FC2ブログ

森羊のクーシャ

羊毛フェルトで野鳥の制作をメインに小物フェルトを作っています☆
Posted by cuusha   2 comments   0 trackback

タマシギの制作・先ずはクチバシが課題

こんにちは。
連日暑い日が続いております。
ここ山梨でも昨日も39℃超え(;´Д`)
暑い暑い夏ですが、息子の通う山梨学院高校も今年は甲子園出場ということで大変熱い夏を迎えています。

さて、本当に久しぶりになってしまったなぁと、
最近ずっと哺乳類ばかりの制作でしたので野鳥に取り組みたくなりました。
作りたい鳥はいくつもいるのですが、今回は様々な方の刺激を受け『タマシギ』に挑戦したくなりました。

シギ類は種類を判別するのが難しい鳥。
みんな同じように見えてもダイシャクシギだとかホウロクシギだとかだとか。
微妙なくちばしの長さやそり具合、翼を広げた時にわずかに見える白帯など、まったく分かりません。
でも今回はその中でも判別が分かりやすい、そして子育てがちょっと変わった可愛らしいシギに注目です。

先ずはボディを制作し、次にクチバシ。
シギ類は体とクチバシの長さの対比バランス、クチバシの太さやカーブ、そういったところを意識。
20160810-2
少し根元がもう少し太いほうが良かったような・・・
フランスパンみたい(;^ω^)
色は若干違うなぁ。。。これは最後に修正しよう。。。

20160810-3
とりあえずこんな感じになりました。

樹脂粘土をハンドグライダーで削って制作しているのですが、腕が上がりません💦
以前制作したヒヨコのクチバシが今までの最高です↓
20160810-1
数をこなせばうまくなるというものではなく、削っていくうちに粘土の塊のほうから「こう削ればいいよ!!」と聞こえてくる時があるのです。そういう声が聞こえてくる回数が増やすにはやはり実際の観察かなと思います。とは言えなかなか出来ないので動画を見つつ、自分の感覚をそこに集中して頑張りたいと思います(^^)/