森羊のクーシャ

羊毛フェルトで野鳥の制作をメインに小物フェルトを作っています☆
Posted by cuusha   2 comments   0 trackback

『ことりのあしあと』さんへ☆

『ことりのあしあと』のKaoriさん、ブログ開設4周年おめでとう☆

そして素敵な企画で楽しませてくれてありがとう!!!!!

うちの小鳥たちでKaoriさんをお祝いしています

「おめでとー」
  「おめでとう~」
 「オメデトウ☆」
「ホーホー」
20150728-1
本当ならば4周年プレゼント企画終了前に告知したほうが良かったのに、今になってごめんなさいね。
気が回らない性格なもので・・・でも読者の一人としていつもいつも楽しい企画を用意して頂いて、サプライズをしてくれるKaoriさんにお礼が言いたかったの( *´艸`)

私のブログからも『ことりのあしあと』さんはリンクさせていただいてますが、

毎度Kaoriさんの記事には癒されます。

羊毛野鳥たちの会話、家を飛び出して野山を飛び回る小鳥達。

私も自分が作った小鳥たちに命が吹き込まれこんな風に飛び立ってくれたなら・・・

そう夢の世界を見せてくれる素敵な素敵なブログなんです。

『ことりのあしあと』のKaoriさんが生み出す小鳥たちはみんな優しい顔をしていて、生き生きして・・・

それはKaoriさんの愛情がいっぱ~い詰まっているから

我が家にもKaoriさんのところからやってきた野鳥がいますよ!

それはオオハクチョウ。

いつも微笑んで私の小鳥達を見守っていてくれています。

みんなでご挨拶だよ。

「これからも宜しくね!」って。

せーの。

「宜しくねー♪」
 「ずっと友達だよぉ」
  「よろしく~」
 「ホッホッホホーー」
20150728-2
Kaoriさん、本当にいつもありがとう。

これからもずっと、Kaoriさんも小鳥たちも素敵な笑顔で

感謝♡

ことりのあしあと→ブログhttp://kaorinpap.blog.fc2.com/page-1.html
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

FANTANIMA(ファンタニマ)に行ってきました

今日は早朝、修学旅行で西の都へいく息子を見送って、私と娘は東の都へ上京。
東京・丸の内で開催されているFANTANIMA
ロシアや北欧の国々で手作りのぬいぐるみを作られている方が多く、またクオリティも高いということはインスタグラムを始めて初めて知り、沢山の素晴らしい作品を目にしていたものですから、直に見る機会が有ればと思っていました。
そこへ今回のイベント。FANTANIMAでは日本のぬいぐるみ、テディ・ベア作家の作品だけではなく、ロシア・ウクライナ・バルト三国の作家さんたちの作品を展示販売。

自由に写真が撮れたので、会場の雰囲気だけ写真をアップします。

FANTANIMA→HP
20150429-5

会場は大賑わい☆
20150429-8

個性的な作品の数々
グロカワな作品から巨大なノミのぬいぐるみまで(;^ω^)
自分ではこちらの方向の作品は向かないのですけど、
色々と参考になります。
ロシアでよく見るまつ毛がバチバチしているお人形も実際に目にすることができて嬉しい♡
お目当ての作家さんは大分からやってきたR’s house /Ryoko さん作品。クオリティの高さに驚きました!そして羊毛の技術だけでもすごいのに、そのほかの小物も手を抜かない精巧さ。
鳥作りをしている私も粘土で作られた鷹のクチバシなどはスジの入り方などもうどうやって作ったのか見ても全くわかりません!!
おとなりは「しろいろ」さんの作品でした。
こちらもまた私の知る『羊毛』という域を超えています。
すべての技術がしっかりと身についているのですね、裁縫も木材の扱いもすべて卓越しています!

帰りは吉祥寺へ立ち寄り パルコ吉祥寺内で期間限定のCa*n*owのハンドメイドショップやら 手芸店ユザワヤやら、気になっていたカエルグッズ専門店等などふらふらと買い物。
アナンダ吉祥寺店もよりたかったのですが、娘も私もクタクタでしたので立ち寄らずに帰ってきたのですが、一日とても有意義に過ごすことができました。吉祥寺はいい街ですね。

FANTANIMA
東京展
会期|2015年4月29日(水・祝)~ 5月5日(火・祝)
大阪展
会期|2015年5月14日[木] - 6月9日[火]
ご興味のある方はぜひ♪
Posted by cuusha   2 comments   0 trackback

羊毛フェルト作品展vol.10 in 渋谷

12月2日から本日まで開催されている羊毛フェルト作品展!
大好きな羊毛野鳥作家『ことりのあしあと』のKaori***さんも出展されるとのことで、とーっても楽しみにしていました♡
作品展
そして昨日行ってきましたよ~。+.。ヽ(*>∀<*)ノ。.+。ヤッター
仙台生まれの鳥さんたちが渋谷にやってきているだなんて!
今までブログでしか見たことがなかったこの子たちが目の前にというだけで大興奮☆
刺しがとっても綺麗だし、どこ子もみんなかわい過ぎ♡
買い占めてはいけないと思いつつも、シメとキビタキとオオハクチョウを連れて帰ってきてしまいました((・´∀`・))
キビタキは娘がお気に入り♪
「クッキー」と名付けてかわいがっています♡(黄色と黒色なので黒と黄・・・クッキーだそうで・・・)
「最近家の近くにもいるよね、クッキー!」←というのですが、それはおそらくジョウビタキですヾ(´ε`;)ゝ
でも最近すごく鳥に興味があるらしく、
「今日ね、カラスが会話してたんだよ~」「アー(こっちにおいで)」「アー(いくよ~)」ってそしたらそっちに飛んでいったんだぁ!とか、
「今日ね、ベレー帽かぶったオナガ見たよ」とか
「登校中にね、水鳥がね沢山群れで飛んでたよ、ハクチョウみたいの!いやコウノトリだったかも?」( -`Д´-;A)マサカ‼
みたいな(笑)

作品展を見てすごく勉強になりました。
ほんと、行ってよかったなぁって。
自分もいつかこんな作品展に出せるほどに・・・イツカ、イツカ・・・💦
ま、とにかく黙々とガンバリマス!!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
Posted by cuusha   2 comments   0 trackback

シャム猫ジェニーちゃん♥

あづ~い(~_~;)
皆さんばててませんか?
クーシャは食欲不振のこの時期の水分補給の為に6月に梅のシロップ漬けを作ってましたよ!
の・・・はずでしたが・・・
なんとなく察してはいましたが、発酵が進み、いわゆる梅ワイン?なるものに変化していました
これはこれでウマイのですが!!←酒税法に触れる可能性もあるので大声では言えません・・・Σ(=ω= ;)
やっぱり柿酢を梅シロップに少し混ぜたのが原因です。
酵母菌の力ってすごいですよね。元はと言えば空気中を漂っていたもの。
それがお酒や酢を作り、最終的にはまた水に戻し浄化してしまうのですから。
パンやヨーグルト、チーズだって菌の力。
腐葉土を分解する菌だって、土の温度を40℃くらいに上げることができます。
冬場、腐葉土から黙々と湯気が立っているのを見ると、菌が生きてるなぁって嬉しくなるクーシャ。
実はかなりの菌好きです(*´ω`*)
納豆屋さんで働いているのも・・・実は菌好きだから♡

あ、最初から話がそれてしまいました・・・

今月は7月10日(なっとうの日)もあって、仕事が忙しく仕上がりが遅くなりましたm(_)m

ようやくシャム猫ジェニーちゃん完成!
20140715-2
写真中央の左端に写っているのが本物のジェニーちゃん。
ブルーアイの子。

前回の子はグリーンアイでした。

目は自分で作るのでどんな色の子でも対応できます。
20140715-1
↑こんな風にプリントアウトしたものをマルポコのクリスタルに貼り付けます。

前回の子、おヒゲをつけずにお渡ししたのですが、
なんと飼い主さんが自毛のひげを植毛したとのことで、わざわざ『ぽこ・あ・ぽこ』のパン屋さんに見せに持ってきてくれたのこと。
すごくリアルだったからと写真をいただいたのですが・・・
20140715-5
↑すごーい、本物のヒゲ〜!(≧∇≦)/♡♡♡
 しかも鈴まで付けてくれてあります!
 どんなに可愛がられているのだろうかと想像すると本当に嬉しくなります♪

 感謝、感激。ありがとうございます♡

ジェニーちゃん、クーシャがビーズ用のワイヤーを付けることは可能ですが、
今度も是非素敵な自毛を付けてもらってください(*´∀`*)

1体1体手作りするのは手間のかかることなのですが、1つできるごとにまた1つのエピソードが増えて嬉しくなります。
その嬉しさがまた次の作品への活力になるのですよね。
これからも制作頑張りますので、今後共宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルト(マスコット以外)へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
Posted by cuusha   4 comments   0 trackback

第11回里山シンポジウムin君津

クーシャの生まれは千葉の房総のお山の中。

夏場はヘイケボタル、そしてアカガエルの合唱

バス停の横にはサワガニが暮らしていたり、

モズがホトケドジョウをはやにえしていたり…

近くの川には当時ミヤコタナゴも生息していました。

それが当たり前だと思っていたのですが、

そうではないということ。

気づけばどんどん開発が進み、水田は乾田化・水路の整備が進み、

生物達の住みかがどんどん失われて行きました。


危機感を持った方々が保全活動を始め、意見交換し合い、より多くの人に活動や里山の重要性を知ってもらいたいと、

里山保全の必要性の認知は広まり、各市町村持ち回りで

年に1度『里山シンポジウム』が開催されています。

今年は11回目。

私も11年このチラシ作りに携わってきたんだと思うと、長いです(^v^)


ちば里山シンポジウムin君津


今年の里山シンポジウムの開催地は君津。

君津と言えば『鹿野山』、九十九谷公園からみる房総の山々と雲海の眺望はまるで中国の水墨画のよう。

その風景は幻想的で大好きでした。

その山々がはぐくむ水は田んぼに流れ、海に流れ出る…

その間にどんな動植物達が生息しているのだろう…

想いを馳せてイラストを描きました。

今回の基調講演は印西市在住のケビン・ショートさん。

楽しいお話が聞けそうですね!

ご興味を持たれた方はぜひこちらを覗いてみて下さい。

里山シンポジウム実行委員会HP→http://www.satochiba2.jp/