森羊のクーシャ

羊毛フェルトで野鳥の制作をメインに小物フェルトを作っています☆
Posted by cuusha   2 comments   0 trackback

羊毛トナカイ

トナカイ20131128-5
かなり時間をかけようやく完成したトナカイです!
鳥刺しのcuushaですが、動物作りも大好きです。
今までつくった作品の中で一番の大物です。
トナカイにも個性?種類?があるようで、私の参考にしたトナカイは足が短いずんぐりしたトナカイ。
なんだか少し牛っぽい感じに仕上がりました(*^_^*)

トナカイ20131128-4
制作には構想から一週間かかりました。
最初は自分でもきちんとできるのか不安になりつつ刺しています。
しかしある程度完成に近づいてくるとその動物がふと温かみを持ってくる瞬間があります。
そして息遣いが聞こえてくる・・・
お腹あたりが大きく膨らんだりへこんだりし、呼吸をしているように感じるのです。
針を刺している自分が残酷な作業をしているようにも感じながら・・・

トナカイ20131128-3
でも羊毛フェルトのニードルをしていて、この瞬間が一番の至福の時間なのです。
生命が宿った瞬間を感じられるのですから。

トナカイ20131128-2
クーシャの森に駆け出したトナカイ君。
たまにはまたcuushaの前に姿を見せてくださいね~。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルト(マスコット以外)へ
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

クリスマス向けの動物にチャレンジ☆

野鳥作りは自分の楽しみなので続けていきたいのだけど

委託先の提案もあって、クリスマス的な動物を作ることにしました。

「今作らずして、いつ作るんだ!」

と時間を割いてこつこつ作っているつもりなのですが、なんせマイペースなんですよ。。。


トナカイ制作中

なんだコレ(-"-)

馬か・・・牛か・・・

トナカイなんだけど・・・

心配になってきた。。。


私の好きな羊毛作家さんはYOSHINOBUさん。

動物を作っていると意識してしまいますが、おんなじようにはできないですね~。

いやおんなじにできたらパクリだろ~となるので、作品を見て感動をバネに自分の作品に励みます。

個性ってなんだろう?

どうしたら個性的な作品ができるのだ?

これはずっと疑問に思っていること。

それを探す旅。

きっとクーシャの森が動物や野鳥で満たされたなら、その時何かが見えてくるのではと思っているのです。。。

さて、がんばりまーす(*^_^*)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ

Posted by cuusha   2 comments   0 trackback

冬到来~!

今朝も霜の降りる寒さ。

何気に隣の桃畑に目をやると、ガサッガサッと落ち葉が舞い上がる・・・

これはもしや・・・

ツグみん到来

そうです、つぐみん到来です!!!!!!

「お帰り~つぐみん♪シベリアの旅はどうだった?」

相変わらず「いつもここにいたじゃん」といった顔つきでこっちを見てくれます(*^_^*)

つぐみんが渡ってきたならば、本格的な冬到来ですね~。

シベリアツグミ団の南下と共に、今年も沢山の柿を軒先に吊るしましたよ。

ころ柿

子供たちは冬に電飾のイルミネーションを飾って欲しいと言うけれども、

毎年こんな色鮮やかなイルミネーションが各々の農家の軒先を彩るではないか!!!

煌びやかな光よりも太陽光を透過また反射する光のほうがcuushaは大好き。

温かく優しい光は日に日に変化して、美味しいころ柿が出来る・・・

心豊かな暮らしってこういうことなのかなと思う日々です。

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

つぐら舎にて委託販売開始です♪

縁あって勝沼にある『つぐら舎』に羊毛作品を置いて頂けることになり、昨日初納品してまいりました!
ぶどう園の川口園の入口左側にある素敵なカフェ。
CYMERA_20131121_155504.jpg

いろんな作家さんと同じ机に置いて頂くのはまだまだ図々しいかと思ったのですが、

勉強だと思ってやります。

木のぬくもりが感じられる木製スプーンやうつわ・・・の横にスズメ・・・(*^_^*)
つぐら舎1121-3

ベニテングタケも素敵に並べていただきました。
つぐら舎1121-1

最新作のニャンモナイトも持って行きましたが、早速今日売れてしまったとのこと。
また作ります!

子育て・仕事の合間の趣味の手仕事ですから、少しずつしかできません。
無理なく、自分の方向性をもって作っていきたいのです。
羊毛野鳥の他、季節の動物や植物をのんびりと更新していきたいと思いますので、これからも応援宜しくお願い致しますm(__)m

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

ニャンモナイト

ニャンモナイト

茶托の上にでも、スープカップの中にでもうまく収まってしまう猫を作ってみました。

モデルはパン工房ぽこ・あ・ぽこのパン吉くん→画像はこちら

寒くなると猫たちはまぁるくなって寝るのですね~。

癒されます♪

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
Posted by cuusha   2 comments   0 trackback

ベニテングタケ

秋に出会ったキノコたち。
羊毛でつくりたいとキノコ屋で出会ったタマゴタケをちくちくしたのですが、失敗です(>_<)
でもどうしてもあきらめきれずに、ベニテングタケに挑戦。

ベニテングダケ1

毒キノコでありながら、赤に白い水玉もようのキノコのモデルになった馴染みのあるキノコ。

根元にはハマナカのスカードウールを刺してみました。
普段どう使うのかわからないような羊毛だったけれど使い道があって良かった~(^O^)/
タマゴタケ作りに失敗して凹んでたので、ベニテングはそれなりに出来てホッとしました♪

ベニテングダケ作品

キノコ作りも楽しいなぁ。。。。

少しはまりそう(●´艸`)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

秋のエナガ

秋?もう冬の寒さ到来、いきなり昨日から最低気温が0℃。

寒すぎて冬眠モード突入になりそう・・・あぁ、そうなる前に鳥達をたくさん作らねば。。。

キジバト達がいなくなって寂しくなりましたが 最近庭にジョウビタキの雌が「ヒッヒッ」とよくやってくるようになりました(*^_^*)

ジョウビタキちゃんも制作したいのですが、エナガの制作依頼があったので、こちらを制作です。

20131114エナガ

エナガは制作依頼は多いです。

やっぱりカワイイから!!ですよね。←私もスキです♥

でも実際どういうところが可愛いとみんな思っているのだろう・・・。

淡いピンク系のマシュマロ的なところ。

どことなく小動物系の顔立ち。

かな?

可愛さをみんな感じているから、その可愛い表情を生み出さねばと思うと意外とエナガって難しい。。。



毎回同じ質のものを制作できればいいのですが、少しずつ新しいチャレンジを混ぜ込んで制作しています。

なので、みんな少しずつ違います。

オンリーワン♪世界に1羽の子を是非可愛がってもらいたいと思っています♪

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルト(マスコット以外)へ
Posted by cuusha   4 comments   0 trackback

営巣するルリビタキ完成

長くかかってしまいましたが、営巣するルリビタキがやっと完成しました。

営巣するルリビタキ8


夏のほんのわずかな期間に亜高山帯の岩と岩の隙間に営巣するルリビタキ
営巣するルリビタキ5



3羽の雛たち
営巣するルリビタキ4



オスのルリビタキが見守る中、子供たちはすくすくと育っています
この子たちは男の子?それとも女の子?まだわからないね・・・
営巣するルリビタキ6



もし森の中でこんな光景を見つけたのなら、そっと見守ってください
営巣するルリビタキ3



でもこれは羊毛ですから、どんなに近づいても大丈夫です!
ヒナたちの様子をじっくり観察できますよ~
営巣するルリビタキ1


どうでしたでしょうか?
野鳥の営巣を見る機会などほとんどないと思いますし、たまたま見つけたとしても遠くからそっと見守るだけにして欲しい瞬間です。
それを間近に観察できる距離で愛らしさを感じることができたらいいなと思って制作しました。
ヒナのまだら模様は写真よりも実物のほうがもっと本物に近い風合いで出来ているので、いつかこの作品を実際に見てもらえる場があればいいなぁ・・・なんて思ってます。
でも、まだ並べられるほど作品は出来上がってませんので、夢であり目標の話です。

我が家のキジバトの巣立ちもあり、この一カ月は充実した鳥制作日々を過ごせました。
オーダーもおかげさまでちょこちょこあり、制作は取り組んでいますが、キジバトの営巣で中断していた庭木の手入れを始めなくてはなりません。
冬の寒さは苦手なので、早め早めの外仕事を済ませてしまいたい。。。。
そしてぬくぬくコタツの中でゆっくり制作に励みたいですね~(*^_^*)

師走に向けてだんだんと忙しい日々になってきています。
みなさんも風邪をひかないよう気をつけてくださいね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルト(マスコット以外)へ
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

ウェットフェルトで(*^_^*)

今日はウェットフェルトであるモノを作るのに挑戦です!

先日アナンダでルームシューズの講習を受けてきたのも、実はこのため。

ウェットで立体を作るには、立体にしたい型がないと出来ないと思っていたcuushaにとっては、アナンダでの講習会は目からウロコでした。これならアレにも応用できると確信に至り、今日の制作にあたっています。

さて、何を作っているのでしょうか・・・。

ウェットフェルト1104-1

手順・作り方は習った通り。
下のトレイは犬用ハウスのトレイ、穴あきの布は洗濯ネットを利用。家にあるもので簡単に出来てしまうというのがとても魅力的。

ウェットフェルト1104-5
中はこげ茶色、外は緑色の配色。

この時、ふとひらめきました。

『苔を混ぜちゃえ♪』と。

マジですよ、真面目に混ぜちゃいました。

きっとそのほうが馴染みますから。

今までウェットフェルトを制作してきた方たちの中で、苔を混ぜた人なんていないでしょう!!!

さてさて何を作っているのかもうおわかりでしょうか?

ウェットフェルト1104-2

天気が良かったので外へ移動(*^_^*)

ルームシューズを作った要領で穴をあけて、クシュクシュ揉み揉みして立体感を出していきます。

そして出来たのが・・・・



ウェットフェルト1104-3
コレです。
何にも使えそうもない、怪しい形。

実はコレ・・・・


ルリビタキの営巣地を再現したものです。
実用品でなく作品の一部。

ルリビタキは亜高山帯の地上の穴のような窪みに営巣します。
富士北麓はまさにルリビタキの繁殖に適した環境で、岩や苔の隙間にひっそりと巣を構えます。

ウェットフェルト1104-4

苔は後でつけるつもりだったのですが、ふとしたヒラメキで羊毛に混ぜて正解でした!!
たまにはいいこともある(*^_^*)
羊毛と苔が馴染んでいい感じですし、苔を混ぜ込んだ為にフェルト表面がぼこぼこしたところも、自然の陰影ができてリアルさが増しました。
ウェットフェルトで作ろうと思ったのも正解でした。まさにウェット感がしっかりでています。富士の森のしっとり感がこの営巣地一つだけでかなり表現できたと思います。
偶然のヒラメキと結果もあって、120点の出来~!

といってもあとは全体のまとまりですね。
次回は完成報告です。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルト(マスコット以外)へ
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

ルリビタキの雛鳥完成

ルリビタキヒナ3羽

ようやくルリビタキのヒナが完成しました!
まだら模様のヒナ3兄弟。
キジバトのヒナの巣立ちの感動を見てから早く仕上げたいという気持ちでいっぱいだったので、完成して達成感たっぷりです(^O^)/

これから巣作りし、一気に仕上げて完成させたいなと思います!

キジバトのヒナ(名前:カエデ)はたまに我が家の隣の畑でみかけますよ。
記録はキジバトの雛2追記に掲載していますので、その後を知りたい方はご覧下さい。

羊毛フェルトで野鳥の販売&ブログを始めてから、少しずつ人と人とのつながりが出来始め、思い切って何かを始めてみることは大切だなぁと感じています。話下手ですけど、これからも宜しくお願い致します!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルト(マスコット以外)へ
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

【特注】パンダ親子

野鳥専門に作っているcuushaですが
特注のパンダ制作に入っておりました。

パンダは以前制作したはありますが、全く雰囲気の違うパンダを今回は目指します。
課題がいっぱいで不安ですが、とりあえず白黒のクマにすれば間違える人はないっか・・・なんて思ったり(;A´▽`A

ダメダメ、ちゃんと自分の納得のいくパンダ、そしてご依頼主様が喜んでくださるパンダが出来上がるよう頑張りマス!

パンダ1

パンダを羊毛で作っている方は沢山いらっしゃいますね~!
みんなどれも可愛いから参考にしたい(*´I`*)v
でも今回はリアルと可愛い感じの中間で行きたいから、パンダ写真を参考に制作。


パンダ2

パンダって座っている写真が多いですが、お尻で座っているのではなく、腰あたりで座ってますね。
だからしっぽは巻きこんで前にきています。

パンダのしっぽは黒だっけ?白だっけ??

いつもは曖昧な記憶ですが、羊毛で制作すると細かいディテールまで作りこんでいくので発見が多いものです。

正解はほとんど白。ただ、黒もいるとか??

多色の羊毛を混ぜるのが好きなcuushaには、白と黒の2色の羊毛で表現するのはかえって戸惑いも。

でも今回はあえて2色使いでいきます。

そしてシンプルな配色の分、足の裏・手の裏の細部にこだわってみようかと。

手足は肉球を刺しこみ、指先は針金で爪を作りました。


そして完成です。

パンダ6
笹がなかったのでパルバフォリアという植物を持たせてみました。
出来上がってみると思っていた程のリアルさはなく、少しデフォルメしたかわいさがあるパンダの仕上がりに。


パンダ5
手に爪があるので、しっかり子パンダを抱えこめます。

パンダ4
あらあら、おひざに降りてどこへ行くのかしら?

パンダ3
よいしょ!頭の上が高くて面白~い♪

パンダは久々でしたので、いかついパンダが出来上がったらどうしよう・・・という不安から、気持ちデフォルメ方向へ自然と修正していました。もう少しリアリティーのあるダラダラした感じに仕上げたかったのですが、慣れない骨格に思い切った肉付けをできませんでした~。鳥ばかり作っていますが、たまには哺乳類を作るのも勉強になります。

でもこれはこれでパンダ親子の優しい表情が私は気に入っています。
あとはご依頼主様が気に入られるかどうか。
また挑戦してみたいですね(*^_^*)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ