森羊のクーシャ

羊毛フェルトで野鳥の制作をメインに小物フェルトを作っています☆
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

渋柿実験

クーシャの家で実験中のもの。

羊毛の話題じゃないのですが・・・


渋柿を容器の中にたくさん詰め込んで置いておくとどうなるのか?

知ってますか?

やったことありますか???







答えは柿ワインになりそして時間を経て柿酢になるそうなんです!

ちょっと信じがたくて。

もっと難しいんじゃと思いつつ、本当にそれだけと言うならば・・・

それじゃぁやってみようと、もいだ柿のヘタを取って焼き物の瓶(かめ)に詰め込みました。

それを3,4日に一度ヘラでつぶしながら混ぜて・・・

すると・・・

ふつふつと泡が出てきて、3週間経ったときからアルコール臭が!!

おそるおそる汁を飲んでみると・・・

フルーティーで爽やかな感じ♪

以前どぶろくを作ったことがあるのだけど、まさにその時と同じ香りが含まれてる・・・

ちゃんと自然界に住んでいる、もしくは柿の皮の表面についていた天然の酵母達がどんどん柿を分解し、発酵が進んでいるのですヽ(*´∀`)ノ

クーシャはもやしもんじゃないから酵母は目で見えないけれど、空気中には沢山の役立つ酵母が浮遊していているんだなぁと感じてすごく嬉しくなりました♪

せっかくだからこの酵母君たちの力を借りてパンを焼くことに。

柿酢でパン作り

自家製干し柿とくるみを練りこんだパン(柿の天然酵母)☆彡の出来上がり♫

ちょっと水分量と焼き加減を失敗しちゃったけど、ちゃんと酵母君たちが働いてくれました。

クーシャがパンを作っていつもちょっと残念に思うことがあるのですが・・・

それはせっかくパンを作るために働いてくれた酵母たちを焼いて皆殺してしまうこと。

体にも良い酵母君達を体に取り込もうと思うならば、やはり柿ワインで飲み干すのが一番だなぁ(*´∀`*)なんて思っちゃいます。(あ、でもこれは酒税法により無許可ですると法律に引っ掛かるみたいですよ)

結構菌好きのクーシャは実は納豆屋でちょっと働いています(*´∀`*)

製造はもちろん、納豆入りの焼きドーナツやらバームクーヘンを焼いているのですが、こちらの菌は焼いても酵母のようには死にません(゚д゚)

というのも、菌界で納豆菌はO157よりも強力なんです。

「納豆でお腹を壊したんだけど!」なんて言われても納豆でお腹を壊すことなんてないらしいです・・・。

ちなみに納豆屋のクレームで「腐ってた!」っていうのがありますが納豆は豆を腐らせた状態なんで、間違ったクレームです。

私達ってこんなふうに体に良い菌達にも守られているんですよね〜。

目には見えませんが。

話は戻しますが、今は柿ワインの段階なんです(*´∀`*)

しばらくほっておくと時期に柿酢になるらしいですよ〜。

気になった方はこちらを→http://tkksi.web.fc2.com/kitchen/autumn/kakisu.htm

丁寧に柿酢の作り方を説明してあるのでオススメです✩

Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

羊毛マグネット

雪の妖精さんのお仲間さんが完成したら外はすっかり雪景色でした(*´∀`*)
朝市にだそうかと思って眠っていたブタさんとカエルさんたちも加えて、
羊毛マグネットをつぐら舎にて販売いたします♪
価格は280~500円。

羊毛雪だるまのマグネット2

みなさんはこんな小物的なモノのほうがいいですか?

使えるもの、手軽な価格のモノの制作の良さも感じつつ・・・

今後としては野鳥→動物→野鳥→小物のサークルでやってみるかな〜とか考えてます(どうなるかわからないけど)。

色々挑戦したい気持ちもありますが

やはり鳥作りにじっくり腰を据えたいクーシャでした(´∀`)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

雪のマグネット

只今大量生産中の雪の妖精さんたち(*´∀`*)
簡単だけど、色々と使えるので作り方を掲載します。

【雪の結晶マグネットの作り方】

100円ショップで売っている超強力マグネットミニを使いますよ♫
羊毛雪の結晶1

まずは白い羊毛をクルクルとロール状にまるめて
羊毛雪の結晶2

マグネットが落ちないように羊毛の端を刺します
羊毛雪の結晶3

羊毛の中にマグネットを押し込んで入れます
うわぁ・・・手がガサガサです(´Д`;)
羊毛雪の結晶4

マグネットを先端に入れたらその周りをしっかり刺し固めます
マグネットが強力の為ニードルにくっついてきますので、しっかり手で押さえて
あぁ・・・手のシワも目立ちます(;´Д`)
羊毛雪の結晶5

こんな感じに仕上げます。
マグネットが見えない程に、またフェルトが分厚くなってしまうとくっつかないので、加減してください
羊毛雪の結晶6

マグネットが入っていない部分も棒状になるよう刺します
根元はまだほわほわのままにして、同じものをもう一つ制作
羊毛雪の結晶7

2つを合わせてくっつけます
マグネットを入れていない同じものをあと2つ作ります
羊毛雪の結晶8

それを重ねて刺します
羊毛雪の結晶9

段差が気になるところは羊毛を足して滑らかにします
羊毛雪の結晶10

こんな感じにできました
羊毛雪の結晶11

雪だるまの場合も手の作り方は一緒なので、作ってみてください!
ということで、ざっと書いてしまいましたが簡単なのでわかりますよね。
羊毛雪の結晶12

クリスマスが迫って今更ですが慌てて雪の妖精さんを大量生産して納品したいと思います(´・ω・`)
あ、でもその前にハンドクリーム塗って手をケアしなくちゃ・・・
冬の手荒れがひどすぎて羊毛が手に絡まる〜o(TヘTo)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

【クーシャ】雪の妖精

今日は一段と冷え込むと思ったら、部屋の隅っこを雪の妖精たちが歩いていました。

雪の妖精

北風が強いから、隙間から次々に手をつないで妖精さんたちが入ってきちゃうみたい。

ぶら下がってもしっかり手を繋いでるヽ(*´∀`)ノ

「やぁクーシャ、久しぶりだね〜。」

「こんにちは、雪の妖精さんたち。明日の朝は雪景色になるの?」

「いや、まだだよ。もう少し仲間が増えてからさ。」

「そうなの。銀世界の森も楽しみにしているからね。」



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

ゆび編みバッグ

ゆび編みバッグ

一段と寒くなってきましたね〜。

2週間ほど前に紡いで染めた毛糸で何を作ろうか悩んでいましたが、
昨日カジュアルバッグを作りましたヽ(*´∀`)ノ
(→糸紡ぎ記事はこちら

初心者のクーシャが初めて糸車で紡いだ太さもまだらな毛糸・・・

いい風に言い換えれば手作り感のある味わいある毛糸。

だからこそザクザクとゆび編みをしたほうが似合うのではないかと。

2本どりで編んだので、しっかりとした仕上がり。

ゆび編みバッグ2

愛用のバッグになりそうです♥

羊毛から紡ぎ、染色し、編む。

すごく気の遠くなる作業ですが、ものづくりの基本を学んで苦労を知ると とても温かな気持ちになります。

たくさんのモノに溢れている今、カワイイと思って買ったものも飽きてくるとすぐに捨ててしまったり。

でも作り手が自分であれ他人であれ、時間をかけ愛情や情熱を注いで作ったものや信念などに共感したものはとても大事に使えるものです。

羊毛フェルトの作品も沢山の人に共感されるよう、いいモノを作っていきたいと改めて感じさせられました。


↓編み物が苦手なクーシャでもできた、図書館で借りたゆび編みの本。
ゆび編み本
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

【ジョウビタキ】~ツルウメモドキのリース~

ツルウメモドキのリースが完成致しましたヽ(´▽`)/

そして、羊毛の野鳥さんもちゃんと羽に色がつきましたよ!!

何の鳥を作っていたかというと・・・


最近我が家にもよくやって来るジョウビタキ(*´ω`*)♥

わかりました?

「クーシャが秋色に僕たちの羽を染めてくれたよ。紅葉のモミジに負けないくらい素敵な色に。」

・・・なんて言ってくれてたらいいな。

ジョウビタキ


色ですが、羊毛も自然色のいい色合いがあるので無意味かと思いつつ

ジョー君とヒタキちゃんのお腹の羊毛に植物染めの羊毛を混ぜ込んでみました。

優しいオレンジ色の羊毛がなかなかなくて・・・淡いオレンジ色のヘンナの葉で染めた羊毛が活躍です♥

ジョウビタキ1210-2

今にもプルンップルンって尾を振ってヒッヒッと鳴いてくれそう

ツルウメモドキのリースと鳥との相性は最高!

リースの上をジョー君が飛び回って動いてる〜。

ほら、ほら(*´∀`*)

ジョウビタキ1210-3

鳥単体で作ってしまうと、こういう動きのあるいい表情が出せないんですよね!!

買ってくださった方が自由に鳥を配置できるという利点はありますが・・・。

たまたま頂いたリースでとてもいい発見。

今度もこんな動きのある作品を作りたいなと思いました(。◕ˇ∀ˇ◕人)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルト(マスコット以外)へ
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

ツルウメモドキのリースに♫

師走の忙しさで少々風邪気味。

けど日頃納豆菌と乳酸菌を欠かさずとっているので免疫力がついているようです、

ひどくならずに日常を過ごせていて、ダラダラしています(´∀`)

ようやく気力も戻ってきたので、いざ再開!

それは12月の朝市で頂いたツルウメモドキのリース作り!

ツルウメモドキのリース

センスよくまとめてくださったFさんの素敵なリースに、cuushaが鳥を付けたいと思いますヽ(´▽`)/

野鳥が好みそうな実のリース。

色鮮やかで、冬の鳥たちの貴重な食料になりそう。。。

ツルウメモドキのリース3

早速2羽やってきました〜

あれ?でも君たち色が付いてないじゃない・・・

ツルウメモドキのリース2

「そう、僕たちは今からクーシャに羽に色をつけてもらうんだ」

さて、何の鳥になるでしょうか?

ヒントは2枚目の写真の鳥の尾の色ですよo(^▽^)o

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルト(マスコット以外)へ
Posted by cuusha   2 comments   0 trackback

糸紡ぎ体験(´∪`*)

水フェルトの講習会に行ってからずっと気になっていたアナンダの糸紡ぎの一日講習会に行ってきました。

ニードルは最近の手法ですが、糸を紡ぐという作業はそれこそ古代エジプトの壁画にも登場するという古い歴史もあるものだそう。ですから紡ぐ道具の造りは至って簡単であり、工程もシンプル。紡ぐのはコツさえ覚えてしまえば誰もが紡げるようになるそうですが。。。

糸紡ぎだなんてなんとなく私のカテゴリー外だと思ってましたので・・・。

でも羊毛に携わるにつれやはりもっと羊毛のことをしっかり知っておきたいですからね。

勉強にもなるし、チャレンジしてきましたよ。

そしてこれが一日の成果です☆

糸紡ぎ体験2

ロムニー(白)で3かせ分紡ぎ、1つはレインボー染め、1つは藍染にしました。

写真に写っている長いコマのようなものはドロップスピンドルというインドの職人さんの手作りの糸紡ぎですが、講習会ではほとんど紡ぎ車で糸を紡ぎました。
まるで足踏みミシンのようでしたよ!!(足踏みミシンを使える年代って?私は中学生のとき家庭科の授業は足踏みでしたが、自宅は電動でした。)
紡ぎ車は高価なので、自宅で簡単に紡げるよう、ドロップスピンドルを購入し、せっかく覚えた手の感覚を忘れないようにしようかと。
紡ぐという作業、羊毛をよってひいていくと自然と繊維が絡まりついて糸になる。
面白い経験でした。

ご興味のある方は→アナンダ

糸紡ぎはとても楽しかったのですがcuushaにとってはひとつ問題が・・・

それは

cuushaは編み物が苦手だということ(>_<)

これだけの毛糸をどうしようかと。。。。

毛糸をほぐしてカールした毛質を利用して犬などのフェルト作品を作っている方もいますよね!

それもいいかなぁ・・・なんて 何のために紡いだやら。

本当は義母が編み物が上手なのでプレゼントしようと思っていたのですが、

まだ人にあげられるほどの出来にはならなかったのでやめておきます。

これを期に自分が編み物にも少しチャレンジしてみますかな。

ちなみに、もっとうまく糸が紡げるようになったのならば・・・

糸紡ぎ体験1

写真はビニール袋それぞれ一頭分の羊の毛。これを洗浄し、そのまま紡いでいけるのだそう。。。

紡ぎ方は2種類あって今回は簡単な方法しか教わっていませんが、もうひとつのやり方はもっと軽く空気層ができるので温かい糸が紡げるのだそうです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ