FC2ブログ

森羊のクーシャ

羊毛フェルトで野鳥の制作をメインに小物フェルトを作っています☆
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

気ままに集いたい場所☆

今年企画している『羊毛フェルトの集い』
休日、開催へ向けてその場所を提供してくださる千葉の山奥の古民家に訪れました。
気ままに集う羊毛手仕事カフェ0221-1
(↑古民家オーナーはモザイクアーティスト!モザイクで出来た素敵なサボテンと一緒に)
どうしてまたこんな交通の便が悪い田舎で?という意見が出るかもしれないと思いつつも自分の思いが伝わる場所で開催したい☆
気ままに集う羊毛手仕事カフェ0221-3

普段羊毛の手仕事をしている方もしくは今後続けたいと思っている方とテーブルを囲めたらいいなぁ。
ただお茶をしに来ていただくだけでもいいです。
気ままの集いで。
気ままに集う羊毛手仕事カフェ0221-2
(↑左は私、右カフェのオーナーの奥様・お友達です)
手仕事とは何なのか、手仕事に時間を使う意味、味わいを 今一度 山奥の古民家で羊毛フェルト仲間と交流を深めながら感じて頂けたらいいなと思っての企画です。
気ままに集う羊毛手仕事カフェ0221-4
(↑犬の銀ちゃんの頭の上に羊毛スズメ♡)銀ちゃんおとなしい~( ´∀` )

一緒に楽しい時間を是非過ごせたら私も幸せです♡
告知は4月過ぎ、集いは5月下旬を予定しています。
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

ツノガエル

ツノガエルのオーダーを頂きました。

ツノガエル0209

暖かい日になったかと思えば雪の一日。
冬眠中のカエルさんたちも起こされたり眠くなったりなのかな。

次は大きな作品にとりかかる予定。
うまくいくと良いのだけど・・・
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

ツノガエル

ツノガエル190128-1
リクエストを頂いていたツノガエルを制作しました。※茶色い子はがまちゃんです。

ツノガエル190128-2
色んな色のバリエーションがありますね。

ツノガエル190128-4
ぷっくりした体系がなんとも可愛い♡

ツノガエル190128-3
がまちゃんも福を呼びそうないいお顔。

カエル好きの方って結構いらっしゃいますね。
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

ここから生まれる動物達(#^^#)

こんにちは。
今年は暖冬ですが、やはり1月ともなると寒いですね。

新年初めの連休、羊毛の仕事場がキッチン横のスペースにお引越ししました。
我が家は狭い(;'∀')
おととし娘の部屋から追い出され、今年は新年早々旦那の書斎から追い出されちゃいました😢

20190114-2

なので、今年からはキッチン・ダイニングの横のこのスペース。
家事の合間に出来るので良いと言えばよいのですが・・・
今度からここでガンバリマス(^-^)/

ところで最近年齢的にもやたらハズキルーペのCMが気になってました(笑)
でもずっとかけていると目が疲れそうだし、お値段も高いのでスタンド型の拡大鏡を購入。

20190114-1

結構これが良い🎶
使いたい時だけ拡大できるので、メガネタイプよりも良かった!
刺しは肉眼でも平気なんですが、拡大してみると毛の一本一本がはねてしまっているのが見えるのです。
世界が変わります!(←聞いたことのあるセリフ💦)
そこを処理できるので、仕上がりに自信が持てるようになりました。
手元を照らすLEDライト付き。約1500-2000円で購入できます。
Posted by cuusha   0 comments   0 trackback

オーブン粘土を試す

イベントも終わったので、色々と試したかったことを試しています。

まずはオーブン粘土。
今までグレイス等の樹脂粘土を使って鳥のクチバシなどを作っていましたが、オーブン粘土で作っているという方もいたので、初めて使用してみました。

20190108-1
プレモ!のクラフト用オーブン樹脂粘土。
使いたい分だけカッターで切り出します。
クチバシをつくるくらいしか粘土を使わない私にとってはこのくらいの量はちょうどよいです。
初めは凄く硬いのですが、手で温めながら練ると柔らかくなってきます。
しかも乾燥させて硬化させる樹脂粘土とは違い、焼くまで柔らかいのでいつまでも粘土をいじってられます。
その間ヒビも入りません。
130℃で30分焼きます。
手間のようですが、1日粘土を乾かすことを思えば時間短縮できると言えますね。

そして出来上がりはこんな感じです。
途中経過の写真を撮るのを忘れました(;^ω^)
20190108-2
グレイスとほぼ同じような硬質でやや透明感のある仕上がり。
この後グラインダーで削ることも出来たので、グレイスの粘土で制作した時と同じような感じに仕上がり後は扱えます。また色付けもできます。

20190108-4



使ってみて、断然オーブン粘土のほうが樹脂粘土より扱いやすい!!
なんで今まで使用してこなかったんだろう・・・と後悔してしまうほど(^^;

オーブン粘土の利点
・余った粘土を保存する際、樹脂粘土だと乾燥で硬化してしまうので早く使いきらないといけないがオーブン粘土はその必要はない(入っている量も少量で使いやすい)
・作業中何度でも作りなおせる。乾燥の問題がない為、時間をかけてじっくりと作れる。
・焼けば完成なので、作業時間の短縮。
・色付けや研磨も自由にできる。

いいことだらけではないか!!
プレモ!のメーカーの他にフィモも今お取り寄せ中。こちらも使い勝手が気になります。
また出来たら追記しますね(^_-)-☆