FC2ブログ

森羊のクーシャ

羊毛フェルトで野鳥の制作をメインに小物フェルトを作っています☆
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

スズメ制作中

スズメの尾羽だけは、羽根らしく。
羽根の外側は茶色、中は黒なので、
茶色の羽を作って油性ペンで中を黒で塗ってみる。
簡単に羽根の模様ができた( ´∀` )
20171228-3

スズメの完成。
明日、外撮影しようね。
だから今日はワンコと待機中。
20171228-1
早く明日にならないかなー☆
Posted by cuusha   2 comments   0 trackback

犬の口を作る

すっかり脱力モードのクーシャです(#^^#)
でも、来年の干支だけは仕上げておきたいと犬を制作をしていました。

前から言っていますが、犬は正直私は作るの苦手なんです(;^ω^)
でも前回の展示会にいらした方々の中も「犬を作っています!」という方が沢山おられました。
羊毛で何を作る?と言ったら、まず犬猫のようですね。
作れるの、羨ましいですよ、ホント💕

犬を作るのが苦手といいながら、こんなことを書くのはなんですが、
『犬の口の中の作り方』を紹介したいとおもいます。
「作れるじゃん?しかも上から目線か!」と突っ込まれそうですが、そうではなくて(;´Д`)
作り方くらいは、わかります。でも全体がうまくできないんです。。。

と、とにかく 普段の作り方を書き留めておきます。良かったら参考に。
20171223-9
↑口がリアルなだけで、ぐっと印象がかわる

20171223-2
使うのは樹脂粘土。先ずは歯(粘土の着色なし)と、下顎の土台(ピンク系)でつくります。
下顎の土台は薄くていいです。早めに作って乾燥させます。
口の大きさに合わせてハサミで切って調整もできるので、気持ち大きめでも大丈夫!
ついでに犬の爪も作っておきます。
20171223-8
↑ワンコ?というかなんだかおかしなかんじですけど、粘土の下顎が乾燥したら羊毛の口より小さめにカットして整えます。

20171223-5
脇に赤黒い粘土をな位置して、
20171223-6
中にピンク系の粘土を配置。
同じ色で舌も作ります。
外側の赤黒い肉部分はすこし爪楊枝で押さえて肉質感をだします。
20171223-7
粘土が乾かないうちに、ボンドで先ほど作った歯を刺しこんでいきます。

上顎ですが、私は作りません。
だって見えないから(;´∀`)
こういうとこが、いけないと思うのですが・・・
作りたい方はぜひ作ってください‼

乾燥後、ニスをぬれば完成です☆

20171223-12
↑若干歯に着色、舌にはパウダーをふってます。

20171223-10
ラブラドールレトリバー。
目と鼻も自作です。
20171223-11
後ろはこんな感じ。

犬猫は、愛犬に愛情を注がれている方々にはかないません。
作品を見ればどれだけその子を愛しているかわかりますので。
自分がどんな子も作れるようなプロになるまではまだまだ。というか多分無理かな(^^;
人の顔の特徴が捉えられないように、犬猫の個性を読み取るのが苦手だし。
それに、作るときのワクワク感はやはり私にとっては野生の子たちと向き合うときなので。

さて、2018年度もテーマを考えつつ初心に戻っ、しばらく『鳥刺し』に徹しようと思います。
ぜひ皆さん、素敵な作品を作りましょうね!
そしてお会いする機会がありましたら、ぜひ作品を見せてくださいな(#^^#)
お待ちしてます☆
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

羊魂展、無事終了しました‼

おかげ様で12/10に羊魂展を無事終了することがでいました‼
わざわざ足を運んでくださった方々本当にありがとうございました。

それぞれの個性的な作家さんとの交流はもちろんのこと、来てくださった方々の声や表情がどんなにも新鮮で自分の勉強になったことか!!
私の想像していた10倍くらいの反響を頂いた感じです。

誰も見ていないのでは?と思っていたブログも「ブログを見てます」とか「作り方参考にさせてもらっています」という話をいただいたり。
SNS(Instagram)を見てご来場いただいた方々も多々いらっしゃったよう。

羊魂展-2
↑アサイチはゆっくりご覧になれました



羊魂展-3
自分のスペースはこんな感じ。
ムササビの止まり木は庭木を切ったものだったりと、自然豊かな山梨ならでは(笑)


今回の展示で色んな事を学びましたし、自信もつきました。
自分には個性がないものと思っていました。というのも私は実際にいる生きものたちをただただリアルに再現しているからです。
でも来ていただいたお客様や作家さんたちのお話を伺うと、そうではなくもうすでに個性的であり、このまま今の気持ちのまま制作にあたれば、それは自分自身の世界が作らるということなのです。
ビックリしました‼
リアル過ぎて気持ち悪い作品ばかりを並べていると思われるだろうと、覚悟して今回の展示に挑んだのですが、反対のお言葉をいただきました。
がまちゃんを見て皆さん、「カワイイ」と!!

確かに自分は質感にこだわり、刺し方を色々と工夫しています。羊毛の混ぜ方も絵の具を使うような感覚で多色を混色しています。素材の使い方に個性があり、また人それぞれ実物を見てもそれをどう感じるか、フィルターがある。だからそのままリアルに作っていたとしても、もうすでに個性なのだと←アーティストな羊毛作家さんから頂いた言葉。
自分はそんな嬉しいお言葉に浮かれつつも、今まで作品を作り続けてきてよかったなぁとホッとした気持ちになりました。

羊魂展-1
↑すごく人気者だったがまちゃんたち。

今回の経験を次の制作に活かして頑張りますね!


作品をお迎えくださった方々、ぜひこの子達をかわいがってください。
ありがとうございましたm(__)m

Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

いよいよ火曜日から『羊魂展』!!

羊魂展
いよいよ火曜日から浅草アミューズミュージアムにて『羊魂展』が始まります!!
人気作家さんばかり大集結ということで、周りの作家さんたちの作品は初日で完売してしまうのではと思います。
私はこういう展示販売は初めて。
私の活動を応援してくださる方の存在は本当に励みになります!!
売れ残り覚悟、というか私の場合は売るというより見て頂くこと、作品展に参加し勉強させていただく、今後の身の振りを考えたいなと思っていますので、ぜひ私を見かけたら沢山話しかけてくださいね(^_-)-☆

====羊魂展にご来場いただく方へ====
私の羊毛作品の殆どは当日清算の後、展示終了後の発送となります。
会期終了後1週間以内を目安に発送を心掛けますが、遅れる場合もございます。
ご了承ください。
なお、シュレーゲルアオガエル、モリアオガエル、アマガエルは即売となります。
落ち葉の中に隠れていることもあります。是非探し当てて捕獲していただければと思います( ´∀` )
===================


なお、まだオーダー(野生動物)も受け付けております。(制作は来年になります)
価格はリスsize 10,000円になります
cuusha@gmail.plala.or.jp へメール 
またはInstagram:cuusha へダイレクトメールへお気軽にご相談ください。
宜しくお願いいたします。
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

モリアオガエル

久しぶりにカエルを制作です🐸
モリアオガエル20171202-1

モリアオガエル20171202-2
仕事をして家事をして、それから羊毛。
今の季節夜が長いので、作業時間も結構確保できるほう。
それでもだいたい完成までに3日かかります。

こちらも羊魂展に持っていきます。
きっと落ち葉の中にこっそり隠れてますよ。
見つけてくださいね!!
*************************
ようもうフェルト魂!展
12/5(火)~10(日)
アミューズミュージアムにて
東京都台東区浅草2-34-3
**************************