森羊のクーシャ

羊毛フェルトで野鳥の制作をメインに小物フェルトを作っています☆
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

若冲の雌鶏制作

こんばんは。
GWも後半に突入、天気も良く観光地は賑わいを見せているようですね。
私も今年は9連休。こんなに休みを頂けるのは何年ぶりかしら( *´艸`)
我が家の男どもは屋久島へ行ってしまいました。
でも私は出かけるわけでもなく久々に羊毛漬けの日々を送っていましたよ。

制作過程の記録。
201470504-1
尾羽の制作、こちらはリアル系の羽根づくり。

201470504-2
洗濯糊を浸けて形を整えて乾かした後、ハサミでカットして羽根の形にします。

201470504-3
残りの羽根は刺しで作ります。

201470504-4
4日間の成果✨
うんざりとするほど大量の羽根づくり(;´Д`)
短期でこれだけ羊毛に集中できたのも久しぶり。

201470504-5
いよいよ組立です!!

201470504-6
この作業はどんどん形になっていくので楽しいですね~。
平面だった若冲の鶏が立体になる、「ここの部分どうなっているのか」と試行錯誤しながら位置を決めていきます。

だいぶ出来上がってきたのですが、まだあと時間のかかる顔周りが残っています。
あとは完成したら公開しますね(^_-)-☆

連休も後半、ずっと引きこもっていてももったいないので明日・あさっては少し旅に出ます。

みなさんも楽しいGWをお過ごしくださいませ~。
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

若冲の鶏図の中に・・・

こんにちは。
いよいよゴールデンウィークが始まりましたね!
この休み中、出来る限り身の回りの片づけと制作を進めたいと思っています。

以前、下の若冲の絵画の雄鶏を制作しました。
20170429-1

こんな感じ。
若冲芙蓉双鶏図-1
今回は写真にあるペアの雌鶏のほうを制作しようと思っています。
どうなるかなぁ・・・。
また時間がかかると思いますが、制作過程、完成を少しずつアップ出来たらいいなと思います。

ところで若冲の絵画は見ていてつくづく面白いなぁと思うのです。
もちろん躍動感ある鶏、躍動感ある構図が素晴らしいのですが、どこかにふと面白い一コマが隠されていることが多いです。
先程の双鶏図ですが、鶏の他に鳥が描かれているのわかりますか?
20170429-1
そう、上に赤い鳥がいますね。

20170429-2
ほら、こちらにも。

20170429-3
こちらは難易度が高い!!

これはなんの野鳥だろう?って考えながら眺めるのも楽しいですね。
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

ノゴマ制作

ご無沙汰してます!!
気持ちと体調はすごく上り調子なのですが、なぜだか比例して羊毛に火がつかず相変わらずのんびり制作の私。
最近自分は手を動かして作品を作ることよりも他の作家さんの作品をインスタなどで見るほうが多くて、そのレベルの高さに圧倒されています。自分も「じゃぁこうして工夫してやってみるか!」と思ったりもするのですが上手くいかなかったりアイデアが出なかったりで楽しい方向に向かないからだとわかっているのですが、でもそんなことは「作りたい!!」という気持ち勝れば周囲を気にせず制作に没頭できるのですよね。気持ちの乗らない時は研究しつつ制作を進めてまいります。

シマリスに引き続きホンドリスも完成したのですが、そのお披露目は後ほどとして今度は野鳥ノゴマの制作を始めました。
赤い喉元のポイントがありながらも野生的な地味な色合いが好きな鳥。北海道の山で一度お目にかかったきりあったことがありません。

先ずは足を制作。
インコに引き続きレジンで肉付けしてみました。
でもなんだか納得いかなくて。。。
嘘っぽくビニール製の足に見えるような(*´Д`)
20170403-3
結局迷った結果いつも通り足は糸巻きしました。
20170403-2

次はボディづくり。
最近定番の型紙に合わせて立体おこし。
20170403-1

この続きはまた次回に(*´ω`)

さてさて話は変わりますが昨日は私の住む地区の神社のお祭りでした。
20170403-4
娘は後ろの神楽殿で舞いを踊りましたよ。
男どもはピンクの浴衣を着てお化粧して女装し、みこしを担ぎます。
とっても気持ちが悪いです
この祭りが終われば農作業も本格的に始まるなぁといった感じ。
田舎の1年の始まり。

自分も新たな気持ちで行くかな。
がんばろー!
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

四苦八苦のわんこ(;´Д`)

現在柴犬を制作中・・・。

なのですが、全然似ません💦💦
犬は『犬』を作ればよいのではなく、『柴犬』という種類を・・・・
そしてこういう飼い犬のオーダーは柴犬の中の『我が子』を希望するわけで(;^ω^)💦

20170131-1
なんとなく『犬』は出来ました。
どうしたら柴犬になるんだろう???
鳥はわかるのに、犬はわからない。


大きな壁にぶつかっている最中、注文した本が届いた~!!!
インスタでも仲良くさせて頂いているHinariさんの本!!
20170131-2
リアルなカワイイ猫を作っている沖縄の方です。
中は本当にHinariさんの技術がぎゅーーーーっと詰まっていて、感動しました!
羊毛フェルト中級上級者向けです。そして買って全く損はありません!
犬にももちろん応用できます。

さて、元気を頂きながら『柴犬』頑張ります!
できるかなぁ・・・
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

ほぼほぼ完成!あとは眼・・・。

今年最強寒波到来~!!
はぁ、気持ちまで憂鬱になりますね。。。

でも私は今羊毛鶏が佳境に入り、少し寒さを忘れ集中しています。

羽根の細かいパーツ作りは気の遠くなる作業でしたが、それを刺す作業は楽しい。
しかもあっという間にここまでできました。
若冲鶏-1
え?もういきなりここまで完成したの?
というくらいこれまでの流れから言って、ハイスピードな仕上がりにビックリ(゚д゚)!ですよね。
尾羽根の付け根はシルクを使いました。羊毛とは光沢が全くちがうので作品の質感に変化が出ました。少しシワが気になりますが、まずまず今回はOKでしょう・・・←合格基準が低い自分(;^ω^)
そして、今回の土台ですが・・・
漆の器や母の手作り器、色々と試してみて、結果切り株になりました。
この切り株、先日主人と息子が山登りをしていた山道の途中に「ご自由にお持ちください」と置いてあったとかで母が使うかもと1つお土産に持って帰ってきてくれたのです。←その通りさすが我が息子、素晴らしい!!!!
バッチリ切り株の上にニワトリが立ちました。自立ではなく切り株に穴をあけて針金を刺しています。

あとは残り目なのですが、前回作った若冲の鶏(ブログはこちら) の目の方法で今回も作ってみたものの、黒目が平面でどうも気に入らない。
前回の作り方はクリアファイルの上にレジンを1滴垂らし、それを固めて裏に黒目を描くというもの。
ふと思いつき、この方法を試してみました。

2010113-1

半球を作れる容器にレジンを流し込み、その上に刺し目をそっと載せてUVライトで固めるという方法。

2010113-2
それで出来たのがこちら!
気泡が少し入っているものの納得のいく黒目!
手前の大きな目はオニキスを入れてみました。
描く方法だと黒目がどうしても円に描くのが難しいのに対して、こちらは完全なる球体の仕上がり。
横から見ても黒目が平面にならないのでうまくすれば追視してくれるかもしれません。
ものすごく簡単に作れたのでこれはオススメです。

次回は完成をアップしたいと思います。
やっとゴールが見えてきた~!
できないかもと思っていたのに、ここまで辿り着きました。
あと少し、ガンバリマス✨