FC2ブログ

森羊のクーシャ

羊毛フェルトで野鳥の制作をメインに小物フェルトを作っています☆
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

若冲4作目に取り掛かりました

大型連休を利用して、大きな作品を集中して作るべく、若冲の作品にとりかかりました。

若冲の『雪梅雄鶏図』

雪の中、1羽の雄鶏と一輪の椿が印象的な作品です。

先ずは骨格、全体の肉付け。
制作のために必要な資料。
用意するものは、
・実寸大の型紙
・完成予定図(若冲の日本画)
・鶏の骨格図

それから・・・
・チキン丸ごとの写真🐓
グロテスクだわwww
20190429-1
あとは想像力で基礎を作ります。

基礎が出来たなら次は・・・
今回羊毛の次に欠かせないものは『せんたく糊』!!
昔ながらのせんたく糊、300円ほどの低価格ながら、良い働きをしてくれます(#^^#)
20190429-2
毎回羽根作りに登場していますが、今回はニワトリの脚づくりにも登場!
せんたく糊の使用率がどんどんアップしてきていますね(^-^)/

ひたすらチクチクと丸と棒状のものを作り、更に水で溶いたせんたく糊に浸しながら、指でスリスリして形を整えていきます。
それを乾燥させると、毛羽立ちのない仕上がりに!!
20190429-4

それをボンドでくっつけると・・・・ほら出来上がり(´ω`人)
20190429-3
モロコシのようですが。。。
若冲のニワトリの躍動感や精密さは素晴らしいです。
観察力は細部まで至って本当に忠実です。
私もできるだけそこを表現できたらいいなと思っています。

さて、今後どんな仕上がりになるでしょうか。
こうご期待!
と言いたいところですが、上手くいきますように💓
応援してくださいね!!
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

ここから生まれる動物達(#^^#)

こんにちは。
今年は暖冬ですが、やはり1月ともなると寒いですね。

新年初めの連休、羊毛の仕事場がキッチン横のスペースにお引越ししました。
我が家は狭い(;'∀')
おととし娘の部屋から追い出され、今年は新年早々旦那の書斎から追い出されちゃいました😢

20190114-2

なので、今年からはキッチン・ダイニングの横のこのスペース。
家事の合間に出来るので良いと言えばよいのですが・・・
今度からここでガンバリマス(^-^)/

ところで最近年齢的にもやたらハズキルーペのCMが気になってました(笑)
でもずっとかけていると目が疲れそうだし、お値段も高いのでスタンド型の拡大鏡を購入。

20190114-1

結構これが良い🎶
使いたい時だけ拡大できるので、メガネタイプよりも良かった!
刺しは肉眼でも平気なんですが、拡大してみると毛の一本一本がはねてしまっているのが見えるのです。
世界が変わります!(←聞いたことのあるセリフ💦)
そこを処理できるので、仕上がりに自信が持てるようになりました。
手元を照らすLEDライト付き。約1500-2000円で購入できます。
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

母から届いた陶器

先日制作したタマシギに使用した器(ネット購入)が作品の展示にとても良かったので
次回作るならば陶芸が趣味な母とコラボしたいと思い
軽い気持ちで「こんな器を作って!!」とお願いしていました。

ところがどっこい
ななんと、仕事の早いこと。。。
さっそく届きました

20161107-1
母曰く、器を軽くしようと削り「うまく出来た~!」と思って焼きに入ったら形がいびつになってしまったと(;^ω^)
それも『味』だから全然問題なし☆

「あ、この器サイにも合うぞ!!」
下に砂を敷いて草を生やしたならばすごくいい感じになりそう( *´艸`)
20161107-2
色んな形や大きさの器を作ってくれたので、創作意欲がバンバン沸いてきました

今作っている若冲の鶴にもちょうどよい器がありました。

本当にコラボできるとは思わなかった~!!!!
あ・り・が・と・う・💕 
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

ボディ🐑

青葉の美しい季節到来。

この季節になるとアオバズクが気になります。

というのも去年までは自宅から車で30分ほどの大きなケヤキまでアオバズクを観察しに行っていましたが、近くの公民館のそばで鳴声を確認しているからです。ホッホー、ホッホーって(#^^#)

去年あたりからもしかしたら神社にあるケヤキの大木数本にアオバズクがやってきているやもと目をつけていたのですが、やはりです。見つけたら激写してきます!(^^)!

そして我が家には毎年恒例のキジバト夫妻が巣を作りました。
20160601-4
今年はカエデではなくシラカシに移住しました。こちらも楽しみです。

さて、羊毛の話題へ。
今回はボディの中綿の話。
羊毛のボディを作るのに、以前は「フランス」というダウンを使用していました。
やはり作っていくうちに素材や作り方も少しずつ変化してきています。

最近は「スーパーダウン」を使用。(アナンダのネット販売で購入可)
20160601-2
最近はギッチリ固めるので中綿は大量購入。

そして制作方法も別のやり方で調整中です。
20160601-1
輪郭をトレースした上で作業するとくるいもないので作業効率もアップするかと・・・
でも今までは骨格を針金で作ってから肉付けしていたので、このやり方にはやや不安が・・・

20160601-3
でも一気にここまで制作出来ました。

ニホンジカ
日本全国増加傾向にあり、駆除対象となっています。
現在日本にはニホンジカの捕食者が存在しないのですね。ツキノワグマのほうが上位で雑食性ではあるのでコジカを襲って食べたりすることはあるそうなのですが、基本木の実を主食とするのでニホンジカの増えすぎに歯止めをかけるほどの影響は与えられないようです。以前はニホンオオカミが捕食者として君臨していたようですが、それも私は本当かなぁと疑問を持っています。というのもそんな捕食出来るほどオオカミが存在していたか?それよりも私はライオンやトラなど肉食のいない日本では人間が牛や馬を家畜する以前、肉の調達として狩猟の対象として鹿を捕らえていた、それが鹿の頭数の調整となっていたように思うのです。食糧として鹿を捉えるという行為、里山の保全と同様人間の手によって守られている自然の1つなのではと思うのです。
現在も『駆除』という形で鹿の増加を食い止めようとしています。しかし駆除という意味合いは嫌ですね。狩猟した鳥獣を食すること(ジビエ)を私はプラスに考えています。森の恵みです。私の知るお店では鹿の心臓の刺身を提供するところもあります(病気を持っていることもあるのでやたら真似しないでね!)。鹿肉の新鮮なステーキは全く癖がなく大変美味です。
山道を走ればちょくちょく顔を出してくれる可愛いシカですが、可愛いからとやたら保護対称に思うこと、また逆に畑や森を荒らす厄介者として憎むことはよくないと思います。山菜と同じように山の恵みと感謝し捕獲すべきだと思うのです。

ツキノワグマをの制作をきっかけに少し山の動物達の制作に興味を移しつつあります。
色んな森の問題点を直視しつつ、森の仲間を増産しようと考えています。
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

アナンダへ

今日は七夕。
星に願いを・・・
娘の友達の手術無事成功を祈りひたすらツルを折っています。
七夕といえは七夕飾り・・・
千葉では『茂原七夕まつり』があり、この時期バイトでツルを沢山折ったことを思い出しました。

ところで昼は久々に羊毛専門店アナンダへ
20150707-2
我が家から車で1時間ほど山梨県長坂町にあるアナンダ本店。
いつもはアナンダから仕入れている甲府の羊毛店糸車にお世話になっているのですが、今日は原毛など素材を見たくて行ってきました。

20150707-3
ネット販売が中心。→アナンダHP
ここから全国発送となるので、スタッフさんは発送で慌ただしくかけまわっています。
何度かアナンダに来ていますが、欲しいものを見つけるのが大変なほど商品が埋もれているので目的がしっかりないと来ても何しに来たんだろうって感じになります(;´・ω・)

20150707-4
インドから直接仕入れている小物、布も多く、掘り出し物がありそう。
羊毛を見に来たのにインドの陶器のドアノブが可愛くて3つ買ってきてしまいました。
何に使おう(笑)
あとリネンとシルクの繊維を100gずつ購入。

今日はそれとは別に身延にここ毎年出ている白ツバメの場所(お寺)へ行ってきました。
白ツバメは出てないという情報でしたが、それでも兄弟たちは毎年来ているので気になっていました。
20150707-1
まだ子育てが終わっていない巣も数か所。普通の穏やかなツバメの営巣風景がありました。

今年は毎年やってくるアオバズクも子育てはダメだったようです。
少しがっかりですがそういう年もあって当然です、また来年☆

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルト(マスコット以外)へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ