森羊のクーシャ

羊毛フェルトで野鳥の制作をメインに小物フェルトを作っています☆
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

ケヤキの古木にフクロウっ子たち💕

フクロウ20180127-2
ケヤキのうろから出てきた3羽のフクロウを制作しました。
前回作ったことよりも一回り小さなサイズ。
やはり古木に似合います。

こちらは2015年の春、県内のケヤキに雛が誕生したときに撮影した本物のフクロウの写真。
フクロウ2015-5-1
顔つきはそれぞれ個性的。

顔色がこちらは白いですね。
フクロウ2015-5-3

フクロウ2015-5-4
道端に落ちてしまった子も💦
この子は地元の方に拾われて元の木へ戻されました。
その時に触らせていただきましたが、ほわっほわ!!!手が吸い込まれるほどに柔らかい羽毛💕

フクロウ2015-5-2
まったりとした表情、たまりません。
こんなカワイイ姿も数週間しか見られず、巣立ちと共に親子ともども森へ消えていきました。

フクロウ20180127-3
ということで、やはり毎日身近で観察できるのって幸せですね( *´艸`)

フクロウ20180127-1
この青空をいつか飛んでみたいなって考えているフクロウっ子たち。
でもいつまでも巣立ちませんよ、この子たちは(#^^#)
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

フクロウのヒナちゃん☆

こんにちは。
フクロウの雛制作。
羊毛フェルトをやられている方はほとんど素材は羊毛ばかりだと思いますが、綿も結構使えるのでオススメです😃
フクロウ20180109-4
↑綿といっても綿毛です。種をまき畑から収穫しました。種から綿を採るのは手間ですが、それもまた楽しい時間。

フクロウ20180109-5
綿毛と羊毛を混ぜるとふわふわになります。ただ、刺し過ぎると綿はペタっと引き締まってしまいます😢
気を付けて、気を付けて。。。

フクロウ20180109-3
そして完成した子がこの子。綿と産毛って本当に似てる。
すごくいい感じに仕上がったと思います。

オーダー主さまの所へ届いたとのこと、そしててても喜んでくださいました!!
いつまでも元気に暮らしてね🎶
ありがとうございましたm(__)m
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

シロチドリ

冬の冷たい海にシロチドリの親子???
シロチドリ20171129-1
ちょっと季節が違いますけど、親子がやってきました(#^^#)
海ではなく湖ですけどね。河口湖。逆さ富士もなんとなく写っているでしょ?

シロチドリ20171129-3
茶色の微妙な色合いと羽毛の質感をどう出すか、今回はその練習。

シロチドリ20171129-2
シロチの雛たちはやっぱり砂利に同化しますね!!
昔湾内の駐車場でシロチの卵を見つけた時、どんなに小さなヒナが誕生するのだろうと思っていました。
今回はその再現でもあります。
初夏にでもこの子たちを連れて海辺で撮影を試みたいですね。
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

2代目ツグミ

11月に入ってから羊毛の作品を作る気力が急に失せてしまって・・・
時折あるんです。。。
シジュウカラやヤマガラも自分の思ったように刺せなかったこともあってこのまま上達しないのかなぁなんて思ったり。
だから初心に戻って、自分の作りたいものを自分が思っている方法で生み出すということ。
私が作りたいものは『ツグミ』
そうだ、それを作ろう!!
気持ちは乗り気ではなかったけれど、手を動かしていくうちに
少しずつ、少しずつ気持ちが集中できるようになってきて。
最終的にはスイッチが入り、ようやくいつも以上に命を吹き込むことができました。
それがこの子です↓
ツグミ20171111-1

周りの人がどんどん上達するので、自分自身置いてけぼりのような気持ちで、
以前はどうにか周りの人の技術を学ぼうとしていましたが、
自分が感じた通りにそして丁寧に作ることに心掛けました。
ツグミ20171111-5
いつもよりも生命感を感じる仕上がりに✨
ツグミ20171111-2
翼も丁寧に1枚1枚刺す
ツグミ20171111-4

お腹の羽毛の感じは初の技法で。
植毛と普通の刺しの中間。こちらも1枚1枚の羽根を作って刺す。
動物の毛のように皮膚に垂直に毛が出ていない鳥類の羽毛だから刺しで補いつつ、ぱさぱさと広がる1枚1枚の羽毛の開きは植毛ならではの美しさを残していく。
正面から見たらちょっとおかしな顔立ちも表現できてるように思います。
ツグミ20171111-6

初代ツグミを作って数年はこれ以上のものができないと思っていました。
でも実際並べてみると、確実に技術力があがってる‼
すごい自信がついた!
ツグミ20171111-3
作品展までにあとはキボシちゃんの成体を1つ作って完成としたいです。
気持ちも上向きになったし、
頑張ろう(#^^#)
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

コムクドリ

鳥刺しに少し慣れてきたので、作りたいと思っていたコムクドリにチャレンジです🎶
コムクドリ1001-1
最近羽根を厚めに作るのがマイブームなのですが、少し協調しすぎたかな。
厚い分、リアル野鳥と同じだけの枚数の羽根を配列出来ないところも難。
羽根の配列とかまだまだ未熟😢ここをマスターしたいところ。

コムクドリ1001-3
アルパカを混ぜての植毛。
最近植毛は植毛する毛の中心を刺して折り込む方法をとっています。
これが一般的なのかしら。。。

コムクドリ1001-4
顔周りは私が以前からしている折り込まない片方刺しで仕上げてみました。
私はこっちの方法の仕上がりが思った形に仕上がります。

シジュウカラ・ヤマガラの制作の際、この方法をとらずに中央刺し折り込みでやってみましたが仕上がりの顔の大きさはどうしても一回り大きくなります。その上、私の腕が未熟なのか毛の流れが上手くだせない。

やっと鳥制作慣れしてきて、作業もはかどります。
そして。。。

コムクドリ1001-2
出来ました!!
かわいい~
なんでホッペが赤いんでしょうね💓