなので
そのところを理解して頂きつつ、これからも宜しくお願いいたします☆
20140701-2
そして今、久々の野鳥の制作。
うまく表現できたらいいな!がんばろっ☆彡

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルト(マスコット以外)へ

Comment

kaori*** says... "もふもふカワイイね!"
植毛に凝ってるんですね~
素敵☆彡
ねこちゃんも植毛技ですね楽しみです。
私も冬までに猫ちゃんを作る予定なの、いろいろ教えてねっ♡
ところで私もまだ、キクイタダキちゃんにお目にかかったことが無いんです!
へんなところで共感して喜ぶ私。
2014.07.08 23:53 | URL | #3.7rhxuY [edit]
cuusha says... "Kaori***さん ありがとう☆彡"
植毛よりもしっかり刺すのが好きなんですけど、
たまたま猫・犬の制作が続いたので これを機に色々と植毛にチャレンジしてますよ。
教えるなんてとんでもないヽ(´Д`;)ノ
そちらの分野は得意な人がたくさんいますから!
いつも火曜日は仕事がお休みなんで、今日富士山に行こうと思っていたのだけど
考えてみれば7月10日は納豆の日(私、納豆屋で働いてます・・・)
その前日が休みなわけなかったね(;>_<;)
夏は予定多いけどキクちゃんに今年会えるよう頑張ります!
2014.07.09 00:49 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://cuusha.blog.fc2.com/tb.php/120-760d418c