森羊のクーシャ

羊毛フェルトで野鳥の制作をメインに小物フェルトを作っています☆
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

拾った羽根

昨日の事ですが、
「ペロの散歩途中で羽根拾った」
と息子。
私の机の上に羽根が刺さってました。

20170925-3

「何の羽根?」
と聞かれたので
「キジバトじゃん?」
と答えたのですが、よくよく見ると、
羽根が黄色みがかっていました。

気になったので、その羽根が落ちていたというところに行って更に採取してきてビックリ‼

20170925-2
黄色い羽根、赤茶の羽根があるのです。
これはもしかして????

羽根図鑑で確認し、それが確信へ。
20170925-4
『アオバト』でした( ゚Д゚)‼

私は近所でアオバトを見たことがありません。
でも何となくの記憶の中に一度アオバトの声を家から聞いたことがあるのですが、不確か。

アオバトの欄には
「姿を見つけることが難しい鳥なのに、キジバトよりも羽根をよく拾うことができる不思議な鳥」と紹介されていました。
なーるほど、その通りだなと。
でもキジバトを100羽見ても1羽もアオバトを見たことがない。
これだけ大量の羽根が落ちていたということは猛禽類に襲われたということ。
タカ類にとってこの鳥がどれだけ見つけやすい鳥なんだろうか・・・不思議でたまらないです。

20170925-1
さて、羊毛はシジュウカラ制作を始めました。
メジャーな鳥でもう一度基礎からといったところです。

他にも作りたい鳥がいるのですが。。。それはもう少し先。

20170925-5
羽根づくり、羽根づくり。

いつも太めの子ができるので今回はスリムな子を目指して。
でもなかなかそうはなってくれないんだよね💦
リアルでモテモテな子が出来ますように💕
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

若冲の中のムクドリ

今日は連投。
羊毛でシャクナゲを制作しながら、やはり若冲の鳥を制作してみたいと思ったので、色々と調べていました。

何羽かの野鳥から制作したいなと思った野鳥の候補を見ていると・・・。
おや、これはコムクドリ。
ムクドリを描かずコムクにするところ、いいですよね。
ほっぺが赤い所が可愛らしい。
コムクドリ若冲

そして見ていて次に気になった鳥は・・・
この鳥は???
ギンムクドリ若冲
もしかしてギンムクドリかしら?
普通のムクドリならばクチバシや足の色を黄色にしますよね。
赤っぽいのはギンムクと思うのですが、首から下が黒一色なのでなんだか違う鳥にも感じます。
ムクドリ科以外の鳥かしら。。。
ギンムクだとしたら珍しい鳥に目をつけていますよね。
若冲の時代にギンムクは普通にいたというより、おそらく図鑑などを参考にされているのでしょうね。
動植物のこともよく勉強されています。本当に素晴らしい✨
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

この羽根はカッコウ?教えて!

我が家には子供達がわくわくする小遣い稼ぎの方法があります
それは鳥の羽根🐓の買い取り制度←ほとんど私の趣味(#^^#)
この前は登山に出掛けた息子がカケスの青い羽根を拾ってきてくれたけれど、
今回は学校でこんな羽根を拾ってきてくれました。
20170315-2
なんだろう?
前回拾ってきてくれたキジの羽根とは違うし、調べてみて一番近かったのは『カッコウ』でした。
でも今の時期にカッコウ????
夏鳥ですよね!
状態も良いのでそんな数か月も経った感じもないのです。それに珍しい赤色型?
何だか謎が深まるばかりです。
チョウゲンボウかなとか思ったりしたのですが、やはり一番近いのはカッコウのようなのですが。。。
知っている方がいらっしゃったらコメント頂けたら嬉しいです。

さて、羊毛のほうですがゆっくり制作しています。
またもやシマリス。これは自分用。
20170315-3
縞模様の白にリネンを刺しました。
動物の野生的な毛並を出すのに相性が良いのは動物の毛ではなく植物の繊維のリネンだなと私は感じてます。
20170315-1
リネンの繊維は野生的な剛毛さと光沢があります。それと羊毛を混合させると扱いやすいです。
安価ですし、この繊維は今後多様したいですね(*´ω`)
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

庭への訪問者

最近夜になると「キャン」だか「コン」だか、犬とは違う野生動物と思われる声が聞こえてきます。
犬とは違うと思うのだけど、何なんだろうととずっと気になっています。
隣の畑を横切っているので我が家の犬が吠えまくっているのですが、暗くて姿は全く見えないのですよね。
過去には我が家の庭で狐が倒れていたこともあるし、タヌキは年中見かけるからいても不思議はないのですが
夜には知らない野生動物の世界があるようで、少し垣間見たくなります。

ところで
仕事をフルタイムにしてからというもの、鳥を観察する時間も気持ちの余裕がないせいか今年は庭木にあまり鳥がやってこないなぁと感じていたのですが、先日暖かな休日にカラの声を聞いたので外を覗くと シジュウカラが何やら木々の間をチョロチョロ動き回っているではありませんか!
久々にゆっくり観察できました。

何やら探し回っているような動きをした後に決まって何かをくわえてはこの石の上にやってくるのです。
20160316-4

ムチーッと伸ばして引きちぎっては…
20160316-3

パクリッ
20160316-5
イラガの蛹から幼虫を引き出して食べていました!!
我が家の庭木の葉を毎年食べつくしてしまう害虫を食べてくれる益鳥です♬
甲州弁ではサコケ。刺されると超痛いこの幼虫も蛹時期は毒などないのかな?
やはり今年もシジュウカラはこれを目当てにやってきてくれたのですね。

我が家の地域は夏場暑いのでシジュウカラの営巣には不向きで来ないだろうと思っているのですが、
去年の暮れに巣箱をかけました。
20160316-6
巣箱を見て旦那が
「こんな小さな穴じゃスズメも入らないだろう」
と言ったのですが、
「スズメが入らないようにこの大きさになってるの!!」
と反論。
スズメは30mm、シジュウカラは27mmの穴が最適だそうですからね。
庭にシジュウカラが今年もちょくちょくやってきていることは確認できましたがまだ一度も巣箱の下見をしている姿を見たことがないのですよね~。。。

やはり、この視線が気になるのかな~💦
20160316-7

さて、羊毛ですが少し進みました。
20160316-1
ここまで進むとあとは一気に仕上げまでやってみたくなる所まで来たのですが、
只今メジロとチワワの2件のオーダーを頂いております💛
メジロ、今年は庭にいっこうに姿を見せてくれないのです😢
みかんを刺して置いたらメジロの前にヒヨとツグミに食べつくされてしまうし。

最近はよくやってくるカワラヒワ
30160316-9
キッチン脇にはいつもキジバトとつぐみん。
そしてカシラダカも庭木にくるように。
畑の鳥がよく来るようになった分、雑木林が好きな鳥が来なくなった気が。。。
そういえば野生動物の鳴声といい環境変化があったのかな?
自分は人間だから鈍感だな、そういうとこ。

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルト(マスコット以外)へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

キジバトの雛が・・・!!

昨日の晩も親鳥が巣に帰ってくることはなくヒナ鳥だけが巣にいるのを確認していたのですが、

今朝カーテンを開けると・・・

おや? 親鳥が巣のそばでじっとしているではないですか。

20150904-1

あれ?

よく見るとヒナ鳥がいない

外へ出て下に落ちていないか確認するも・・・いない(*_*;

20150904-2

親鳥も「どこいっちゃったかな?」って言っているみたい😢

「ねぇ、知ってる?」

っていう眼差しでこっちを見てくる。

知らないよ~(;´・ω・)そんな、私は誘拐してないからね。

以前にこの木から巣立った(落ちた)雛は塀に登って2,3日そこで生活していたけれど、今回はそこにも見当たらないのです。

そしてその子はその後隣の桃の畑に渡って数日この近辺をうろうろして親鳥から餌をもらっていました。

あぁ、突然にやってくる・・・こんな別れのハプニング💦

どうしちゃったんだろう。昨日のモズかな、カラスは最近見かけないしな。

それとももう巣立ちだったのだろうか・・・。

夕方帰宅すると親鳥消えてました。

もう戻ってこないんだろうな・・・もっと成長を見守れると思っていたのに・・・元気に生きているといいな

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ