FC2ブログ

森羊のクーシャ

羊毛フェルトで野鳥の制作をメインに小物フェルトを作っています☆
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

ロクショウヒタキ

羊毛のお友達でもあり、大先輩でもあるhiroさんから、素敵なプレゼントが届きました💕
ロクショウヒタキ20200122-6
切折り紙作家のヤムシスワークスさんが作られたダンボールカエル🐸
あぁ、なんてセンスが良いのでしょう!!
ロクショウヒタキ20200122-8
素敵すぎるー!!
さっそくロクショウヒタキ君がお迎えにやってきましたよ。

ロクショウヒタキ20200122-5
いってきまーす!!


ロクショウヒタキ20200122-3
桃の畑が広がる甲府盆地を飛びまーす!!


ロクショウヒタキ20200122-2
びゅーん びゅーん

ロクショウヒタキ20200122-4
もっと高くもっと高くー
南アルプスを越えて旅に出かけようか

ロクショウヒタキ、日本ではめったに見ることが出来ない迷鳥ですが、今年はやってきたようです。
インスタグラムのフォロワーさんの投稿で知ったのですが、ブルーの美しさに一目ぼれ。
絶対に作りたいと思い、一気に仕上げました。
いつも地味な鳥ばかりでしたが、目の覚めるような鮮やかな鳥も良いですね。

色々と取り掛かりたいことがあったのですが(ネット販売もその一つ)、昨日今までにないようなオーダーが入りました。
いつもと変わらない鳥の制作依頼なのですが、目の見えない娘さんのためにというものです。観賞用の羊毛作品はそんなことには向いていないと言われるかと思いますが、私の作品はワイヤーや糊付けが多く丈夫ですし、なにせパーツの素材に変化があるから触感で鳥を感じるには向いています。これをさらに突き詰めてぜひ取り組んでみたい課題だと思い、引き受けました。
なのでしばらくはそれが続きます。
私も目を閉じて、鳥を触る。
とても不思議な感覚。
今までどんなに視覚に頼ってきたことか。
私の鳥を触れることでなにを感じてもらえるのか、とても興味深いです。
しばらく悩もう。
とても素晴らしい課題だから。



Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

ドードー鳥

不思議の国のアリスにも登場した鳥、ドードーを制作しました。
ドードー鳥20190305-1
ドードーは実際に350年前までモーリシャス諸島に生息していた鳥。
飛ぶことができない、ずんぐりとした体形はとてもユーモラスで可愛らしい。

ドードー鳥20190305-2
ロンドンの自然史博物館に展示しているドードーの復元模型の写真を参考に制作しました。
千葉の我孫子にも鳥類博物館に同じドードーの復元模型がありますが、こちらはまた印象の違ったドードー。
剥製が現存していない為、どれが本物の鳥に近いのだろうか・・・と考えさせられたけれど、本物に近いドードーを作るより自分の想像に近いドードーを作ることにしました。
ドードー鳥20190305-4
尾羽根はダチョウの羽根を使いました。翼の羽根はは羊毛です。

ドードー鳥20190305-3
本物はとっても大きな鳥なのです。
見てみたかったなぁ。
きっと現代にいたならばハシビロコウのように大人気なんでしょうね。
って動物園よりやはり自然界で普通に生息していて欲しかった・・・。
でもこうやって羊毛でも復元できるところがやはり羊毛の楽しさなんですよね。
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

ウロコインコ

ウロコインコ
少しいつもと違った🐦を作りたくて、ウロコインコに挑戦しました。
いつも茶系の羽ばかりなので、鮮やかな色を配置するのは久しぶり。
羊毛も使っていないとゴワゴワしてきちゃってます💦
使ってあげないとね!!
それと、ウロコのようなモコモコに刺しました。
茶以外の色を使うって使い慣れないな。

20180521-2
結局次はまた茶色の子をつくりたくなってしまって・・・(;^ω^)
子スズメ、増産中!!
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

アメリカワシミミズク

ご無沙汰してました(;^ω^)
3,4月はバタバタとしていたりで なかなか取り組めなかった羊毛。

取り組み始めたはいいものの、羽根模様の細かさになかなか作業が進まず、アップするまでに時間がかかってしまいました。
オーダーのアメリカワシミミズクです。
アメリカワシミミズク2
目がちょうどよい大きさがなく、取りつけてはやはりどこかしっくりこない。
何度も何度も作り直しました。

アメリカワシミミズク4
分かりづらいかもしれませんが、羽根に細かな模様が入っています。
地味ですが、かなり時間をかけて羽根を一枚一枚制作しました。
アメリカワシミミズク3
フクロウってみる方向によっても表情が全然違って見えますね。

アメリカワシミミズク1
4月から娘が高校生になり、写真部に入部。
入学祝いにカメラを買ってもらいました。
ということで、ちゃっかり借りて一眼レフで羊毛作品の撮影📷✨
やっぱり全然違いますね!!
感動しちゃいました😃
これでまた作品作りも楽しくなります💓
いつか羊毛作品の写真集出したいですね~夢のまた夢☆
Posted by cuusha   1 comments   0 trackback

フンボルトペンギン

躍動感と生々しさ(?)のあるペンギンを作りたくて、フンボルトペンギンをチョイス。
フンボルトペンギン-1
お腹の白い毛はシルク%で植毛。
艶やかな光沢がペンギンのお腹の羽毛にピッタリ!


フンボルトペンギン-3
氷柱のステージがとっても素敵✨
西湖の野鳥公園にて。
片足をあげていますが、自立はしません。
棒が下に突き刺せるようになっています。
この氷柱に複数のペンギンを並べたなら最高の作品!
なーんて思うのですが、
さすがにそんなことをしたなら怒られそうです。
作品展示のための氷の舞台が欲しいですが、制作できないし。
想像膨らませて楽しむのみ。

次はダイシャクシギを制作予定です。
上手く出来るかわかりませんが、一度は挑戦したかったから。

作りたいものを作る。
それが今の自分の原動力。