森羊のクーシャ

羊毛フェルトで野鳥の制作をメインに小物フェルトを作っています☆
Posted by cuusha   2 comments   0 trackback

子スズメ

子供たちは夏休み突入~♪
夏はクーシャの平日の仕事休み&羊毛制作時間も激減です!
ゆっくり制作でごめんなさいm(__)m
子スズメ
でも、ようやく『子スズメ』が完成いたしました。

植毛3号。

「ママはどこ〜」
そんな声が聞こえてきそう。。。
植木鉢の横でこっそりこっちを見つめていそう♡
優しく手で握りしめたくなります。
是非可愛がってあげてくださいね!

今回はヒナちゃんならでは嘴の付け根部分をどうしたらうまくできるか考えていたのですが、
粘土で嘴を作って嘴を体と合体させた後、さらに粘土か何かで口元を成形してみることにしました。
引き出しの奥深くで眠っていた『ライトモデリングペースト』を引っ張り出して使用。
モデリング、もうカピカピになっているかと思いきや、しっかり使えました(^_^)ノ
モデリングペースト
夏休みなのでゆっくりペースですが、
次も鳥さん制作始めます。
毎日激暑なので皆さんも熱中症には気をつけてくださね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルト(マスコット以外)へ
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

アオバの雛にあえるかな?

青葉の生い茂る季節に現れるアオバズク。

もうすぐ雛が出てくる時期だろうと気になって様子を見てきました(2014.07.20)。

でも相変わらずの定位置に親鳥・・・前回と同じ写真を使ってもわからない・・・(^_^;)

春までは一度も見たことがなかったアオバズクだけど、
いるところに行けば、毎日置物みたいにいるのですから情報って本当にありがたいですm(__)m
20140724-2

今年は欲も出してアオバの雛も見れたらいいなぁと思っていた矢先の朗報。

昨日別の公園に雛が4羽出たとの話を聞いて今日夏休みで家にいる娘と一緒に見に行ってきました。

でも・・・

残念ながら巣立ってしまったらしく全く見つからず。

鳥見の方やラジオ体操に来てる方も朝から探していたようですが、残念。

がっかりでしたが・・・

なんと 娘が拾いもの

20140724-3
↑コレ!!

沢山のドバトがいる公園だというのに、娘が拾った羽はもしや?!


20140724-4
図鑑の上に置いてみましたが、アオバズクの羽かと思われます(*≧∀≦*)

白ツバメの件もあったので一応周囲に羽が散乱してはいないか確認したところ、

これ1つしか見つからりませんでした(*´∀`*)ヨカッター

巣立ちの置き土産、もらっちゃった〜♪

すごくウキウキで娘に

「ねぇ、何でこの羽拾ったの?」と聞いたら、

「お母さんのテンションが上がると思ったから・・・」

だって・・・うん、上がった上がった!!

ってか私、ヒナが見れなくてかなりテンション下がってた顔してたのかなぁ。。。

まぁいいや。

20140724-1
さて今日から子スズメ1号が見守る中、注文の子スズメ作りに入っています。

暑くて気合いが抜け駆けていましたが、この一件で一気にやる気マックス!

さてと一気に仕上げますよ〜♡
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

ミニチュアダックス(女の子)完成

ミニチュアダックスの女の子が完成いたしましたヽ( ・∀・*)ノ
20140721-3
毛並みはサラサラ感が出るよう羊毛だけでなくアルパカも混ぜて使用。
アルパカは毛が絡まりにくいためニードルではしっかり刺せないという欠点はありますが、動物的な毛質を表現するには最高の素材ですね!

20140721-4
白猫ちゃんと並べてみました。
写真では見えませんが猫さん、おヒゲ追加です(*≧∀≦*)

20140721-1
実はミニチュアダックスの女の子、
落ち着いた感じの女の子にしようと思い帽子とバッグを編んでましたが、少しマダム的な装いに・・・(^_^;)
他にもパンを持たせたいなとか思っていたのですが、主婦的になりそうだったので取りやめ。

20140721-2
結局可愛いツインテールを思わせるようなシンプルな髪飾りで落ち着きました。

帽子とバッグはお付けいたしますので、少しマダムになったらご使用くださいませ。
その頃にはやんちゃな男の子もしっかりダンディな装いに変えないといけないですね〜(*≧∀≦*)
またお待ちしております♪

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルト(マスコット以外)へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

ミニチュアダックス(女の子)制作開始♪

こんにちは!
またまた鳥路線から脱線中。
いやこちらも並行してやることも勉強になるし、楽しいかもと思う今日この頃。。。
でもそれもしっかりこなすには全く羊毛時間が足りません・・

20140719-1
リピーターさんからのご依頼、こんどはミニチュアダックス(男の子)の彼女を作って欲しいとのことで、制作に入っています。
 前回のミニチュアダックスの男の子はこんな感じでした→前回ブログ

やんちゃな男の子の彼女って、しっかり者かな~なんて考えながら制作しています(*^_^*)
今回は小物も楽しみながら色々挑戦もしたいので遅くなるかもしれません。。。
是非また完成した作品を見に来て下さいね!!!

ところでクーシャの畑にこんな綺麗な花が咲きました。
20140719-2
なんか見たことがある花・・・
オクラに似てる~、
とかタチアオイの花に似てると思いません?

実はこれ、綿の花です♪
タチアオイもオクラも綿もみんなアオイ目アオイ科まで一緒。
タチアオイはビロードアオイ属、オクラはトロロアオイ属、綿はワタ属なんですって。
綿を収穫も楽しみです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
Posted by cuusha   2 comments   0 trackback

シャム猫ジェニーちゃん♥

あづ~い(~_~;)
皆さんばててませんか?
クーシャは食欲不振のこの時期の水分補給の為に6月に梅のシロップ漬けを作ってましたよ!
の・・・はずでしたが・・・
なんとなく察してはいましたが、発酵が進み、いわゆる梅ワイン?なるものに変化していました
これはこれでウマイのですが!!←酒税法に触れる可能性もあるので大声では言えません・・・Σ(=ω= ;)
やっぱり柿酢を梅シロップに少し混ぜたのが原因です。
酵母菌の力ってすごいですよね。元はと言えば空気中を漂っていたもの。
それがお酒や酢を作り、最終的にはまた水に戻し浄化してしまうのですから。
パンやヨーグルト、チーズだって菌の力。
腐葉土を分解する菌だって、土の温度を40℃くらいに上げることができます。
冬場、腐葉土から黙々と湯気が立っているのを見ると、菌が生きてるなぁって嬉しくなるクーシャ。
実はかなりの菌好きです(*´ω`*)
納豆屋さんで働いているのも・・・実は菌好きだから♡

あ、最初から話がそれてしまいました・・・

今月は7月10日(なっとうの日)もあって、仕事が忙しく仕上がりが遅くなりましたm(_)m

ようやくシャム猫ジェニーちゃん完成!
20140715-2
写真中央の左端に写っているのが本物のジェニーちゃん。
ブルーアイの子。

前回の子はグリーンアイでした。

目は自分で作るのでどんな色の子でも対応できます。
20140715-1
↑こんな風にプリントアウトしたものをマルポコのクリスタルに貼り付けます。

前回の子、おヒゲをつけずにお渡ししたのですが、
なんと飼い主さんが自毛のひげを植毛したとのことで、わざわざ『ぽこ・あ・ぽこ』のパン屋さんに見せに持ってきてくれたのこと。
すごくリアルだったからと写真をいただいたのですが・・・
20140715-5
↑すごーい、本物のヒゲ〜!(≧∇≦)/♡♡♡
 しかも鈴まで付けてくれてあります!
 どんなに可愛がられているのだろうかと想像すると本当に嬉しくなります♪

 感謝、感激。ありがとうございます♡

ジェニーちゃん、クーシャがビーズ用のワイヤーを付けることは可能ですが、
今度も是非素敵な自毛を付けてもらってください(*´∀`*)

1体1体手作りするのは手間のかかることなのですが、1つできるごとにまた1つのエピソードが増えて嬉しくなります。
その嬉しさがまた次の作品への活力になるのですよね。
これからも制作頑張りますので、今後共宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルト(マスコット以外)へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
Posted by cuusha   4 comments   0 trackback

猫の肉付け(=ΦエΦ=)

こんにちは。
クーシャのブログへご訪問ありがとうございます。

野鳥はひとまず休息で、注文の猫の制作に入っています。
この前制作した迷い猫ちゃんのお家で飼われているもう一匹の猫ちゃんです♡

只今羊猫の骨格(針金)に肉を付けています。
20140708
頂いた猫ちゃんの写真と 確か棚に猫の本があったなと、それを引っ張り出して猫研究中。
骨格・肉付、この段階が一番大切ですね!

そういえば・・・と
もう20年ほど前の友達に野鳥の精密画を描く人がいて、野鳥の絵を書くために基礎固めとして鳥の骨格標本を移したり、実際に解剖に携わって写生していたのですが、当時はそんなことまで・・・と思ったけれども、実に大切だね!と今更に思うクーシャ(^_^;)

彼は本当に当時からオーラがある人でした。絶対にすごい人になる、すごい人だなんて漠然だけど、道を切り開いていくバイタリティを持っているから、自分の好きな道を生き抜いて輝きを失わない人だと。
だから今は何してるのかな?と ふと気になったので
なんとなく名前で検索したら・・・
いました(((゜Д゜;)))!!

HP→野鳥画家神戸宇孝さんの「野鳥観察に行こう!」

久しぶりに彼の絵を見て、また嬉しくなりました!
やっぱり素敵な生き方をしていました(*´∀`*)ホッコリ

私もまたどこかでお会いしたいな。

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルト(マスコット以外)へ
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

スズメとキビタキです☆彡

久々に鳥のご注文いただきましたキビタキとスズメが完成しました(*´∀`*)

20140706-2
やはり枝に停まっている姿が一番いい♡
クーシャ初めての野鳥植毛第一号ヽ(*´з`*)ノモフモフ君♪


20140706-1
野鳥植毛第二号ヾ(*´∀`*)ノスッキリちゃん♪
こちらはふわふわ感を抑えてみました。

20140706-3
「ねぇ僕たち植毛だって・・・」

「自毛じゃなかったのかしら?」

20140706-4
「クーシャはね、今植毛にハマってるみたいよ〜。僕たちは君らを見守っていたからね、植毛してたよ〜。植毛のほうがすごく肌にフィット感があって着心地がいいよ」

「そっかぁ、なるほど!・・・あれ?君たち小さいのに僕たちより先輩なの?」

「そうそう、これからもずっと鳥たちの誕生を見守っていくよ!」

「小さいのにえらいねぇ。僕たちはもう旅立たないといけないみたいなの、次の子達にも宜しく伝えてね」

ツバメさん、ありがとう♡そしてこれからも宜しくね
 (*′∇`*)φ.。.:*・тндйкуO∪.。.*・゜☆.。

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルト(マスコット以外)へ
Posted by cuusha   2 comments   0 trackback

キビタキ

キビタキ20140703-4
キビタキ♂

キビタキ20140703-3
今回初めてお腹を植毛してみました。
ふわふわで優しい仕上がり♥
植毛という方法は、動物の毛の風合いを一番上手に表現してくれますよね!
鳥は毛でなくて羽ですけど、やはりこの手法は効果的☆

キビタキ20140703-2

また今年もキビタキに会いたいし、ルリビタキ、そしてまだお会いしたことのないキクイタダキにも逢えたら嬉しい♥
富士スバルラインのマイカー規制が7月10日から始まります。
富士世界遺産の登録もあって、今年は最長の53日間。
その前に野鳥観察に奥庭に行ってみようかな!

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルト(マスコット以外)へ
Posted by cuusha   2 comments   0 trackback

猫ちゃん

20140701-1
こんにちは☆
ご訪問ありがとうございますm(_)m

鳥を刺すことの多いクーシャですが、ここのところ犬・猫と続いていました。
しかも今回は初めてのリアル猫への挑戦。。。
こんな場で弱音な発言もなんだなと思いますが、
正直目・鼻の位置と高低差のバランスの難しいと思いました。
飼い猫というのはただ「猫」を作ればいいのではなく、
人間の顔がそれぞれ違うように、猫顔の違いに気を付けないとならないと思いますから。
大事な飼い猫さんがモデルなんだから似ていなきゃ意味がない、一生懸命に作っても素人域だなと思いつつ、でも飼い主さんへ思いを込めて作ったものだし・・・
・・・と気持ちの整理がつかないままお渡し。

でもこの猫ちゃんを見て依頼主さんは「帰ってきた〜」って家族で喜んで頂けました!
そしてもう1匹の猫ちゃんが私の作った猫を見て鼻を摺り寄せてきたとのこと。
普通ならじゃれたり無視したりしそうなものを・・・「わかるんだね」って。

嬉しい(;>_<;)


その話を聞いて以前ママ友から久々に用事で電話があったときに
「ずっとお礼が言いたかった」
と言われたことを思い出しました。

もう5,6年前になるけれどもそのママ友の愛犬2匹をモデルに羊毛で作ってプレゼントしたのですが、数年前に1匹が死んでしまいその時に「作ってもらっていて良かった!」と思ったそうです。
私はすっかり忘れていたので、知らないうちに私の羊毛が人の心を癒していたんだなぁっこちらもハッピーになりました。

同じようなこと、野鳥のことでももう一つ。
私のリアル野鳥を見て
「私のおじいちゃんにこの野鳥を触らせたかったなぁ」
と行った知人がいます。
どうしてかというと目が見えないので、野鳥をどんなものか伝える手段がなかったそうなのです。
なるほど〜と思いましたね(´・ω・`)

命が宿る羊毛フェルトの作品作りはやはりやりがいがあります。
「羊毛フェルトをしてる」というと『手芸』と思われてますが、たぶん羊毛フェルトをしている方たちは手芸なんていう感覚はないですよね。少なくとも自分は。羊毛という絵の具を混ぜて立体を作り出す美術系が好きな人(カービングとかミニチュアとか作る人たちと同じ分類?ホビー的な要素を超えるとアートみたいな?

自分が成長しているのか疑問だけど、少しずつ私も腕を磨いているつもりなので
そのところを理解して頂きつつ、これからも宜しくお願いいたします☆
20140701-2
そして今、久々の野鳥の制作。
うまく表現できたらいいな!がんばろっ☆彡

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルト(マスコット以外)へ