森羊のクーシャ

羊毛フェルトで野鳥の制作をメインに小物フェルトを作っています☆
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

羊毛フクロウの子

20150530フクロウ2
鳥を作るのも久々です!
ようやくフクロウの子が一羽完成しました。
成鳥とはまた違う綿羽のふわふわ感をどう出そうか悩みながらでして、
素材に去年畑で育てた綿を使用することにしました。
羊毛と綿という素材の違いが、『羽』と『綿羽』の違いに見えたらいいなと思ってのこと。
ちまちまと種から綿毛を採りながらの制作で時間がかかりました(;^ω^)

↓実際の子
20150530フクロウ4
白い綿毛がとっても柔らかい♡

20150530フクロウ3
試行錯誤でしたので、頭と背中、お腹の刺し方を変えてみました。
お腹の部分は植毛、頭は適当に綿と羊毛を混ぜてザクザクと刺し、翼・背中部分は茶色の羊毛羽根と作りその周りに綿毛を刺して羽根1枚1枚作ってみました。
綿は密度が高く、押さえてしまうとペタっとなってしまいまいます。
でも仕上げにトリミングしてあげて綿毛を立ち上げると復活。
綿の扱いは難しい!!

20150530フクロウ1
足毛も綿で覆いました。小さな子ですが猛禽類、小鳥やネズミも食べてしまうのですから爪やクチバシも鋭いですね。

今回顔周りが黒い黒ちゃんを作りました。
勢いに乗ってあともう一羽白ちゃんを作ってみたいと思います。


ところで今日でインスタグラムを始めて5か月になります。
インスタグラムは写真に特化したSNS。
私はこのブログにアップした作品を同時にインスタにもアップしています。
スマホアプリでの閲覧はこんな感じです。
20150530-99
視覚的なので海外のフォロワーが多いのも特徴。
私のフォロワーの4分の1から3分の1くらいが海外でその内殆どがロシア人です
私も羊毛フェルト作家さんたちをフォローしていますがロシア人は上手な方が多いです。
お国柄も出ていて、海外の作品は顔のホリが深い( *´艸`)
インスタを始めてすごくいい刺激になっています

パソコンからも閲覧出来ますので良かったら覗いてみてください。
こちらをクリックすると見られます。→https://instagram.com/cuusha/?ref=badge

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルト(マスコット以外)へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

綿毛とチビっ子たち

少しご無沙汰していました。
先週末から千葉へ帰省し、ホトトギスの鳴き声を聞いてきたのですが山梨へ帰ってくればカッコウが渡ってきていました。
やっぱり千葉はホトトギス、山梨はカッコウのイメージが強い。。。
そして見渡してもいなくなってしまった子たちも・・・ツグミもカシラダカ、ようやくみな渡ってしまったよう・・・。遅い渡りの子たち。

久しぶりに羊毛の作品をアップします。

羊毛フェルトカエルネズミ-2

タンポポの綿毛にアマガエルとカヤネズミとテントウムシ♪

タンポポの綿毛も羊毛ですよ!!

羊毛フェルトカエルネズミ-1

本物のタンポポの花を背景にしたら本物のように見えませんか?
吹いてもこの綿毛は飛びませんよ、ふーってやってみて~♪

羊毛フェルトカエルネズミ-3

今までの中で最小の羊毛生物 ナナホシテントウ。
羊毛フェルトカエルネズミ-4

いたずらっ子のカヤネズミ。
羊毛フェルトカエルネズミ-5

カヤネズミと同じ場所に住んでいる同じくらい小さな子、アマガエル☆
羊毛フェルトカエルネズミ-6

合わせて全体はこんな仕上がりです。
生け花とかのセンスがないのでバランスが悪いですね(;^ω^)
でもこういった合わせ技の作品を作ったことがなかったので、いい勉強になりました。
羊毛フェルトカエルネズミ-7

ところで先週末千葉へ帰省したのは里山シンポジウムに参加するためでした。
チラシのイラスト・編集に携わってきたのでとても楽しみにしていました。
会場には500人程の人たちが来場。
フレデリックバック氏の映画、西村氏にピアノ演奏は感動☆
またジブリの高畑監督の基調講演も素晴らしかったです♪
好きなことや意見に熱が入ってきたときなどどんどん目がキラキラするところが素敵でした!
情熱的で芯のあるお考えをお持ちでありながらも優しい人柄であり、時折高畑監督の意見に拍手が沸き起こりました。
色々と書き留めておきたい話の内容もあるのですが、それは心に。

最後に関係者で記念撮影
里山シンポジウムin山武_150517-2
実はシンポジウムに向かう直前に私実家の玄関で足を挫いてしまい、この記念撮影の頃には足が腫れ上がり歩行も大変なくらいに・・・。沢山の方々にご心配ご迷惑をおかけしましたが人の優しさに触れ、甘えさせていただきました。感謝感謝ですm(__)m
高畑監督さんにもご挨拶出来その時に一瞬キラキラした目を向けていただけたのですが話が中断していまって(あの目はいったい私の話のどこに興味を持たれたのだろうと思いつつ・・・)、また西村さんには「あなたのイラストと私の音楽とのコラボが出来ましたね」と声をかけていただくことができ社交辞令に褒めてくださったとはわかりきっていても本当に嬉しく思いました♪
今まで点でしかなかった人との関係がようやく線で繋がったような出会いも多かったです。
里山シンポジウムin山武_150517-1
左下の方、チラシの題字をいつも書かれている方です。今回初めてお会いすることができました。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルト(マスコット以外)へ
Posted by cuusha   2 comments   0 trackback

フクロウのヒナが・・・

今朝フクロウのヒナがもう一羽出てきて2羽になったとの連絡を頂いたのですが、
早朝には行くことが出来ず、仕事を終え昼に向かいました。

大概昼には巣に戻ってしまうことも多いので期待はしていなかったのですが、いました( *´艸`)
この子白ちゃん、昨日の子のよう・・・少し高い枝にいます。
フクロウのヒナ20150514-7

そしてもう一羽
少し黒い子。
フクロウのヒナ20150514-4
連絡を頂いた段階で確認出来ていた子たち。

ところが私が来た時にまだいました(*'ω'*)!!
ウロの近くに。
しかも2羽!!
フクロウのヒナ20150514-2

最初の2羽と比べても小さな2羽。
フクロウのヒナ20150514-3

出てきたばかりのようで、私が最初の目撃者に(*ノωノ)☆

地元の方も驚いた様子。
4羽でたのは今までの中でも初めて!!

フクロウのヒナ20150514-6

野鳥の会のメンバーに連絡してもらい、すぐに来ていただけることになりました。

フクロウのヒナ20150514-5
ねむねむみたいですね。
やっぱりこっちも黒ちゃんと白ちゃん。
すごく可愛い♡

フクロウのヒナ20150514-1
目を真ん丸にすると眉毛が!!!
かわいすぎる~

しばらく観察していたのですが、親鳥が木の上から見ておりストレスになるとのことで、
一旦車で待機して待つことにしました。

そして保護メンバーさんがやってきたので確認にいくと・・・

枝に停まっていた黒ちゃんはいるけれども

他は見当たらなず。

小さな2羽の黒ちゃん白ちゃんはウロに入ってしまったみたい。

でもあともう一羽、昨日見た白ちゃんは・・・

なんと地面に落ちていました('Д')!!
フクロウのヒナ20150514-8
今朝も落ちていたとのこと。毎年落ちるのだそうで・・・

フクロウのヒナ20150514-9
近くから観察することも出来たけれども、猫にやられては困るので、
保護メンバーさんに梯子で木の高いところへあげてもらいました。
その時にその方が私に一瞬ヒナを触らせてくださいました。
その柔らかすぎること・・・ほわっと、そのほわっが普通のほわっではなく、
耳かきについている綿毛がどこまでも続くような柔らかさに包まれていて、
今まで体験した鳥の感触の中でもこんな感覚は初めてでした。
羊毛では表現しようのない毛質・・・つい考えてしまう・・・

フクロウのヒナ20150514-99


ビックリしたのか目を大きく見開いて
クチバシをパチパチ言わせて威嚇しています。
小さな子だけれども精一杯の抵抗なんでしょうね!!

フクロウのヒナ20150514-11

4羽本当に可愛いですが、親が育て切れるかが心配だそうです。
去年は3羽、うち1羽は衰弱してしまい保護したそうです。
今年は4羽。メンバーさんや地元の方で見守っていかれるそうです。

本当に今日はヒナたちを思う存分観察させていただきました。
親フクロウさん、ありがとう☆
でも自分がこうやって観察していることが親にとってはストレスなんだろうな。
私が観察していることはこのフクロウたちにとって何のプラスにもならない。
(落ちたのを発見することは出来たけれども)
巣立ちまで見守っていたいけれども、私の役目はないのです。
十分観れたのだからまた来年にしよう。

地元の方に羊毛でフクロウのヒナを作って欲しいと依頼を受けました。
「はい!!!」って喜んで返事をしたものの、あのふわっふわなヒナをどう作るのかまったく見当が付きません。
でも私も作りたい!!
だから・・・頑張る♪
アオバズクが来る頃には仕上げられたらいいな~。

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

フクロウのヒナ

2日前の夕方(6時半過ぎ)に一度シルエットだけは確認していたのですが、
今朝ヒナが1羽うろから出ていると連絡が入ったので、急いで現地へ行ってきました。

すると・・・
一目瞭然・・・
何かがいる↓↓↓↓
201505130745


アップしてみると・・・
いたーーーー!!
こっち見てる~( *´艸`)
20150513-フクロウ1

土手の下に降りて見上げてみたら・・・
あららっまたこっち見られてます(*ノωノ)
20150513-フクロウ2

気になるんだねごめんなさい・・・
でもかわいすぎる~
ハッキリお顔が見える、モコモコだし、なんともいえない
つい、羊毛でどう作ろうか考えてしまう・・・
20150513-フクロウ4

同じような写真ばかりですね。
仕事前でしたので、数分のご対面しかできませんでした(;^ω^)
でもかわいかった~♡
20150513-フクロウ3
鳴声からおそらくもう一羽ヒナがいるのではないかと思われます。
でもこの子たちは1週間ほどかけて巣立ちの準備、だんだんとケヤキの高いところへ移動していき、そしていなくなるのだそうです。
見れてもあと一週間くらいかな。
週末は里山シンポジウムのため千葉へ行くので、見られないかもしれません。
でも今日姿が見れただけでも大満足。
みんな元気に巣だってちょうだいね!!

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

羊毛『カヤネズミ』 と 野鳥観察『フクロウ』

休耕田や河川に生息し、ススキやチガヤ、イネなどに10cmほどの球形の鳥のような巣を作るカヤネズミ。
体長は頭胴長5~7cmほど尻尾7cmの日本では一番小さなネズミで、草の茎にも器用に尻尾を絡ませ登ることが出来ます。

里山の生きものですし、写真を見てかわいいなぁと思っていてずっと作りたかったのです。
そして完成♪
カヤネズミ2

こんなポーズをとれるお茶目なネズミはカヤネズミくらいしかいないでしょう!
カヤネズミ1
竹馬をしているように見えてしまう(笑)
ヒゲを何で刺そうか悩んだのですが、糸では太すぎるし明らかに偽物っぽい。
動物の毛・・・私の髪の毛?!←ちょっと怖い(;^ω^)、色々考えましたが
手元にあったキジバトの尾羽を刺したらちょうどよいおヒゲになったので、それにしました。

実はこれを作る前にたまたま大好きな羊毛フェルト作家のYOSHiNOBUさんの作品集&作り方を購入しました。
動物達も素朴でありながら温かみのある作品の数々。
前半は作品集。それだけでも癒されるのに作りたいと思う動物がその作り方も丁寧に描かれているのでオススメの一冊です。
そしてページをめくっていた時に作品にカヤネズミを発見!!
こちらは作り方が書いてあったわけではないのですが
うわ~YOSHiNOBUさんもカヤネズミ作られていたんだぁ・・・と自分の背中を押された気持ちになり、一気に仕上げることができたのです。
出来上がってみればYOSHiNOBUさんと作風とはまた違って、私の子はリアル寄りです。
YOSHiNOBU
YOSHiNOBUさんのHP→ここをクリックExhibitionでは過去の作品を見ることが出来ます!

話は変わりますが、昨日フクロウのヒナが出たと連絡が入り、仕事が終わってから急いで見に行きました。
いるのはこの木。
「いかにも!!」と思わせる風格のある木ですよね。
フクロウ1
でも残念ながらヒナの姿は見当たらず。
おそらく巣に戻ってしまったのではないかと。。。

川の反対岸で親鳥がニセアカシアの木に停まってこちらを見ていました。

フクロウ2

警戒しているのかな。。。
地元の方が言うには、毎回話しかけると声を覚えてくれるから、そうしたら警戒しないよって。
フクロウ3
本当かどうかわからないけれど、少し私の顔を覚えておいて欲しいな。
また来るから今度はヒナを見せてね!!

フクロウが去った後にはアオバズクがやってきます。
巣のあるこの大きなケヤキの木はずっと昔からの鳥達の宿り木なんですね。
フクロウだけでない、1本の木にカラス、キジバト、スズメ・・・数十羽の鳥をいつも携えています。
鳥たちはこの木に吸い寄せられるかのようにやってきてはそれぞれの木の階層で賑やかに囀っています。

フクロウのヒナに逢えたならまたご報告します。
そして今年も白ツバメが出たら連絡をいただけることになりました。
こちらも今から楽しみにしています☆

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルト(マスコット以外)へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

シュレーゲルアオガエル2

久々の作品アップですみません。。。
作品名『シュレーゲルアオガエルの虫捕りデビュー』
という感じで作りました。
20150507-2
オタマジャクシからカエルになりたての子。まだオタマの名残りを感じるでしょ?
今まで水草やらを食べていたものだから、虫を捕って食べろって言われたってやる気がでないさ。
でも腹がすいたしなぁ・・・仕方ない、出かけるか・・・。

20150507-4
虫はどこだ~?
20150507-5
と、こんな作品です。
シュレーゲルアオガエル0507


実はこのシッポのあるカエルの子を作ろうと思ったきっかけは実際の観察からなのです。10年ほど前の。
オタマジャクシがカエルになる時、手足って徐々に出てくるのではない、
皮膚の下に手が出来て、皮膚が破けて突然手足が出るのです。
20150507-6
陸に上がってから2、3日はじっとしています。その間にもどんどんしっぽは短くなり、顔つきがカエルに変化。
おちょぼ口もどんどん横に伸びて大きくあんぐりと開く口に・・・。
エサとなるショウジョウバエも一緒に入れていたのですが、一向に見向きもしない。
どんどん痩せてくる。
一体いつになったら虫を食べるのだろうと待っていたその時、目の前に飛んできたハエに飛びついた!!
カエルになった子の初虫捕りデビュー♪
でもカエル、しっかり口にくわえているのに、本人何故飛びついてしまったのかわかっていない様子。
どうも条件反射だったよう・・・本能ですね。
しばらくどうしていいのか分からずに虫をくわえたままじっと・・・時間が経ちすぎてその虫はどうなったのか分からず。
でも翌日からはもう立派なカエルでした。エサの虫を捕まえ美味しそうにパクッと飲み込んでいました。
オタマジャクシがカエルになるって体も心も劇的な変化だと思うのです。
ずっとこの面白さを何かに残しておきたいと思っていたので作品に出来て嬉しい!!
このシリーズもう少し作ろうかなぁ~( *´艸`)


ところで5月5日、おらんとうの森での大人こどもマーケットは天候も良く
一日まったり楽しむことができました。
ぶどう飴は作った傍から売れるという嬉しい悲鳴!
途中子供らは森の遊具で遊んだり・・・自由気ままなマーケを楽しみました。
20150507-1

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

瑞牆山

春というより初夏の陽気を感じるこの頃。

羊毛の手を休め、GWは家族で楽しんでいます。

久々に家族登山をしたのでアップします。
県内にある山、瑞牆山(みずがきやま)。
岩で出来た山。この山を登るのは大変なのではと思っていたのですが、裏側は岩と森林の混ざった歩きやすい登山道で、一般向けのコースでした。
20150504-5


鳥の声を聞きながら。
カラ類やコマドリ、カケス、アカゲラ、ルリビタキ。
おそらくサンコウチョウの声も、囀りの最後にホイ、ホイというのはサンコウチョウだと記憶しているのでそうだと思ったのですが、鳴声だけでしっかり判別できるようになると山歩きも楽しくなりますよね。もっと耳を鍛えたい!!
花鳥茶屋』さんのHPでお世話になっています。
20150504-3

20150504-1


山頂からは四方の眺望は最高です。
近隣の山は東に八ヶ岳、西に金峰山。
南に南アルプス、南東に富士山。
天候に恵まれ、絶景でした。
20150504-2

山頂にて突然女性の叫ぶ声が
「誰か医療関係の方いませんか?男性転倒、意識不明です!!」と。山頂の賑やかさが一瞬静かに。一般的な山とはいえ、少しの油断が大きな怪我に繋がることも。
数十分後にヘリが上空を飛びました。翌日負傷で済んだことを知りホッと。
残雪は南ルートはありませんでしたが、北ルートは若干。でももうアイゼンは不要。

20150504-7
ヒメイチゲ

20150504-6
バイカオウレン

20150504-4
唯一撮れた鳥はゴジュウカラ

下山途中の瑞牆山自然公園の上の森林の中では、ボルダリングを楽しむ人たちが。
20150504-9
こっちの岩にも、あっちの岩にも・・・さすがGW。
ガンバ!!
20150504-8
いつかチャレンジしてみたいなぁ!

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ