森羊のクーシャ

羊毛フェルトで野鳥の制作をメインに小物フェルトを作っています☆
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

またまた作るのは・・・

猫を作り終えやはり手元にカモシカを置いておきたくてまたまた制作しています。
20170719-2

植毛も少しずつ進んでいます。
20170719-3

この前、息子のオープンキャンパスに付き合って行った際、カモシカが表紙になっている冊子を頂きました。
ここ(都留文科大)で発行されている冊子らしく、この地域に生息しているのだとか。つまり山梨にも生息して数を年々増加させているとのこと。鹿やタヌキ、キツネはしょっちゅう会うけどカモシカは会ったことがないのですが💦

20170719-1

いい冊子を頂いたのでこれを参考に制作励みますね(^_-)-☆
完成をお楽しみに☆
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

オーダーキジトラ猫完成☆

オーダーのキジトラ猫完成しました‼
リアル猫は過去に一度制作したことがあります。その時もキジトラでした。
なにかの縁でしょうか。
まだまだ自分の思う通りの模様が入らず苦戦しました。
キジトラ猫20170709-3

でも前回よりも数段進歩しました。
自分では手仕事が日々向上しているようには感じてはいないのですが、こうしてみると猫の特徴を少しずつですがわかってきた気が地ます。

キジトラ猫20170709-1
みんな同じ顔に見えますが、この子は耳の下に白毛があるとのこと。
飼い主さんにしか気づかないような情報などを元に、顔も修正しました。

キジトラ猫20170709-4
我が家の前で。
シーサーのように( *´艸`)

キジトラ猫20170709-2
全体はだいぶ猫らしくまとまりましたが、顔の表情などはまだまだ勉強が足りない感じ。
植毛の毛の質感も思うように扱えてません。
そこのところはまた数年かけて腕を磨きます。

より一層思いが形に出来るよう・・・
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

猫制作も後半戦♬

梅雨明け間近?と思う陽気。
日差しは暑いし、夕方には夕立のような雨☂
山梨は桃が美味しいシーズン到来です。

さて、夏場であっても手仕事の羊毛は関係ありませんよ。
いよいよ猫づくりは後半に入りました。
猫づくりはそういえば何年ぶりかしら・・・得意としていないのでよい勉強になります。←前向き思考
20170708-3
まず下地を描いてから植毛していくことに。
背中には一直線の黒毛が入っているとのこと。
パソコンにはいろんなキジトラ猫を参考に出して依頼猫を制作しています。

20170708-55
胸や首元、しっぽ以外の植毛が終わったところ。
口元をはじめ顔はもう一度手直ししたいなぁ。

とにかく今日は出来るところまで植毛をして、明日仕上げにかかれればいいなと思っています。
出来る限りご依頼の猫さんの顔に近づけたいです。
今夜はもう少し頑張ろう!!

ちょっとティータイム☕

20170708-1
リトープスという多肉植物です🌵
色んな色や模様があるので、名前を付けてみました。
変わった趣味だと子供たちは相手にしてくれません( ;∀;)
まぁいいのです・・・独りで楽しんで。。。
癒されているのですから♬
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

猫制作開始

こんにちは。
猫ちゃん制作はじまりました。
飼い猫さんの制作依頼です。
先ずは目からです。
目はクリスタルアイに白目部分の色合いをマニキュアでつけました。
猫によって白目の色合いが違うので、猫の場合はこのほうが融通が利きます。
20170704-6
ハマナカのあみぐるみEYE (H220-107-12)

20170704-2
HINARIさんの猫の作り方を参考に制作しています。

20170704-4
ライオンのようにもっさもさ。。。

20170704-3
植毛の仕方や肉付け方法などほぼ自己流だったのでHINARIさんの本を見て目から鱗なところが多い( ゚Д゚)
ものすごく参考になります。

20170704-5
カット後、模様の入りの位置が気になるけどそれなりに猫らしくなりました( *´艸`)
いつも顔から作ることがないので、作る過程に違和感が・・・
体とうまく合体できるのかしら。。。

娘にこれを見せた時の反応は「なんかロシア見たい」と。
「ロシア」
さすが私の隣でよく見てるもんだなぁ・・・と感心してしまいました。
ロシア風な仕上がり。。。言わんとしてることがわかる気がします。
目力が強く印象的で、毛並みが柔らかで色の変化がグラデーションということだろう。
今回はテキストを参考に作っているのでそういう感じになってしまったのかな・・・自分らしさって何なのかを少し教えられました。
さて、後半はもう少し個性を前面に押しつつ仕上げていければと思います。
それではまた(^_-)-☆