森羊のクーシャ

羊毛フェルトで野鳥の制作をメインに小物フェルトを作っています☆
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

ニホンイシガメ

ニホンイシガメ-1
雨の中をてくてくニホンイシガメ。

ニホンイシガメ-2
羊毛でカメを作るの、楽しいかも♡
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

アカウミガメの子供

前回のアップから10日目。
アカウミガメが完成しました。
アカウミガメ0817-3
初挑戦のカメ、ワクワクが止まりません♪

20150817-13
まず中綿をしっかり固めて形づくり。
甲羅の山の部分を待ち針で印。
手足は皮膚の感じを1つ1つ刺していきました。

アカウミガメ0817-1
甲羅のボコボコも表現。

アカウミガメ0817-2
色を刺したら固いパンのような出来に(;´・ω・)
このあとしっかり甲羅の模様を入れました。

アカウミガメ0817-4
黒目を入れてからさらに目の周りを肉付け。
手足と顔を甲羅にくっつけたら、もうほぼ完成☆

アカウミガメ0817-5
裏側はこんな仕上がり。

アカウミガメ0817-8

アカウミガメ0817-7
アカウミガメのコガメちゃん、浜から海へ♪

ところで最近では『里山』という言葉をよく耳にしますが、『里海』という言葉はご存知ですか?
里山の栄養分で育った餌を利用している生物たち、また海と田んぼや川を行き来する生物が暮らす、里の恵みによって豊かな命がはぐくまれている海のことを言います。
ウミガメはまさに里から流れ出る栄養分で育った海藻を餌に日本近海で生息している生き物です。
特に本州に卵を産みに上陸するウミガメはアカウミガメだけです。そして日本の海岸は世界に分布するアカウミガメの中でも北限の産卵地にあたります。

今回ウミガメを作ってみて、もっともっといろんな種類のカメを作ってみたくなりました。
若冲の時も同じことを言ったような・・・
とにかく作りたいものだらけです(笑)

________________

話は我が家の庭のキジバト。
8月9日、キジバトが巣を離れた瞬間のぞいてみたら卵が2つありました。
そして現在も夫妻は交代で卵を温め続けています。
この調子だと22,23日あたりで雛が孵るでしょうか。
去年は失敗してしまったので、今年はぜひ巣立ってほしいです。
またご報告いたします。
20150817-2

20150817-1
そしてもう1つ。こちらの羊、インスタでフォローしている方のプレゼント企画で当たり、デンマークからやってきました。
英語の苦手は私はつたない英語でどうしようかと思っていましたが、それでもやはりお互いすごく共感しあい海の向こうなのにつながることができる喜びで嬉しい気持ちになりました。
私の使っている羊毛よりもダウンっぽい弾力性のある羊毛で、色合いはまた素朴で面白い。
匂いは日本のハマナカ等のほぼ無臭の羊毛と違って動物の匂いが少しします。原毛フリースくらい。
羊の表情も面白いね、羊のショーンみたいで。

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルト(マスコット以外)へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ