森羊のクーシャ

羊毛フェルトで野鳥の制作をメインに小物フェルトを作っています☆
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

メジロ

メジロ0327-5
ユスラウメの木にメジロちゃん2羽が遊びにきました(。>ω<。)ノ

メジロ0327-3
オーダー頂いて制作した子たちです。

メジロ0327-1
「春って気持ちいいよね~💕」

メジロ0327-2
「こっちにも花が綺麗に咲いてる、蜜は美味しいかなぁ・・・」
そんな会話をしているみたい。

メジロ0327-4
まだまだ表情が固いかなぁ・・・
もっと2羽が絡む仕草も出してみたかったのですが、やはり自分にはまだ難しい課題。
メジロらしいフォルムもまだ抑え切れていないのもわかるし(;^ω^)
それでも1羽ずつ見れば良い表情に仕上がったと思うので、可愛がってもらえれば嬉しいな。

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルト(マスコット以外)へ

Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

庭への訪問者

最近夜になると「キャン」だか「コン」だか、犬とは違う野生動物と思われる声が聞こえてきます。
犬とは違うと思うのだけど、何なんだろうととずっと気になっています。
隣の畑を横切っているので我が家の犬が吠えまくっているのですが、暗くて姿は全く見えないのですよね。
過去には我が家の庭で狐が倒れていたこともあるし、タヌキは年中見かけるからいても不思議はないのですが
夜には知らない野生動物の世界があるようで、少し垣間見たくなります。

ところで
仕事をフルタイムにしてからというもの、鳥を観察する時間も気持ちの余裕がないせいか今年は庭木にあまり鳥がやってこないなぁと感じていたのですが、先日暖かな休日にカラの声を聞いたので外を覗くと シジュウカラが何やら木々の間をチョロチョロ動き回っているではありませんか!
久々にゆっくり観察できました。

何やら探し回っているような動きをした後に決まって何かをくわえてはこの石の上にやってくるのです。
20160316-4

ムチーッと伸ばして引きちぎっては…
20160316-3

パクリッ
20160316-5
イラガの蛹から幼虫を引き出して食べていました!!
我が家の庭木の葉を毎年食べつくしてしまう害虫を食べてくれる益鳥です♬
甲州弁ではサコケ。刺されると超痛いこの幼虫も蛹時期は毒などないのかな?
やはり今年もシジュウカラはこれを目当てにやってきてくれたのですね。

我が家の地域は夏場暑いのでシジュウカラの営巣には不向きで来ないだろうと思っているのですが、
去年の暮れに巣箱をかけました。
20160316-6
巣箱を見て旦那が
「こんな小さな穴じゃスズメも入らないだろう」
と言ったのですが、
「スズメが入らないようにこの大きさになってるの!!」
と反論。
スズメは30mm、シジュウカラは27mmの穴が最適だそうですからね。
庭にシジュウカラが今年もちょくちょくやってきていることは確認できましたがまだ一度も巣箱の下見をしている姿を見たことがないのですよね~。。。

やはり、この視線が気になるのかな~💦
20160316-7

さて、羊毛ですが少し進みました。
20160316-1
ここまで進むとあとは一気に仕上げまでやってみたくなる所まで来たのですが、
只今メジロとチワワの2件のオーダーを頂いております💛
メジロ、今年は庭にいっこうに姿を見せてくれないのです😢
みかんを刺して置いたらメジロの前にヒヨとツグミに食べつくされてしまうし。

最近はよくやってくるカワラヒワ
30160316-9
キッチン脇にはいつもキジバトとつぐみん。
そしてカシラダカも庭木にくるように。
畑の鳥がよく来るようになった分、雑木林が好きな鳥が来なくなった気が。。。
そういえば野生動物の鳴声といい環境変化があったのかな?
自分は人間だから鈍感だな、そういうとこ。

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルト(マスコット以外)へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
Posted by cuusha   2 comments   0 trackback

制作過程0313

春のように暖かかったと思えば昨日は雪⛄

チクチクと羊毛をやっていても寒さが足から堪えます。
さて、サイ作りですが少しずつ進んでいます。
先ずは粘土で足の裏と角を制作。ついでに何に使うかわからないものも・・・(笑)
一度粘土を開封するとなるべく沢山ベースを作っておかないと、作るたびに封を開けていると硬化して使えなくなってしまうのでなるべく大量生産します。
私の場合ハンドグラインダーで削るので形作りはいい加減です(;^ω^)
サイの足は3本爪。動物によって違いますね。
そしてボディもまとまってきました。
20160313-3

ツノとヒヅメを付けたらこんな感じに。。。
少しサイに近づいてきたかな。
20160313-4

今回は鎧サイとも呼ばれるインドサイを制作しようと思っていて、シロサイやクロサイとはちょっと肌の質感や構造が違います。
それを表現するのにと思って実験的にツブツブの羊毛(ラップ)を混ぜ込んで水フェルトを制作し肌の質感を出し、またそれを折り込んで鎧感を出そうと企んでいます。
20160313-1
こんな感じ。。。肌のベースといったところです。
刺しだけだと表現しにくいシワ感とかが簡単に表現できた~と今のところ安堵☆
まだほわほわですが、足りない肌のブツブツを刺したり、上から更に色を足していく予定。

20160313-2
とりあえずこの調子でやっていこう。
新しいことにチャレンジするって楽しいな。
ひっそりとこっそりとムフフと思いながら机の上で黙々と手を動かす・・・
「やったー」という瞬間が訪れますように。。。
そんなことを願いながら少しずつ前進してます(/ω\)

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

でかすぎ!!

羊毛作品を増やしたいと以前から何となく取り掛かりたいと思っていたものに着手。
始めたのはいいけれども、計画性もなくワイヤーを切ってボディを作り始めたら、
可愛くないほどにでかくなってしまいました💦
20160306-1

何を作り始めたのかというと、『サイ』です。
何故にサイなのかと・・・
しわの練習、肌の質感の練習、そういったとこ。
私は海外の動物には興味が薄いのですが、爬虫類のような質感を習得したく、チャレンジです。
そいってもサイは爬虫類ではありませんけどね。
でも恐竜の『トリケラトプス』にとても似ていると思いませんか?
爬虫類と哺乳類ですからそもそも違うはずなのですが、どうしてこんなにも似ているのだろうと不思議に思います。
気になって調べてみると、このような例を「収斂進化」というそうで、偶然の出来事ではなく、同じような生活をしていると同じような形の生物に進化するというよく見られることなのだそうです。

へぇ~夫婦も一緒に生活していると似てくるといいますが、それと同じなのかな?←いや、違うって(笑)
面白いですね。
20160306-2
さて
刺しは進みましたが
まだサイに見えない・・・

どうにもこうにもデカイ!!
大きい分刺しに時間がかかりますね(;^ω^)
さてどうなるかな、楽しみ♪